ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤坂山~寒風山 スノーシューで快適縦走

歩いた山の紹介 ] 2012/01/21(土)

IMG_0664.jpg

土曜日が空いたので雪のある山に日帰りで行こうと、百里ヶ岳、蛇谷ヶ峰、マキノの山の縦走を候補に検討。どうも天候は良くなくてヘタしたら雨に遭いそうな感じ。それなら下山後に温泉があって、それで歩きごたえのあるルートを選べるマキノの山にしました。マキノスキー場から粟柄越・赤坂山・寒風山・余裕があれば大谷山でマキノへ下山のルート。単独山行なのでマイペースで昼休み以外休憩なしで歩き続けました。 

マキノ発だと赤坂山に行かれる方が多いけど、ピストンでは運動にもならないし、時間も持て余す。それに以前は寒風が多かったスノーシューツアーが最近こぞって赤坂山コースになっている。だから遅い時間になると団体さんが次々登ってきます。それに赤坂山よりも寒風山の方が途中の景色も、稜線から見下ろす景色も断然いいと思います。途中のブナ林なんか最高です。そして、赤坂山から寒風山までの稜線歩きも大展望でスノーシューで歩くにはうってつけのルート。雪も深いし、たいてい土曜日ならトレースもない。枝尾根やスイッチバックもあるのでホワイトアウトするような悪天候でも楽しめます(人に寄るけど) 

赤坂山ルートで、ツアーの団体に巻き込まれず静かに歩くには少し早く出発するに限ります。9時半や10時に出発しているようではダメですね。今日は8時に出発できるようにしました。案の定、粟柄越の手前の稜線で先行者の男性二人組を抜かさせて頂いた方以外に誰にも出会いませんでした。縦走路は完全に貸し切り。ホワイトアウト気味だったけど。 

【DATA】  
コースタイム 

08:05 マキノスキー場P出発 
09:08 P483.6 
09:45 P620 
10:14 粟柄越 
10:25 赤坂山山頂 
10:35    出発 
10:45 粟柄越 
12:17 寒風山(昼食) 
12:35    出発 
13:07 P562 
13:21 スキー場分岐 
13:50 下山 

山行記録と写真は続きをご覧下さい 
--------------------------------- 
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング 

  
 
IMG_0625.jpg  IMG_0626.jpg 
出発時のマキノスキー場と途中の東屋の写真です。8時出発なので駐車場もスキー場もガラガラでした。前日の降雪を期待していたのですがマキノでは雪でなく雨が降ったそうです。雪はベチャベチャの重雪です。東屋周辺はズボ足では何歩かに一度太ももまで埋まる雪がありました。でも屋根に雪がほとんどないので昨日の雨がそこそこ強くて雪を落としてしまったことが分かります。東屋でスノーシュー装着です。 

IMG_0629.jpg  IMG_0631.jpg 
粟柄越までのルートは基本、尾根ですが、この当たりだけ一旦谷に降りることになります。やはり雪山は尾根より谷の方が美しいと思ってしまいます。谷の途中から尾根に復帰する夏道ルートはしんどいので、尾根の尻尾から取り付こうとしましたが、雪がベチャベチャで定着していないのでスノーシューが滑って潜って取り付きすら困難でしたのであきらめて夏道のトレースに戻りました。 

IMG_0632.jpg 
粟柄山の稜線に出るところで先行者に追いつきました。少し会話して先に行かせていただきました。この方たちが山頂に登ってこられたころ、僕は休憩を終えて下山するところでした。寒風まで縦走すると話すとすごくうらやましそうにされていました。寒風からの下山のルートが不安とのこと。「寒風まで行ければ大丈夫ですよ。そこまでで今日みたいにガスってると迷走する方が多いです」と伝え、「でも今日は僕がトレース付けますから、ガスが出てても大丈夫ですよ」と話したのですが結局ピストンで下られました。 

IMG_0634.jpg
粟柄越の手前で見える雪庇 

IMG_0640_20120121191219.jpg  IMG_0651.jpg 
10:25に赤坂山山頂に到着。やっぱり何も見えません。セルフタイマーで記念写真だけ。ちょうど北方向の景色が映っているはずでした(汗) 

IMG_0644.jpg
南方向の景色です。何も見えませんが(汗)。ちょうど先ほど抜かした男性お二人が登ってこられています。 

IMG_0645.jpg  IMG_0647.jpg 
琵琶湖が少し見えている東方向とほとんど何も見えない西方向の景色です。 

IMG_0661_20120121191456.jpg
さあ、縦走路に足を踏み入れましょう。いきなりホワイトアウト気味です。ガスは切れたり10メートル先が見えなくなったりの繰り返しでした。切れた時に目視で地形を確認してあとはコンパスで方角を決めて歩きました。何せ開けた広ーい尾根で枝尾根や尾根のスイッチバックもあるので、現在位置をロストしないように歩く技術が必要です。いいお天気ならパノラマビューハイクが楽しめます。トレースはありませんでした。雪の深さはバラバラで深いところは2m、浅いところは5センチで地面が見えている所もありました。 

トレースはないところが多いけど、雪が降っていないため、ところどころスノーシューの踏み跡がわかる程度に残っています。このルートでみんなが迷うポイントは3ヶ所ほど決まっているので、そういうところは迷走トレースがくっきりついています。誘いこまれたらコースアウトですので、自分で進路を決めて歩きましょう。他人の足跡は信じちゃダメです。 

