ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生外周尾根をツエルト泊で

歩いた山の紹介 ] 2013/04/28(日)

s6-IMG_1837.jpg
早朝でないとなかなか撮れない朝霧の中のY字トチの巨樹

ちょっと仕事が立て込んで大変な毎日を過ごしていました。1月いらい山に行っていないから、まる3ヵ月のブランクですねー。こんなこと今までありませんでした。やっぱり月に2~3回は山に出かけないと調子が出ませんね。年度も変わり、やっと週末に休みが取れたので、急きょ芦生に行ってきました。現在、芦生原生林は、事前の許可がないと入林できず、単独行禁止、テント泊も長治谷のみになっています。前日に思い立って、しかも単独でしたので福井県境の芦生外周尾根を歩くことにしました。

外周尾根も未踏の部分があったので、それを今回の目的にしました。権蔵坂から杉尾峠間です。これで芦生の外周は全部つながりました。日暮れまで歩き続けて、時間切れになったところで福井県側にすこし下りた平坦地でツエルトにもぐりこんで泊まりました。誰ひとり会わない山行で、薄暗くなって幕営準備しているとすぐ背後からでかい声で「キャン!」とシカが鳴いた時は心臓が止まりそうでした。意外と怖がりです。

2日間かけて原生林の空気、新緑の木々や春の花、野鳥のさえずりにどっぷりと浸ってきました。森の中でシュラフに入っていると日常生活では得られない充足感に満たされた贅沢な時間を過ごしました。

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

 
 
s6-IMG_1703.jpg s6-IMG_1700.jpg

朝、4時にセットした目覚まし時計。前日2時まで仕事をしていたツケで起きられず。

目が覚めたら8時30分!

ケツに火がついたように飛び起きました。ダッシュで車に飛び乗り、10時30分に登山開始。単独でよかったと思うと同時に、1日目で核心部通過したかったのに、核心部のど真ん中で日暮れになるのではないかと不安。

今回の権蔵坂から杉尾峠の国境尾根は、うねうねと大蛇のように曲がりくねった尾根で、いくつものピークに迷いやすい主稜より立派な支尾根がとてもたくさん出ています。ここを以前歩かれた何人かの方に今まで聞いた思い出は「二度と行きたくない」「迷ってばかりで進まない」「嫌になるほどアップダウンがある」…。こんなこと言われたら行きたくなりますよね!

写真は核心部のスタート、権蔵坂と源頭の景色です。権蔵坂スタートは13:30です。ここまでは何度も来ているので「地図要らず」です。ここでもう一度じっくりと読図をして大まかな地形を頭にインプットしておきます。こういう迷いやすいルートは現在地をロストしたら絶対にアウトなので、地図はできるだけ頭に入れて、歩いている時はできるだけ四方八方を自分の目で観察して「見落とし」を防ぎます。

最近歩かれた方の山行記では、「かなりたくさんのテープやリボンがあって拍子抜けした」と書かれていましたが、僕が歩いた時点ではテープなどはほとんど何もありませんでした。2ヶ所ほどに地元の方が整備されたと思われるプレートがあった程度です。「テープあったら面白くないなあ」と思っていたので、はずして頂いた方に感謝です。芦生はハイキングコースでも登山道でもないので、テープやリボンを勝手につけてはいけません。

s6-IMG_1704.jpg
尾根上には大きなブナが次々に出てきます。そろそろ若葉が出かけていました。もう少ししたら目の覚めるようなブナの新緑を楽しめるでしょう。

s6-IMG_1709.jpg
尾根のルートも踏まれておらず、いい感じです。吸い込まれるようにどんどん奥に進んで行きます。景色ばかりみて写真を取っていると現在位置や方向感覚が怪しくなって、いきなり支尾根に入りかけました。(^^ゞ

s6-IMG_1710.jpg s6-IMG_1742.jpg
ロクロ谷左俣の源頭。いい感じのところでした。今日中に杉尾峠まで抜けたいと思ってたのに「ここで1泊でもいいかな」という誘惑を振り切りました。ヘビもいたし。

s6-IMG_1714.jpg s6-IMG_1715.jpg
s6-IMG_1719.jpg
ロクロ谷左俣源頭から右俣源頭にかけて写真のようなプレートが2ヶ所にかかっていました。白くて真新しいプレートに「登山道」と書いてあってそのあたりだけ草を刈って道がつくられていました。「この先登山道に整備されてるのかな」と思いましたが、その辺りだけでまたルーファンが必要な人の手の入っていない尾根になりました。

杉尾峠まで10個くらいのピークを超えるアップダウンがありました。方角が小刻みに変わるので、あまり地形図は役に立ちませんでした。大きな地形の目印を決めて距離から到達時間を考えて合ってるか間違ってるか判断しました。支尾根に立ち入りながら実際に歩いて見ると地図よりも頼りになるヒントがいくつもあり、それを知ってしまえば「地図なしでも歩けるんじゃないか」と思いました。だから支尾根に入っても10歩、20歩で「あっ違うな」と気付きました。

s6-IMG_1726.jpg s6-IMG_1752.jpg
杉尾峠到着は15:50、権蔵坂から2時間20分で到着でした。確かに体力的にもしんどいルートでした。本来なら16時前なので幕営地探しをするのですが、天気もよく、寝坊したこともあり、しかも単独の気楽さから「行ける所まで行ってしまおう」とシンコボをめざしました。

s6-IMG_1768.jpg
影が長ーくなってきた(笑)
なかなかこんな時間まで歩かないから、なんか新鮮です。

s6-IMG_1770.jpg s6-IMG_1772.jpg
この尾根も芦生を歩きはじめた頃は、よく道迷いしたけれど、そんな時がずっと過去のことのように地図を見ないでも歩いて行けます。写真の右は、かつて「倒木のコル」とプレートがかかっていましたが、今はなくなってしまったようです。クツベ谷の源頭です。

