ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


積雪2.5m 芦生枕谷本谷・支谷

歩いた山の紹介 ] 2012/01/29(日)

 s_IMG_0789.jpg
針畑ルネッサンスセンターに集合してたっぷり積雪した芦生を歩いてきました。1月中旬以降、腰を据えた冬型気圧配置で福井県に隣接する芦生原生林も大変な積雪になっています。登山口に近い古屋の無人観測器は当日朝140cmの積雪を表示していました。 

今日の山行は芦生を知りつくしたFさんがCLで、きのこ博士で芦生に通い続けられているTさんもご一緒。このお二人がおられたら地図を読む必要もないくらい安心です。このメンバーに初めて一緒に歩く方3人と僕とひよこさんの7人パーティ。集合場所に行くまでの車の運転でツルツルの路面に神経を使い集合地点でヘトヘトでした。このあたりはガードレールがないから一車線道路ですべったら川に落ちてしまいます。 

最終除雪地点から出発。かなりの雪が降っていますが迷いなく決行。最初からスノーシュー、ワカンを装着です。FさんとTさんは全員の準備を待っていると寒いので「先にラッセルしておきます」と先行。林道から登りやすそうな尾根を選んで取り付きます。すぐに昨日のものとわかるトレースに合流しました。が、それも少しの間だけ。引き返されたのか以降、誰のトレースもない新雪をラッセルしながら歩きました。 

山行記録と写真は続きをご覧下さい 
--------------------------------- 
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング 

  
 








s__DSC1414.jpg  s_IMG_0720.jpg 
先行されたFさんとTさんは、葉も実もない木肌だけを見て木の名前を同定していきます。特徴の無い木は二人の意見が一致せず、聞いていると面白い。お二人ともすごく勉強熱心で今日も図鑑を持って来られていました。 

Fさんは今日も長靴に炊事用ゴム手袋。この手袋が完全防水具合が良いらしく、厳冬期に芦生の滝も登ってしまわれるツワモノ。Tさんも長靴にワカン。しかもアルミでなく木製。 

s_IMG_0708.jpg 

FさんとTさんに追いついたひよこさんが先頭を交代。ふかふかの雪、登山道から完全に離脱して森の奥深くに自分たちだけトレースをつけて歩く。ひよこさんもかなり楽しそうでした。 

s_IMG_0713.jpg 

ユズリハはなぜ冬になると葉が全部下へ垂れさがるのか。葉の水分を減らして糖度を上げて凍らないようにしているのだそうです。 

s_IMG_0716.jpg  s_IMG_0728.jpg 

ひと登りしてP537を経て県境尾根に向かう尾根の途中です。すでにスノーシューでも膝ラッセル。雪雲の中なので見通しは悪く、時々見える隣の尾根の近さで間もなく県境尾根に合流する頃だろうとFさんに話すと、「まだですよ。左側の自然林も杉林になって急な登りをクリアして県境尾根です」と。Fさんは地形だけでなく植生まで細かく頭に入っているらしいです。 

s_IMG_0733.jpg  s_IMG_0746.jpg 

県境尾根に合流しP677を経てクチクボ峠に向かいます。この尾根は朽木トレールに入っており、ところどころにトレールの目印テープがあります。尾根上はもっと風が強いかと想像していましたが、気になるほどではありませんでした。ところどころ北風が当たる場所では雪が飛ばされてクラスト気味でしたが、それ以外はやっぱりフカフカラッセル。 

今日はラッセルできる人が5人もいたので交代しながらどんどん進むので毎週一人で歩かれているFさんはずいぶん楽だと言われていました。僕は後続の待ち時間を利用して、福井側の名もない谷に駆け下りて登り返してみることにしました。もちろんリーダーの許可を得て。Fさんに「雪深いですよ」と注意されていたのですけど、ビックリするぐらい深くて、戻れなかったらどうしようと思いました。一気に汗だくで最後尾あせあせ 

s_IMG_0771.jpg  s_IMG_0777.jpg 

三国峠に行かず福井側をトラバースして歩くことにしました。一気に深くなる雪。トラバースと言ってもいくつもの谷場地形と尾根上地形を越えて行くので結構な登りも出てきます。斜面になると雪に足が埋まってしまって四苦八苦。 

s_IMG_0783.jpg
そして枕谷の源頭部へ。春も秋も素敵なところ。冬に来たのは初めてです。写真では雰囲気の一部しか伝えられないのが残念。見晴らしのいい雪山の山頂もいいけど、360度森の中にとんでもなく大きな広がりを感じる源頭の開けた景色も最高です。 

