ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


力を合わせて登頂した厳冬期の稲村ヶ岳

歩いた山の紹介 ] 2012/02/10(金)

 s_IMG_1039_20120206160825.jpg
近畿地方でもなかなか行く機会のない大峰山地の稲村ヶ岳に行ってきました。大峰山地のたくさんの山の中で厳冬期登山の難易度が特に高いと言われている山のひとつです。お誘いいただいた時、こはるさんの紹介でつながった山仲間のにしやんさん、やまのねこさん、のっちさん、くま吉さんが参加されると聞いて、ぜひ参加したいと思いました。さらにゆかさん、しゅーちゃんも加えて7人パーティになりました。 

当日は6:30に道の駅「黒滝」に集合、四駆スタッドレスの車2台にまとまって雪道を走り、母公堂まで。途中、無謀に雪の中に突っ込んでスタックしていた奈良ナンバーのスカイラインをみんなで救出し30分のロス。7:30に出発しました。 


山行記録と写真は続きをご覧下さい 
--------------------------------- 
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング 

 
 
s_IMG_0930.jpg  
出発地点の母公堂です。二駆の車ではちょっと無理な道でした。 

今日のメンバーは、どっちかというと山岳会のようなパーティ登山は苦手なタイプの方の集まり。普段はもっぱら少人数の個人山行をしていることが多く、今日も実は誰がリーダーなのかイマイチよくわからない。実力的にはにしやんさんがダントツ。大峰山地を知り尽くしているやまのねこさんがルート選択も含めてリーダー的な位置にいる。実際のプランニング時はのっちさんのカレンダーで打ち合わせ、質問にものっちさんが丁寧に答えてくれる。

あまり深く追求せず当日を迎えました。出発時もワカン持つ人持たない人、ストック持つ人持たない人、出発点からアイゼン付ける人、付けない人、ザイルやハーネス、スコップも持つ人持たない人。ばらばらなまま出発。これでうまくいくほうが不思議なのですが、必要な局面では打ち合わせができていたかのように、ちゃんと役割分担されてうまく事が運ぶ奇跡のようなパーティでした。

みんな、いま自分ができること、やらなければいけないことを考えて、言われなくてもそのポジションに着く。自分の頭で考えて主体的に動くことができる人たちでした。やまのねこさんは、登山届もちゃんと準備されているし、現場でも的確なルート指示。「このペースでは時間切れで山頂は無理だなあ」と思い始めた頃、最後方にいたにしやんさんがすーっとトップに出て後続が付いていけないスピードでラッセルして登頂への道を切り開く。これをチームワークとかアイコンタクトとか、きれいな言葉ではくくれないけれど、気持ちのいいパーティでの挑戦の山でした。

s_IMG_0945.jpg  
最初は延々杉林の登りで展望はまったくありませんでした。途中で自然林に変わり、景色がよくなってきました。天気も先週はずっと雪模様でしたが週末だけはかったように晴れ。今日も日差しの中を歩きました。 
 
s_IMG_0966.jpg 
 このルートの核心部は大日岳のトラバースですが、それまでにも何度も急斜面のトラバースが出てきます。こういうルートに慣れていないと結構怖いし、落ちて死なないまでも自力では登ってこれないようなところが多かったです。その中のひとつ。ゆかちゃんがトラバース中。 

s_IMG_0969.jpg

落ちた! 


かろうじて左手一本で鎖をつかみ滑落をまぬがれました。写真見たらビックリしますが、本人も落ち着いてピッケル打ち込んでリカバリー。ああびっくりした。 

s_IMG_0974.jpg 
そこらじゅうでこけたりはまったり。 

雪が深くて、数人のトレースはあるものの雪が締まってなくて、数歩に一度、足の付け根あたりまではまってしまうので、なかなか進まなくなってきました。だいぶ前に追い抜いた4人組の山岳会の方(全員わかん)に抜き返されました。僕らもワカン装着することにしました。 

ここまで僕は中程を歩いていましたが、みなさんがワカンをつけている間にトップに立ち、大日トラバースの手前まで先導しました。ワカンつけたら、グンとスピードが上がり、再び山岳会パーティを追い抜いて先をめざします。 

s_IMG_0983.jpg  s_IMG_0988.jpg 
トラバースで進みにくくなってきて尾根をめざして直登を開始します。写真左は先行する和歌山の山岳会「かがりび」の4人パーティ。危ないところはザイルで確保しておられました。

写真右は僕らのパーティ。ワカンで蹴り込んでステップが決まるので面白いように登れました。こういう雪の直登ルートとかトラバースって芦生でもよくあります。 
 
s_IMG_0992.jpg
 尾根に出ると景色もよくなり、雪も締まってらくらく~ 

s_IMG_1004_20120206160553.jpg 
稲村小屋です。風が強かったので休憩なしで先に進みます。 
 
s_IMG_1008.jpg
核心部の大日岳のトラバースに入ります。あらゆる可能性を想定して万全の装備のにしやんさん。トラバースからはトレースが全くなく、先行の男性が荷物をデポして空荷でトレースをつけてくれているところでした。この男性は荷物を取りにまた戻ってこられました。おかげで私たちも含めて他のパーティも安全に通過することができました。 
 
s_IMG_1013.jpg  s_IMG_1016.jpg 
我がパーティのトラバース突入のトップはのっちさん。快調に通過。みんな危なげなくクリアしました。いろんな方の記録を読んで、もっと厳しいと思っていましたが、距離も短かったし、斜度も垂直ではなかったし、怖い感じはありませんでした。かなりの深雪だったからでしょう。でも、これがトレースの一切ない状態ではやっぱり大変だろうと思います。 
 
s_IMG_1028.jpg
他の方の山行記ではトラバースの後、稲村ヶ岳の山頂まで、尾根を直登する場合とトラバースして回り込んで山頂に出る場合があるようで、雪の状態で判断されてるようです。今日は、トラバースまでは他パーティのトレースを利用させてもらいましたが、トラバースで完全に追いつき、ついに誰のトレースもない状態で私たちのパーティが先行することになりました。最初はやまのねこさん、途中からにしやんさんのラッセルです。相当深い雪でしたが、にしやんさんは迷わず直登ルートを選択。写真は直登ルートからよく見えた大日岳。 

大盛の雪をかぶった木が行く手を何重にも邪魔するようなルートでしたが、にしやんさんのラッセルのスピードに早すぎて後続が付いて行けません。レベルが違うなあと感じました。 

s_IMG_1033_20120206160800.jpg 
最後の10mはゆかちゃんがトップ。にぎやかに山頂に登頂。山頂の展望台の上も何メートルもの雪の山ができていました。 

s_IMG_1039_20120206160825.jpg
無事に山頂に立てました。残念ながら先ほどまで晴れていた空は一面曇り。それでもここまで到達できて大満足です。 

帰りも慎重に足を運び、事故なく無事に下山できました。僕は稲村ヶ岳は夏も含めて登ったことがなく、今日が最初でした。単独山行だけをしていたら、ここに来ることはなかったと思います。大峰を知りつくしたやまのねこさんや、どんなルートでも安全に歩けるにしやんさんがおられて安心して登ることができました。このメンバーで一度山に登りたいと前から思っていたので、今日はその願いがかないました。この出会いをくれたこはるさんにも改めて感謝です。 


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング 



スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/660-ef74e025

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。