ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今シーズン初ワカンで武奈ヶ岳

歩いた山の紹介 ] 2012/12/23(日)

s6-IMG_1461.jpg

樹氷、ラッセル、ワカン、天然ナメコ。青空が広がる12月23日、登りも下りも登山道のない未踏の尾根をつかって周回してきました。

クリスマス3連休は早々に土曜日出勤が決まって西穂遠征断念。近場で単独日帰り登山を考えていました。西穂パーティも出発前日に天候不順で中止になったため、参加メンバーだったpeachさんを誘って武奈ヶ岳に行く事にしました。

ルートは細川尾根を登って登頂後、北稜を歩いて釣瓶岳手前のピークから支尾根を下山に使って細川まで周回をプランニング。登りの尾根も下りの尾根も、それに冬の北稜も、私もpeachさんも未経験、早い話、全ルート未踏の山行でした。

冬の細川尾根はネットを検索すると記録が出てきますが、下山の尾根は全く見つかりませんでした。地形図を読む限り、登りも下りもpeachさんとなら問題なさそうに思いました。細川尾根については「急登」とみなさん書かれていますし、それはまあ覚悟の上です。逆に、登って登って登り切ったら武奈ヶ岳山頂というのがわかりやすくて良い☆

問題はこの季節、雪がどの程度あるのか。もし藪こぎのルートなら雪に覆われている方がいいし、あまりの急斜面なら積雪が多いと苦戦が強いられます。直前の打ち合わせで「冬装備は軽アイゼンだけでいいよね」と言うpeachさんに「ワカンも持って来てください」とメッセージ。この間の二度の寒波と平地は雨だった22日に雪が降っているとそこそこの積雪になるだろうと思ったからでした。

【DATA】
標高:武奈ヶ岳 1214.4m
歩いた日:2012年12月23日(土)
天候:曇/晴れ
メンバー:2人
山中行動時間:06時間35分(休憩含む)

コースタイム
08:20 細川出発
09:30 P706
11:20 武奈ヶ岳山頂
11:31    出発
12:12 昼食(細川越の手前)
12:45    出発
13:02 尾根分岐
13:48 P713
14:48 河童のわき水
14:55 下山

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

 
 
s6-IMG_1412.jpg
細川休憩所に車を止めて支度をしていると、おばあちゃんがやってきて「山登るんか?上はまだ雪があるで」と教えてくれました。お礼を言って、勝手のわからない尾根の取り付きの見当を適当につけて集落の中の道を行くと付きあたりに墓地。「墓地から登る」とネットで記録を見ていたので「ここだろう」と山仕事の道か登山道なのかわからない道を登り始めました。旺文社の登山地図には登山道表示はありませんが、しっかりした道で、このまま山頂に連れて行ってくれたら楽勝だなと思いました。登り始めは、雪も残っている程度で地面がしっかり見えています。

s6-IMG_1416.jpg s6-IMG_1421.jpg
まもなく道は尾根から外れ、踏み跡程度になって怪しい感じになりました。雪に覆われても来たので、早々に見切りをつけて地形を確かめて尾根からはずれないように登っていきました。登山者の歩いた形跡はなく、先行者はウサギとシカです。予想通り急登が続きますが650m付近と700m付近にひと息つける平坦地がありました。

s6-IMG_1423.jpg
基本、ひたすら登るだけですが、高度計と地形図とコンパスで現在位置と進行方向確認はちゃんとしています。こういうルートの場合、現在地確認はけっこう励みになります。

s6-IMG_1425.jpg
800m付近まで、半そででがんばりました。耐寒訓練です(笑)
この写真の直後、寒くて長袖を着てさらにウィンドジャケットを着ました。

s6-IMG_1426.jpg s6-IMG_1428.jpg
このルート最初は杉の植林帯でしたけど、すぐに雑木林になり、立派なブナの木も点在していました。そして雑木林なのでブナやナラの木に天然ナメコ☆ すでに冷凍状態でナイフできれいに採れました。お昼ごはんの具の分だけ確保☆