s6-IMG_1766.jpg s6-IMG_1788.jpg
岩谷源頭のコルを越える頃、だんだんと日が傾き、夕焼けを期待して西側を眺めてカメラを構えたのに空振り。シンコボ山頂は16:55。野田畑谷沿いなら水も取れるので野田畑峠に向かってもう少し歩きました。

s6-IMG_1790.jpg s6-IMG_1791.jpg
期待したイワカガミの群生はまだ少しだけ。あいかわらずユズリハの濃い尾根でした。ここは迷うところのない尾根で安心して歩けます。

s6-IMG_1795.jpg
野田畑谷で水をたっぷり補給し、福井県側に尾根を少し下った平坦地でツエルトを設営しました。
ツエルトは昨年12月10日の小野村割岳の山行でみなさんに見てもらった

3分間で設営できる方法

を実践しました。森の中は立ち木が多く自由自在です。それを当てにして今回はポールもストックも持ってきていません。おかげで軽量化(笑)

設営して、夕食はアルファ米と超お気に入りの「10秒カレー」。これを食器を一切よごさないで食べる!うまい!行動食のミックスナッツをあてに焼酎のお湯割りを飲んで至高のひととき。何度も深呼吸して、ここにいる幸せを感じようとしました。18:30には暗くなり、することもなくなって就寝。夜中、福井側のため北風がもろに当たり、寒くて何度か目が覚めたのでダウンジャケットを着こみました。日ごろの睡眠不足を取り戻すかのように10時間睡眠で5時起床(笑)

手早く撤収し、朝食はお気に入りのあの場所へ。

s6-IMG_1808.jpg
芦生原生林で気に入っている場所の一つ。Y字の大トチの木。ここでお湯を沸かしてアルファ米の牛飯とコーンスープとココアの朝食。そこらじゅうで野鳥が鳴いています。ミソサザイが声の美しくさを自慢するようにひときわ元気に歌っています。

ゆっくりしていると景色が変わってきました。

s6-IMG_1837.jpg

s6-IMG_1834.jpg
ガスがどんどん濃くなってものすごく幻想的な雰囲気に。何度も来ている場所ですがこんな景色ははじめて!朝の早い時間しか見れないのでしょう。かなり長いことこの景色を眺めていました。

s6-IMG_1839.jpg
さあ出発。尾根の上も霧でいい感じです。

s6-IMG_1849.jpg

野田畑峠から三国峠の山頂までの尾根は、野田畑峠までのやさしさと一転。アップダウンも激しく、地形も複雑で迷いやすいところです。しかし人が多く歩かれているので踏み跡やテープが付いています。その途中にある夏でも枯れない小さい池。

ハート型に見えたら恋愛成就

らしいです。見えますか?(笑)

s6-IMG_1843.jpg s6-IMG_1852.jpg

三国峠近くの意志の境界杭、苔むして芸術品のようで、踏んだり座ったりできない感じですね。迷わずに07:30に三国峠の山頂です。この時間、空は曇り展望はありませんでした。展望のいい山頂なんだけどね。さあ、今回はここまで帰りましょう。


芦生は花盛り!

今回見られた花の一部です。

s6-IMG_1650.jpg s6-IMG_1654.jpg
ミヤマカタバミ                              オオカメノキ

s6-IMG_1658.jpg s6-IMG_1676.jpg
オオキワカガミがいっぱい                       ニリンソウ

s6-IMG_1707.jpg s6-IMG_1904.jpg
タムシバ(もう遅い)                          キンキマメザクラ

s6-IMG_1921.jpg s6-IMG_1924.jpg
トクワカソウ(イワウチワ)                       イワナシ

s6-IMG_1928.jpg s6-IMG_1929.jpg
イカリソウがいっぱい                          タチツボスミレ
s6-IMG_1932.jpg
キランソウ(教えていただきましたTNX!)

s6-IMG_1940.jpg

春いっぱいの芦生に力をもらいました。また来るよ!


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング
スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/693-51b85c4c

トラックバック


コメント

芦生最高。

by ふじい : URL

 やっぱり、芦生最高ですね。
 ずいぶん、行かれてなかったのですね。
 また、僕も連れて行って下さい。

by maririn : URL

そんなに長い間、山に行っておられなかったのですか。ビックリです。やっぱり芦生は素敵ですね。また、いつかご一緒させてください。

by おくちゃん : URL

原生林の中の単独行素敵ですね。「わかりません」は、キランソウだと思います。

> 芦生最高。

by てくてく : URL

また計画を具体化しましょう。
新緑の芦生は秋と違う良さがありますよ☆

>maririn さん

by てくてく : URL

中小企業なのでいろいろ大変なんです。これからは週末休みになると思います。

> おくちゃん

by てくてく : URL

キランソウ、ありがとうございます。検索して画像を見るとその通りでした。小さい花だったんで思わずカメラに収めましたが割りとどこでもある花のようですね。

by いわいわ : URL

すごいですねえ
なんか、朝もやの幻想的な景色、感動しました。
私やったら一発で迷います、やっぱり地図よみの練習を普段から怠らずにして、体力つけて、、、頑張るのでまた芦生ご一緒してくださいー(>_<)

池、、、ハート型にみえず( ̄▽ ̄;)
修行がたりないようです。。。

> いわいわ さん

by てくてく : URL

僕は地図読みの練習なんてせずに実地で覚えました。一人で山に行って、迷って怖い目にあって覚えてきました。どんどん一緒に行きましょう。そして先頭を歩いて下さい。それが一番です!(^◇^)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。