ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/由良川一周ツエルト泊

歩いた山の紹介 ] 2012/05/13(日)

 s_IMG_2982.jpg

僕の芦生の先生であるFさんと5/12-13の2日間、芦生原生林をたっぷり歩いてきました。芦生を歩いている日数、歩いている尾根や沢の数ではFさんに勝る人はいないのではないかと思われる方です。芦生由来の動植物にも知識豊富でFさんがいると図鑑要らずです。

今回は京都大学から入山許可証をいただき、シカの死体数と希少植物の調査目的の山行です。由良川を遡行しながら、雪深い冬を越せなかったシカの死体と多くの植物の中から希少種を探して歩きました。観察した芦生の植物類は数が多いので別の日記に分けて書きます。

僕にとっては雪の時期以降、久々の芦生になりました。春の花の盛期を過ぎたとはいえまだたくさんの花が咲き、頭上は新緑で、「やっぱり芦生はええなあ」を連発していました。ルートの難易度は、長い距離とともに、難所が多く、沢歩きと岩登りの両方の技術がいるところです。僕は過去4回ほど由良川一周していますが、どうしても超えられず、高巻いていた場所がありました。今回Fさんに習って乗り越え方を学びました。際どいところも含めて、とても楽しめました。

【DATA】
標高:今回山頂は踏まず
歩いた日:2012年05月12日(土)~13日(日)
天候:雨/曇り/晴れ
メンバー:2人
行動時間:1日目 08時間11分(休憩含む)
     2日目 09時間07分(休憩含む)

コースタイム
1日目
07:00 須後出発→トロッコ道
09:20 七瀬→本流遡行
11:35 大谷出合
12:20 マガリ谷出合付近(ツエルト設営)
12:45    出発→ツボ谷遡行
14:12 七瀬中尾根分岐→南尾根
15:11 テン場に下山

2日目
05:53 出発
07:55 岩谷出合
08:25 スケン谷(休憩)
08:47    出発
09:47 中山→下谷林道
10:08 長治谷小屋→上谷へ
11:14 杉尾峠
11:32    出発→櫃倉谷へ
13:45 林道出合
15:00 須後へ下山

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

 
 
s_IMG_2836_20120514065443.jpg
朝7時に須後駐車場でFさんと待ち合わせ、早めにスタート。しかし本降りの雨で出発を遅らそうかと相談。「予報では回復する事になってるし、森の中に入ると雨も気にならないでしょう」と雨の中出発。トロッコ道のヨモギ谷小屋跡あたりのケヤキの二次林が新緑できれいでした。

s_IMG_2839.jpg
ヤマツツジの花弁。Fさんのすすめでそのまま食べてみました。意外とイタドリのようないける味でした。サラダなどのアクセントで使えるそうです。

s_IMG_2850.jpg s_IMG_2855_20120514065543.jpg
昨秋はブナの実が豊作でいたるところで発芽していました。双葉は朝顔のようですが、本葉が出るとブナであることがはっきりわかります。左の写真は今年発芽したもの、右の写真はFさんが定点観察されている7年物です。7年でこれだけしか育たないの!芦生ではブナが「発芽しなくなっている」とか「幼木が育たなくなっている」と言われる方がおられますがそんなことはありません。発芽もするし、育ちもするけど、シカに食われちゃうんですよね。

s_IMG_2865.jpg
七瀬を過ぎるとトロッコ道が終わり、水の中を歩きます。天気が悪く、気温も低いため、長い間冷たい水に入っていると足が痛くなってきます。しかし、新緑の屋根の下をじゃぶじゃぶと歩くのは快感です。

s_IMG_2884.jpg
トチの大木に大きなオシダ。春のシダの色も透き通るようでとてもきれいです。 

s_IMG_2893.jpg
何メートルあるかわからない深い淵の数メートル上の岩棚を歩きます。初めて来た時は緊張しましたが、この先のルートを知っているため、「足場があるだけマシ」と思えます。 

s_IMG_2903.jpg
希少植物があれば急斜面や岩場もよじ登って同定、撮影、GPSで位置の記録を行います。

s_IMG_2911.jpg
滝場を乗り越すと急に腐敗臭が強烈になり、すぐ目の前、滝の落ち口にシカの死体がありました。近寄りがたい匂いの中、オスメスの区別、体長の測定、位置の記録を行います。幸いにも今回の調査ではトロッコ道で1頭、この場所で1頭のみでした。