s6-IMG_1434.jpg
登り始めの天気は青空も見えるものの西には黒い雲が広がり日差しもありませんでした。しかし、だんだんと青空が広がり、東の山を超えて太陽も顔を出しました。景色がみるみる変わります。1000m付近になると樹氷も出始めました。

s6-IMG_1435.jpg

s6-IMG_1438.jpg

s6-IMG_1440.jpg
光と影の美しい景色を切り取ろうとがんばるpeachさん

s6-IMG_1444.jpg
ちいさなコブを2つ超えると山頂も近い。最後の登りなので先頭を交代してpeachさんに行ってもらいます。積雪はひざ下くらいでした。ツボ足で登っています。傾斜が急で、吹き溜まりもあり大変そうだったので、再度先頭交代、主稜まで先行しました。

s6-IMG_1453.jpg
空が大きくなり、苦しかった細川尾根の終点、主稜がそこに待っています。山頂もすぐそこに見えています。北稜よりもこちらのほうが高いので、琵琶湖の方も景色も見えてきました。

s6-IMG_1456.jpg
北稜の向こうに釣瓶岳、その向こうに蛇谷ヶ峰。蛇谷の山頂は真っ白で、反射板も見えていました。

s6-IMG_1461.jpg
peachさんも主稜に到着。なかなかいい景色です。

s6-IMG_1474.jpg
山頂までの稜線を行く。雪は風で飛ばされているのと固く締まっているのでこのあたりは沈まず歩きやすかったです。ただ風が強い!

s6-IMG_1480.jpg s6-IMG_1483.jpg
登り始めから山頂到着までちょうど3時間。時間的には御殿山ルートと同じようなものかなあ。細川尾根の方が雪が多いしトレースがないので、もっと積雪があれば時間さらにかかりそうです。逆に存分に雪山を楽しむのならこっちのルートの方が期待にこたえてくれそうです。

ちょうど西南稜から若い男性2人が登って来られたので、写真を撮り合いました。12本アイゼンにピッケル装備、雪山訓練のような感じでした。風が強いので、山頂は10分程度で、まだ時間も早いので北稜に向けて出発。風のないところでお昼ご飯にしようと早々に下りました。

s6-IMG_1484.jpg
北稜を下る前。気持ちのいい稜線です。

s6-IMG_1492.jpg
下り始めは「ツボ足で行けるだろう」と思っていました。先行者の一人分のトレースがありました。北へ行くほどどんどん雪が深くなってきました。先行者はツボ足でしたが、潔く早めにワカン装着。北稜はとても樹氷がきれいで、太ももまではまる雪と格闘しながらも、景色を楽しみました。

s6-IMG_1494.jpg
これだけ雪があるのなら、スノーシューでも楽しめたと思います。今度はもっと雪のある時に同じルートをスノーシューで歩いて見よう。

s6-IMG_1500.jpg
まだ根雪が締まっていないのでワカンでもずっぽりと潜り、そのたびに足を取られます。一度こけると起き上がるのが大変。このあたり、積雪の多いところで80cmでした。細川尾根上部が50cmくらいでしたから積雪量の違いに驚きました。だんだん、雲が広がり、雪もちらついてきて、「細川尾根往復にしておいたらよかったかなー」っとちょっと思ったりしました。

s6-IMG_1502.jpg
お昼ごはんは細川越のコルのすぐ手前あたりで、できかけた雪庇を崩して東側の風下の雪を掘って風をよけて休憩。これだけでまったく風を感じずにゆっくりできました。カップヌードルにナメコを投入。いい出汁がでました。peachさんもナメコラーメンでした。どんどん空が暗くなってくるので、コーヒーでも入れようと思っていたけれど、早々に出発。雪庇を乗り越して尾根に出た途端に強風に吹かれて寒い!

