ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年お正月武奈ヶ岳・苦難を乗り越えみんなで山頂へ

歩いた山の紹介 ] 2012/01/02(月)

s_IMG_0538.jpg

毎年1月2日に恒例行事として行っている武奈ヶ岳登山、最初は単独の個人山行でしたが、だんだんと人数が増え、
今年は9人の大パーティになりました。mixiのカレンダーで「お正月なのに帰省も旅行もせず予定の無い方がもし
おられたら」とお誘いしたら、こんだけ集まっちゃいました(笑)

正月2日の武奈ヶ岳は、毎年まだ登っている方はほとんどいず、積雪があればラッセル確実、冬型の気圧配置にな
ると武奈ヶ岳辺りは吹雪いて気温もグンと下がります。人数が増えるとラッセルの交代要員が増えるうれしい面もあ
りますが、安全マージンを多くとらねばならず、単独ならさっさと行っちゃうような状況でも、撤退しないといけなくなる
という面もあります。たぶん、3~4人のパーティで行くのが一番成功率が高いかなと思います。これまでにも2回途中
撤退したことがあります。

今回のメンバーはバラエティに富んでいて、山の経験も、体力も、年齢も相当に幅広く、正直言って「あまり成功率
高くないだろうな」と僕でなくても思うような構成でした(笑)
となると、あとは天候頼み。どうか吹雪になりませんように。どうかほどほどの積雪で許して下さい。みたいな(笑)

出発時の京都市内の天候は雨。しかもかなり本降り。気温も1度前後と高め。天気図ではこれから午後にかけて
冬型が強まるので、気温は昼に向かって下がる方向でしたので、まあ雨は山では雪になっているだろうと考えて
決行。参加者の方の日記では、坊村に集合した時点で「たぶん中止だろう」と思われた方も何人かおられたようで
す。

でも決行。降雪、突風、雷、稜線での地吹雪・・・なかなかの冬山体験を味わう事ができました。途中撤退を一度は
判断しかけましたが、自然の状況と参加者の状況を見て山頂を目指しました。

【DATA】 
標高:武奈ヶ岳 1214.4m 
歩いた日:2012年1月2日(月) 
天候:雪/曇
メンバー:9人 
山中行動時間: 06時間15分(休憩含む)  

コースタイム  
08:10 坊村出発
09:30 P846
09:40 冬道分岐
10:10 夏道合流
10:30 御殿山山頂(スノーシュー装着)
10:47    出発
10:50 ワサビ峠
11:09 西南稜に乗る
11:40 武奈ヶ岳山頂
11:47    出発
12:15 ワサビ峠(昼食)
12:45    出発
12:52 御殿山
14:25 坊村へ下山
16:23 須後駐車場へ下山


山行記録と写真は続きをご覧下さい 
--------------------------------- 
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング 


  
 
s_IMG_0497.jpg s_IMG_0506_20120103213712.jpg
9人中6人は出町柳に集合、3人は坊村で合流。Yさんに集合場所が伝わっておらず合流に手間取りましたが全員そろって
出発。坊村では道路には積雪なし。明王院の登山口からは数センチの積雪で最初から雪を踏んでのスタートになりました。
ただし年末と思われる登山者のトレースが残っており、地面の凹凸がない分、夏山よりも歩きやすい感じでした。

出発前日の情報では、琵琶湖バレイで85cm、朽木スキー場で70cm、マキノ高原で100cm、広河原スキー場で80cmの
積雪でした。武奈ヶ岳も標高の高いところでは相当の積雪があるものと思われます。したがって参加者全員、軽アイゼンと
スノーシューまたはワカンを持参してもらうことにしていました。当日、参加されたみなさんの装備は全員スノーシュー。足も
揃って楽しめそうです。