s_IMG_0798.jpg
源頭部をゆっくり歩いて、これ以上下ると谷がせまくなる手前でお昼ごはんにしました。このままテントを張って泊まりたい場所でした。お昼は各自で。僕はお湯を沸かしてカップラーメンとおにぎり。いつもと同じだけど山ではごちそうです。 

s_IMG_0807.jpg  s_IMG_0813.jpg 
昼食後は枕谷の支谷を下ります。谷を下ったり登ったりしましたが、落差の無い平坦な沢なので、登っているのか下っているのか感覚がなくなってくるようです。先頭はFさんとTさん。沢が狭くなって、雪が深くなって、でも沢が全部雪に埋まってなくて、ところどころ口を空けています。上手に歩かないと谷底に導かれて雪に阻まれて進めなくなります。右の写真は、そうなりそうだったので3番手の僕は谷底から離脱してトラバースしていました。案の定、FさんとTさんは脱出に四苦八苦。文字通り高見の見物わーい(嬉しい顔) 

s_IMG_0832.jpg 

枕谷の二俣まで下って本谷を今度は登ります。 

さあ先頭交代です。いつの間にか三番手にいるひよこさん。 

Fさん「先頭どうぞ」 

ひ「いいんですか?」 

Fさん「気をつけて歩かないと・・・」 

s_IMG_0834.jpg 

あれ?ひよこさんが小さくなった! 

s_IMG_0835.jpg 

首だけ出して落ちた! 

Fさん「いま注意しようと思ってたのに」 

雪を踏みぬいて沢に落ちたのでした。わーい(嬉しい顔) 

s_IMG_0840.jpg  s_IMG_0860.jpg 
それでも果敢にラッセルを続けるひよこさん。 
この当たりの積雪は2.5mを超えていました。 
 s_IMG_0883.jpg 
この方、Yさん。新聞社の本職のカメラマン。あそこの写真部はNIKONだったのに愛機はCanonだ。仕事でも現在はNIKONとCanonがミックスだそうです。望遠はCanonがいいって言われていました。芦生もよく一人で歩かれているそうです。今日もラッセル要員わーい(嬉しい顔) 

s_IMG_0890.jpg
さあ、谷底地形から離脱して急斜面を登って三国峠の山頂をめざすことにしました。ここでAさん夫婦には山頂を往復してくる間、待っていてもらう事になりました。最初はひよこさんが先頭。すでに腹ラッセルです。この後、僕が先頭を代わり、山頂までの長い登りを楽しませてもらいました。今日は急な登りばかり先頭が当たっていたような気がします。あせあせ 

s_IMG_0894.jpg  s_IMG_0904.jpg 
山頂は雪で見事に「おわん型」。展望は全くなく、周囲の木々の冬芽の観察をしてAさん夫婦の待つ源頭に下降。来たトレースを使わず最短距離で駆け下りる。いやあ楽しい楽しい。まさにスノーシュー天国だ!わーい(嬉しい顔) 

s_IMG_0918.jpg 

下山中に見つけたヤドリ木の果実。Fさんの「食べられますよ。ただちょっと難が・・・」 またひよこさんが人柱でパクリ。「フルーティでおいしい!」 がしかし、種と皮が口に残るのだけど、これが舌にくっついて離れない。指で取ろうとしたら、ネバネバの糸がどこまでも引いて・・・納豆なんかの比ではないくらい。いやでも、口からネバネバの糸を出しているひよこさんは素敵でした。 

どんなことになるかわかったので、僕もパクリ。小さなブドウのような味でおいしかったです。種と皮は、強くプッと吹き出せば問題ありませんでした。 

Fさんの解説では、ヤドリ木の果実は主に鳥が食べるのだけど、糞になっても種がおしりから取れずにブラブラしている。鳥はそれを取るために木にとまっておしりをこすりつけて種を取る。そうしてヤドリ木の新しい宿主が見つかるのだそうです。自然ってうまくできてますね。 

s_IMG_0910.jpg 
下山の広い尾根を思い思いにトレースをつけて林道に無事下山。林道には数十人のパーティが入っているようで踏み固められ高速道路状態でした。林道スノーシューツアーより、はるかに楽しく、いい景色が見れて、勉強にもなる、そんな1日でした。 

ますます芦生が好きになりました。 


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング 

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/659-b29e2d9a

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。