IMG_0664.jpg
自分の歩いた足跡。雪が降るまでは残ってくれるでしょう。 

IMG_0666.jpg
時々こんな感じでガスの中からポッカリと展望がみられます。 

IMG_0673.jpg  IMG_0686.jpg 
ボーっと歩いていたら危ない危ない。少し気温が上がって雨が降ったため、あちこちで小規模な雪崩が起きています。写真左は雪崩後です。残った断面を見ると積雪が2m以上あります。この断面を利用したら快適な雪洞が掘れそうです。 

写真右はこれから雪崩が起きるサイン。すでにはっきりしたクラックができています。 

IMG_0678.jpg
パーっとガスが晴れてマキノスキー場の全景が見えました。うーんお客さんすくないなあ、大丈夫かなあ。 

IMG_0684.jpg 
何度も何度も登ったり下ったりの繰り返しでしたがようやく下山尾根が見えてきました。さあ、最後の登りを登ってしまいましょう。 

IMG_0688.jpg
寒風山に続く最後の登り。雪庇の上を数日前のトレースがついていました。しっかりしたトレースを樹林帯寄りにつくりなおしておきました。 

IMG_0690.jpg
ここまで稜線は風が強くて寒かったので歩き続け、12:17に寒風山に到着、少し下った風が避けられるビューポイントを選んでお昼ごはんにしました。カップヌードルとおにぎり。暖かいものがうれしいですね。 

この後、余裕があれば大谷山まで行こうと思っていました。体力的には全然疲れもなく、時間も余裕がありました。でも大谷山はガスの中、しかも南から黒い雲がこちらに広がってきていました。出発前の天気図と合わせて考えると「これは雨になるかもしれない」と思えたので、寒風山でゆっくり休んで下山する事にしました。 

まだ昼過ぎなのに誰もいない寒風山。あたりには新しいスノーシューの踏み跡があったので、スキー場からここまでピストンされた方はおられたようです。樹林帯を抜けたこの当たりの展望は本当に素敵です。 

さらに赤坂山までの稜線もいいけど、大谷山までのルートが本当は素晴らしいんです。これはまた天気のいい日に歩きたいと思います。大谷山からの下山ルートで狙っている登山道の無い尾根があるのだけど、それを寒風側から目視して下れそうか確かめました。 

IMG_0692.jpg
ブナの樹林をスノーシューで快適に下り。基本尾根なので歩くルートは適当で行けます。スノーシューの踏み跡もそこらじゅうにあります。こういう森の中を自由に歩いている感じが赤坂山のルートにはありませんね。 

IMG_0696_20120121191945.jpg 
寒風山からの下りで唯一気をつけないといけないのはこの分岐。登山地図では西山林道分岐となっています。ここで左のトラバースルートに入っていくのだけど、気付かなかったら尾根沿いにまっすぐ行ってしまいます。道標は誰かが掘り起こしてくれていました。降雪後は注意しましょう。 

IMG_0698_20120121192011.jpg 
13:50に無事マキノスキー場に下山しました。土曜日というのにこの人の少なさ。もうずいぶん前にリフトも廃止され、スキー場というより子ども用のそりゲレンデです。それでも貸しスキーなどはまだやっておられました。リフトがないので歩いて登って滑る形になります。 

マキノ高原の管理事務所によって、雪崩後や間もなく雪崩れる危険個所、変えたトレースの場所などを報告。スノーシューツアーをやられているので、ルートの状態はいつも気にしておられます。 

駐車場に行くと、何台かとなりに栗柄越の手前で抜かした二人の男性がザックを下しておられました。「もう縦走して下山されたのですか?」とビックリされました。お二人も行きたかったけど初めてのルートで自信がなかったのでピストンにされたそうです。下山する分岐になる粟柄越から僕の姿が遠目に見えていたそうで、「トレースに着いていけば行けるなあ」と話されていたそうです。たぶん着いて来られなかったのは、僕が迷わず行ける力量があるように見えなかったからでしょう(笑) 

このあと「さらさ」温泉にゆっくり入って温まり、出てきたらとうとう雨が降っていました。しかも本降りで風も強くなってる。まだ稜線にいる人は大変だなあ。下山して正解でした。 

天気の良い日だけでなく、展望の無いこんな日でも、ノートレースの雪深い稜線をラッセルしながら、迷わず歩く楽しみはたっぷり味わえます。単独という事もあり、とても静かな山行でした。 

【衣類メモ】 
上 
ドライレイヤー:finetrack フラッドラッシュスキンメッシュ(半袖) 
ベースレイヤー:Patagonia キャプリーン3・ミッドウェイト・クルー 
中間着:Patagonia R1フーディ(山行中は一度も着ないでザックの中) 
アウター:Patagonia アセンジョニスト(透湿性ソフトシェル) 
防寒着:montbell U.L.ダウンジャケット(今回使用せず) 

下 
山用化繊下着 
タイツ:montbell ジオライン L.W.タイツ(薄手) 
アルパインパンツ:montbell ブリーズドライテック・ライニングアルパインパンツ 

外気温は0度からマイナス3度。風はあったが寒くなかった。ハイドレーションも最後まで機能した。靴は冬用一重、スパッツ使用、手袋は冬用の薄め、帽子は行動中はアウターのフードのみ、昼食時から外ゴア・内フリースの帽子をかぶった。登りではアウターも脱いでベースレイヤーのみになった。雨は想定せず(降っても雪を想定)雨具は持っていなかった。下山後に雨が降ったので稜線上だったらソフトシェルでは心もとなかった。 


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング 

 

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/658-4d083e5e

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。