ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大峰釈迦ヶ岳

歩いた山の紹介 ] 2013/01/06(日)

s6-DSCN0629.jpg

厳冬期の大峰では、昨年に稲村ヶ岳と大普賢岳に登りました。今年はさらに遠い釈迦ヶ岳に登ってきました。大峰の山々を愛し、さまざまなルートを四季を通して歩かれているやまのねこさんの案内なので安心して楽しんでくることができました。

今回の旭登山口は奈良県最南部の十津川村にあり、京都からはやはり遠く感じました。今まではその距離ゆえ、「関西の山は芦生、北山、比良で十分」と見向きもしませんでした。それがここ数年で知り合った山友の影響で行き始めると、他の山とは違う大峰の良さをどんどん感じている自分がいます。仲間が増えると世界が広がりますね。以前のように単独登山ばかりだと知ることのなかった世界です。誘って下さった仲間に感謝の気持ちでいっぱいです。

朝6時、星の国吉野路大塔道の駅に集合。車中泊は寒そうなので夜早く寝て2:00に京都を出て途中30分ほど朝食休憩し5時に到着しました。登山口までの林道が悪路だと言うので、道の駅で車を乗り合わせ、やまのねこさんのジムニーと四駆スタッドレスの僕のタウンエースでさらに1時間ほど走りました。確かに最後の林道は落石を右に左に避けながら、ガードレールも途切れ途切れで落差100m暗いある崖沿いを注意して走りました。幸い積雪は雪化粧程度でしたので、これでもラッキーだったそうです。厳冬期は登山口まで車が入れず、何時間も林道を歩く事もあるようです。

しかし、下山時に化粧雪が溶けた林道を走ってびっくり。鏡のようにツルツルに凍った路面がそこらじゅうにあり、朝はそれに気付かずに走っていました。ああ恐ろしい!

【DATA】
標高: 釈迦ヶ岳 1799.6m
歩いた日:2013年1月5日(土)
天候:曇/晴れ
メンバー:6人
山中行動時間:05時間55分(休憩含む)

コースタイム
07:20 旭登山口出発
08:17 太尾登山口ルート分岐
09:06 古田ノ森
09:37 千丈平
10:13 釈迦ヶ岳山頂
10:37    出発
10:51 千丈平(昼食)
11:20    出発
11:53 古田ノ森
12:33 太尾登山口ルート分岐
13:15 下山

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

 
 

s6-DSCN0468.jpg
登山口は二ヶ所あり、標高1150mの下の登山口から登り始めました。登山口の北の尾根に取り付いてダイレクトに古田ノ森に登る事も積雪期は可能だそうです。今回はくま吉さんを先頭にやまのねこさんのナビゲーションで迷う事はありませんでした。

s6-DSCN0470.jpg s6-DSCN0471.jpg
雪が少ないので九十九折れの登山道が見えいましたが、深雪なら倒木が多く直登も苦労しそうでした。一ヶ所、谷を渡るところがあり、特に目印はなかったので地形に注意して歩く必要があります。基本植林帯の中ですが谷の周辺は自然林でした。

s6-DSCN0478.jpg s6-DSCN0496.jpg
1400m付近から明瞭な尾根になり、明るく開けた登山道になります。標高差で250m登るだけでこの展望に出会えます。天気は予報通り晴れ。覚悟していた風も問題にならない程度です。気温はマイナスですが中間着なしのベース+ソフトシェルで十分でした。

s6-DSCN0499.jpg s6-DSCN0521.jpg
1465mで上の登山口からの道と合流。それまでの進路は南東でしたが、ここで北東へ左折する感じになり、展望もいっそう開けた尾根歩きになりました。

s6-DSCN0528.jpg s6-DSCN0552.jpg
写真左の中央の山が釈迦ヶ岳です。写真右は古田の森への登り、背景に熊野灘の海が見えています。

s6-DSCN0568.jpg
1618mの古田の森から見える釈迦ヶ岳

s6-DSCN0539.jpg s6-DSCN0540.jpg
このあたりから樹氷も見ることができるようになってきました☆

s6-DSCN0583.jpg
青空と樹氷がいい感じです。

s6-DSCN0577.jpg
ハイテンションなpeachさん

s6-DSCN0586.jpg
雪庇ができる場所らしいですが、今はまだこんな感じです。

s6-DSCN0598.jpg
千丈平で小休止。幕営するのに良さそうな場所でした。ただし風が強いらしいので冬は雪洞掘るかブロックを積む必要がありそうです。かくし水のわき水は凍って出ていませんでした。ここに荷物をデポして最後の登りを空身で行かれる方が多いそうです。わずか15分程の登りですが、全員荷物を背負って出発。冬山の天候は10分、15分で急変するので常に荷物を背負っておくのは正解だと思いました。