s_IMG_2912_20120514065907.jpg
緑いっぱいのせせらぎを歩いている時は音も静かで癒しの森そのものです。日本の野鳥で最小種のひとつであるミソサザイがきれいに囀っています。姿を見せてくれると本当に小さく、よくあんな大きな鳴き声が出るなあと感心します。尻尾を立てて振りながら鳴く様子はとってもかわいいものです。 

s_IMG_2919.jpg
滝の落ち口は大きな淵になっている場合が多く、由良川本流遡行の場合、こういう場所がもれなく難所になります。今日はFさんがおられるので、すべて乗り越えられるルートを覚えておられるのでルーファン時間ゼロで突破して行けます。次回のために覚えておかなくちゃ。 

s_IMG_2923.jpg
12:20に今日のテン場に到着しました。今までの僕の経験では1泊目はゆっくり出発で七瀬にするか、早朝出発で岩谷まで行ってしまうかでした。今日のFさん推薦のテン場はその間ぐらいでした。とりあえずテントを設営することにしました。昼になってようやく雨も上がりました。僕は軽量化のためツエルトでしたので雨が上がってくれて助かりました。

テント設営後、Fさんから「まだ時間がたっぷりあるのでツボ谷を遡行しませんか」とお誘い。ツボ谷と言えば滝が多いと言われている谷。単独では怖くて入れていませんでした。Fさんと一緒なら心強い、このチャンスに行っておくことにしました。

s_IMG_2924.jpg
ツボ谷に入ると入口から大きな滝が行く手を遮っています。「ここからスタートかあ!」 

s_IMG_2926_20120514070029.jpg
ためらうことなく進んで行くFさん。置いてかないで~

s_IMG_2928.jpg s_IMG_2929.jpg
2つ目の滝、3つ目の滝・・・さすがに多い

s_IMG_2933.jpg s_IMG_2934.jpg
4つ目の滝、5つ目の滝・・・ こんな谷の滝ごとの登り方を全部記憶しているFさんの記憶力ってすごいと思う。帰ってきて写真を見ても、どの滝をどう登ったのか思い出せない。

s_IMG_2937.jpg 
6つ目の滝に挑戦中。沢靴のソールをうまく使わないと滑って落ちます。 

s_IMG_2939.jpg s_IMG_2947.jpg
7つ目の滝、8つ目のの滝・・・ 写真の滝は大きいもののみ。小さいのはもっとありました。

s_IMG_2952.jpg
最後の滝を超えてしばらく歩くと源頭の景色になりました。

s_IMG_2955.jpg
源頭の登りは例にもれず大変な急登りで油断するとずり落ちてしまいます。でも、こういう源頭の景色を見ると「芦生やなあ」と思います。 

s_IMG_2958.jpg
適当によじ登っていたら立派なブナの林があったり。 

s_IMG_2963.jpg
いつまでも眺めていたい風景です。 

s_IMG_2967.jpg
下りは谷の南尾根を下ってテン場の目の前に降りてきました。

s_IMG_2976.jpg
僕のツエルト。奥に張っているのがFさんの年季の入ったダンロップ。ツエルトでも雨さえ降っていなければ快適そのものです。早めに夕食を食べ、持ってきたビールと焼酎でいろいろな話をして、酒を飲みほしたのが18時。まだ明るかったけどする事がないので寝ることにしました。起きる時間も打ち合わせせず、かなりアバウトです。

18時に寝て、24時半に一度起きましたが次に起きたのが4時半。10時間半もぐっすり眠りました。夜明けとともに起き出してゆっくり身支度。Fさんから「アカショウビンが鳴いている」と教えてもらい、耳を澄ませてしばらく聞いていました。アカショウビンは京都府の絶滅危惧種です。

s_IMG_2982.jpg
今日は一ノツボ、二ノツボ、三ノツボ、四ノツボ、シカメコ、と難所が続きます。このあたりが由良川本流遡行の核心部になります。岩登りの要素が入ってきますのでひとつづつ慎重にクリアします。岩場では、ヌメリのある苔とホールドやスタンスに微妙に土がついていて滑りやすかったりで、乾いた岩登りよりもだいぶグレードが上がります。 