s6-IMG_1512.jpg
下山の尾根は藪こぎを覚悟していましたが、十分歩ける尾根でした。急斜面で雪が少なくなってくると、雪の下の落ち葉で滑りやすい状態でした。せっかく持ってきたので軽アイゼンをつけて雪のある間、安全に下っていきました。

地形図のP713から下は予想通り急斜面、しかも尾根の形もはっきりしないところが多く、左に谷をとらえることで、支尾根に載らないようナビゲーションして、できるだけ細川集落に近いところを目指して下りました。急斜面の下降が苦手な方はちょっときついかもしれません。

s6-IMG_1518.jpg s6-IMG_1520.jpg
見事、計画通りのポイントに着地。最後はいい加減に歩けるところを下ったので、自分でも驚きました。下山地にあった河童の住んでいると言うわき水を頂きました。「大津市公認水」「鯖街道湧泉水汲地」などの表示がありました。美肌効果があるそうで、peachさんはいっぱい飲んでいました。

15時前に余裕を持って下山できたし、あまり汗もかいてなかったので、「お風呂パスしておいしいお酒を飲みに行こう」ということになり、車を置きに京都市内へ。

s6-IMG_1523.jpg
まず、行った先は伏見大手筋の酒屋さん「油長」。ここでは80種類の伏見のお酒を試飲することができ、購入もできます。ここでしか飲めないお酒も多くファンの多いお店です。

お店のご主人が話好きで日本酒の事をいろいろと教えてくれます。「伏見の酒は甘い」とよく言われるけれど、その理由がよくわかりました。そして伏見でつくる5%未満の辛口の酒こそ、本当に蔵がこだわってつくったお酒だということも。純米吟醸と吟醸酒では、純米吟醸のほうが格上とほとんどの方が思われているけれど、そうとは限らない事も教えて頂きました。醸造アルコールをわずか1%混ぜるだけで純米だけのお酒では起こらない香りと味が引き出せるという話でした。

s6-IMG_1524.jpg s6-IMG_1525.jpg
効き酒セットは1人3種類のお酒をセレクトできるセット。2人で行くと6種類のお酒が試飲できるのでお得です。

さんざん迷って、左の写真はpeachさんセレクト。右の写真はてくてくセレクト。一升で10,000円くらいのお酒が多かったです。家の飲み用には買えないなあ(笑)

s6-IMG_1527.jpg s6-IMG_1529.jpg
二件目は、今夜の本命の斎藤酒造直営店「醪音」。英勲というブランドで14年連続金賞を受賞している蔵元です。僕もpeachさんも以前、のりねえさんらと京都の六角店に飲みに行ったのですが、その時点で結構酔っぱらっており、味の記憶が何もないので、再挑戦です。炙りものを肴に蔵出しのお酒を次々にオーダー。

s6-IMG_1533.jpg s6-IMG_1534.jpg
案内されたカウンターの席の前には大型モニタがあり、剱や涸沢の風景がスライドショーで流れていました。なかなかの演出でした。

ひととおり日本酒に満足して、デザートにこのお店でしか飲めないという吟醸酒でつくった梅酒と生姜酒を飲んで、〆に釜飯をいただきました。

山と酒と、どっちがメインかわからないような日記になりました。

今回のルートは大人数で行くと難しそうなので、雪のある間に単独か少人数でスノーシュー装備でまた行ってみたいと思います。武奈ヶ岳だけど山頂以外人に会わないいいルートでした。


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング








スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/688-f7795d95

トラックバック


コメント

by あっぽ : URL

快晴ですね!
下山後も楽しそうですね。
ほんと、どっちがメインなんだか。。(笑)

> あっぽちゃん☆

by てくてく : URL

とてもいい天気でした。雪を踏みしめて歩く山はいいですね。久しぶりの雪山を堪能しました。下山後も少人数だと融通がきくので、お酒のお店選びも真剣になります(爆)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。