千丈平で先行されていた単独の男性が山頂を往復されて下って来られたのとすれ違いました。今日お会いしたのはこの方だけでした。こんなにいい天気で歩きやすいのに意外と登山者は少ないのだなと感じました。

s6-DSCN0603.jpg
覆いかぶさるような樹氷のトンネルを抜けると奥駆道と合流、数分で山頂でした。

s6-DSCN0608.jpg s6-DSCN0618.jpg
10:13に釈迦ヶ岳山頂。聞いていた通り大きなお釈迦さんの銅像が立っていました。

s6-DSCN0629.jpg

s6-DSCN0616.jpg
山頂は360度の展望。京都や滋賀と違って大峰の南部は山が深くて広い事を実感。北を向けば、七面山の大岩壁を真正面に見る事ができ、八経ヶ岳や頂仙岳が右手に見えています。北東方向は台高の山が連なり、明神平はとりわけ白く見えました。さらにその向こうには特徴ある山容の湖北の伊吹山が白く浮かんで見えていました。さらに東方向には鈴鹿の山々も見えています。

s6-DSCN0620.jpg
南に向くと和歌山県の山が連なり、熊野灘の水平線も見えています。

s6-DSCN0629.jpg
釈迦ヶ岳から北に延びる奥駆道の稜線です。孔雀岳に続く稜線を少し進んでみました。この先は切れ落ちています。冬はかなりの難路だそうですがそそられる稜線でした。

風もないのでゆっくり山頂の展望を楽しみ、千丈平で昼食にしました。今度は積雪のある時にここでテント泊して、山頂で日の出を見てみたいものです。

s6-DSCN0634.jpg
ゆっくり休憩しているとあっちからもこっちからもシカが出てきました。芦生のシカと違ってあまり人を怖がらずかなりの距離まで近づけました。手づかみで捕まえられるのではないかなと思って追いかけまわしましたが、10m以内に入るとさっと逃げてまた距離を取ってくつろぐシカたち。何度も追いかけてるとヘトヘトになりました。

s6-DSCN0644.jpg
大峰の尾根は広葉樹の倒木や立ち枯れが目立ちました。カシノナガキクイムシと見られる特徴的な食痕の穴が開いたブナの倒木もありました。カシナガ被害は日本海側に沿って広がっているという認識でしたが、帰ってから調べてみると奈良県でもかなり出ており、先月(2012年12月)にはさらに南の和歌山県みなべ町ではじめて被害木が見つかり、備長炭になるウバメガシへの被害拡大が懸念されているという新聞記事を見つけました。

s6-DSCN0649.jpg
今回も背負ったスノーシューの出番はなく、少ない雪のおかげで夏山と変わらぬスピードで歩くことができ、13:15に登山口に下山しました。道の駅大塔にはロッジ「星の国」内に温泉があります。以前は通年日帰り入浴できたのですが、現在は12月~2月は休止されていました。今回ラッキーな事に受付で聞いて見ると「宿泊客がおられて入浴の準備をしているので日帰り入浴してもらってもいい」とのことで、冷えた体をゆっくりと温泉で温めて帰ることができました。

スケールの大きな展望と長い尾根歩き。山を歩きながら、今年、ぜひ行きたい大峰3プランを相談しました。楽しみがまた増えました。同行していただいたみなさん、ありがとうございました。


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング
スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/690-480bf971

トラックバック


コメント

いいです。

by 目目連 : URL

大峰山系は行ったことが無いんですが綺麗ですね。
写真を見てると石鎚山系を思い出します。

んー。
日本アルプスの近くに住むと、その他の山々に思いを馳せ。
地方にすむと日本アルプスに思いを馳せ。
って感じです。

また遊びに来ます。
よろしくお願いします。

> いいです。

by てくてく : URL

目目連さん、コメントありがとうございます。
大峰はごく最近行き始めました。山仲間に大峰にものすごく惚れこんでいる方ができたためです。そう、僕が芦生原生林に惚れこんでいるように。誘われて行ってみると新しい世界がありました。北アルプスも南アルプスも大好きです。こちらこそよろしくお願いします。

リンクさせていただきました。

by 目目連 : URL

てくてくさん

私もリンクさせていただきました。
私の記事の中でもコメントさせていただきましたが、ツェルトの簡易テントは『かなり条件のいい』場合だと私は思っています。
危ない時は『かぶる』『くるまる』ですから。

私の大先輩のお話ですと、ツェルトって50年かそれ以上、形的な進化が無いらしいですね。素材だけらしいです。私が30数年前に持っていたのも、ほぼ現行と同じ形でしたので。

最近では新型のシェルターを非常用に持ち歩いてます。近い将来こちらがスタンダードになると思います。
私のブログ内で紹介してますので、遊びに来てください。

今後ともよろしくお願いします。

承認待ちコメント

by :

このコメントは管理者の承認待ちです

RE:リンクさせていただきました。

by てくてく : URL

目目連さん、コメント&相互リンクありがとうございました。

Re: タイトルなし

by てくてく : URL

コメントありがとうございました。
そう、くまきちさんです。
この時のメンバーは、共通の出来事が合って出会い、何かあると一緒に山に行ってます。普段は単独が多いのですけどね。いい仲間です。


> 写真とレポート楽しく拝見させていただきました。
>
> やはりあのオレンジの服は<くまちゃん>だったのですね^^
> やまのねこさんのリードならまず安全でしょう。
>
> 小生はスノーシューも持っておらず、雪山はまだ怖いので夏の釈迦に行ってきます^^


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。