一ノツボは左から。二ノツボは右上に旧道、三ノツボは問題なし、四ノツボは左から指先2本で岩から岩へ移るところがむつかしい(Fさんも落ちたことがある)、シカメコは右のルンゼ状のところから取り付いてへつって行く。

s_IMG_2984.jpg
難所の合間にも植物調査は継続
 

s_IMG_2991.jpg
大きなカツラの木が2本ありました。一番低い川の中から見上げる巨木は迫力満点です。 

s_IMG_2994.jpg
大きいほうのカツラの幹周をメジャーで計る事になりました。Fさんは10mメジャー持参です。8m37cmありました。

s_IMG_3001.jpg
水量が少ない時は左の流れの際を登れるらしいのですが、今日は水量たっぷりでこの水圧では無理なので右の岩をへつっていくことにしました。 

s_IMG_3004.jpg
左側から登った方の残置の細引きが見えています。頭上にはシャクナゲがきれいに咲いています。北山などではシャクナゲのピークはとっくに過ぎているのにこのあたりは雪解けが遅いから花の季節もずれているようです。

s_IMG_3010.jpg
シカの蹄では登れない岩の上には食害を逃れた植物が所狭しと群生しています。こういうところに希少植物があったりすることが多いようです。

s_IMG_3013.jpg
静かな渕ですが、Fさんがいなければルートに思案しそうなところです。 

s_IMG_3015.jpg s_IMG_3017.jpg
簡単そうに見えますが、いつ滑るかわからず、足の置き方やバランス感覚が要求されます。

s_IMG_3022.jpg
最後の難所のシカメコ。以前の山行記録を見ると、ここまで来た事がありますが、どうやっても超えられず、少し戻って旧道へ直登して逃げようとしたのだけど、それも急斜面で滑落の危険を感じながら必死でよじ登ったと記録しています。 

今日はどうやって超えたらいいか、Fさんのルートを良く見て挑戦です。やっぱり手本があると違う!あれだけ悩んだところが簡単にクリアできました。スリルはたっぷり味わったけど、限界を感じるようなところはありませんでした。落ちても、数メートル下の深い淵にドボンするところがほとんどなので死ぬことはないでしょう。 

s_IMG_3029.jpg
ここらで天気が一気に回復し青空が広がり、太陽も出てくれました。気温が高いのか水の中も苦になりません。やっぱり日差しがあると新緑が映えますねー! 

s_IMG_3039.jpg
ちょっと寄り道して冬にイグルーと雪洞で泊まったスケン谷の癒しのトチの広場に立ち寄って日差しの中で休憩です。やっぱりこの場所が好き! 

s_IMG_3060.jpg
中山をへて長治谷小屋へ

s_IMG_3066.jpg
上谷を歩くのも久しぶりです。立ち入り禁止の生杉からと思われるハイカーと5組くらい出会いました。大きな立て看板があるのによく無視できるもんだ。 

s_IMG_3070.jpg s_IMG_3074_20120514071704.jpg
くまの冬眠穴のトチ、由良川の最初の一滴を超えて杉尾峠の展望台に登って休憩。日本海が見えました。このあと櫃倉谷源流から下流へ遡行します。

s_IMG_3093.jpg
倒木も長い年月を経て土に帰って行きます。そこに新しい命が芽吹きます。こうして森の植生は更新されていくのでしょう。 

s_IMG_3102_20120514071748.jpg
櫃倉谷ですっかり有名な「雨宿りの樹」 

s_IMG_3103.jpg
小さなフジシダが群生していてジャングルのミニチュアのようでした。 

s_IMG_3143_20120514071830.jpg
15時無事下山。

由良川一周に加えてツボ谷遡行、スケン谷への寄り道など、Fさんのおかげでゆとりを持って楽しめました。本流遡行は雨が降るごとにルートの様子も変わるので、注意が必要です。今回は股上まで浸かって渡渉する場面が2回ありました。ルートを覚え、花や植物の名前を覚え、鳥の鳴き声を覚え・・・すごく頭を使った2日間でもありました。

それにしても、芦生の原生林は何度通っても飽きることがない。冬は冬でよかったけど、春のやわらかい癒しの景色も素晴らしかったです。長い距離でしたけどあまり疲れもせずに帰って来れました。Fさんのおかげです。


<忘備録:装備について>
上着:FTのドライウェア、キャプリーン3、ゴア雨具(上)、テン場では雨具を脱ぎ、モンベルのULウィンドジャケット、軽量ダウン
下:夏用速乾ズボン、ネオプレーンソックス、雨具の下は持参せず、テン場ではズボンの上から、ULウインドパンツ
マットは3シーズン半身用、ダウン300gシュラフ、シュラフカバー持参せず

最低気温は3~4度くらい。この装備で寒さは感じずOKでした。着替えは最小限の持参、ズボンの予備もなし。テン場で寝るまでに乾くだろうと考えました。乾かなかった場合はズボンを脱いでULウィンドパンツ1枚でいいと思っていました。


「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/673-b9fed694

トラックバック


コメント

by kout父 : URL

めちゃくちゃ楽しそう!

> kout父 さん

by てくてく : URL

はい☆
ややハードなルートでしたが、その分たっぷりと原生林を楽しみました。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。