天候はやはり雪。それもまだ登り始めなのにかなり強い風と共にバンバン雪が降っています。前日が降雪で当日は晴れ
という天気がよかったのになあ(笑)

s_IMG_0509.jpg
誰がつくったのか雪だるまに見送られて高度をかせいでいきます。最初の先頭は若くて体力のあるukさんにお願いしま
した。僕は最後尾につきました。最初に隊列をつくるときに、無積雪期の山と違って2番手3番手はラッセル交代要員と
して男性が入って、その後ろに経験の浅い方を入れるように言ってたのですが、ukさん以外の男性は後ろに固まって
しまいました。途中で、tomcatさんやとっちゃんさんに前の方に入ってもらうようにしました。

途中、雪が踏みしめられたり凍ったりしている所が出てきて「アイゼン付けますか?」と聞かれましたが、「登りでは使わ
ないよ」と返事。雪に慣れてない方にはアイゼン付けずに登るのが練習になるし、慣れてる人には夏山よりも登りやすい
状態でした。

s_IMG_0517.jpg 
予想通りどんどん気温が下がり、風上を向いていられないような吹雪、そして突風。ハイドレーションも凍るし、トレース
もなくなりがちになってきました。先頭のukさんはペースをつくるのがとても上手で、絶えず後ろを振り向いて自分の直
後だけじゃなく、最後尾まで確認されて調整されていました。自分のペースより相当落として歩くのはかえって疲れるの
だけど。

そんなペースでも単独の先行者に追いつき、僕らのパーティの後ろにつかれました。今日の先行者はこの方だけの
ようでした。

ukさんは全然余裕そうだったけど、トレースもなくなってラッセル状況になっていたので、とっちゃんさんに先頭を交代
してもらい、ukさんに最後尾に回ってもらいました。で僕も先頭グループに。ここから冬ルートを正しく選択しなきゃいけ
ないから。「ラッセルはしんどくなるまでやらなくていいから」と言っていたので、とっちゃんさんは「体重が重いので」と
早めに交代。次は山岳会のtomcatさんにお願いしました。途中ルートの指示をしながらも、ちょうどいいペースで引っ
張っていただいて、地吹雪の様相を呈していたやせ尾根も無事にクリアし、御殿山へ続く急登に入りました。天候が大
荒れで途中で雷も鳴りだしたため、休憩もほとんど取れず歩き続けました。

「この天候でこのメンバーでは山頂はあきらめたほうがいいだろうな」と思い、全員に「御殿山で撤退を考えています。
判断は御殿山でもう一度します」と伝えました。その時点でメンバーは誰もが「仕方ないね」という顔をされていました。
御殿山までの長い登りを登っている間に、雷は遠のき、あいかわらず吹雪いていましたが空が明るくなってきました。
御殿山までの最後のひと頑張りをのりねえさんに先頭に立って頂き、10:30に御殿山山頂に着きました。

タイムリミットとしていた11時にも余裕がありますし、時々武奈ヶ岳の山頂が展望できるくらいに視界も回復してきて
いました。全員の体調を確認して「大丈夫」と判断し、武奈ヶ岳をめざすことにしました。明らかに積雪は増えてきて
おり、この先はトレースは全くなし、ワサビ峠あたりはルート上で一番積雪の深いところです。

御殿山山頂で全員にスノーシュー装着を指示。装着にモタモタしている間に、二人組の男性や途中で抜かした単独
の男性も追いつかれてきました。彼らも御殿山で撤退しようと考えられていましたが、同じように山頂をめざされると
のこと。ところが、スノーシューの準備に手間取っている私たちが出発するまで動こうとされません(笑) 確かにトレ
ースも目印も何もなくて、どこを歩けばいいのか見ててもよくわかんない。しかも雪は相当深そう(汗)

s_IMG_0528.jpg
全員準備完了して、「じゃあ出発して下さい」と言っても誰も先頭に立たない。えーっスノーシューでの新雪の下りだ
よー。一番楽しい所なのに。ルートを間違えられると困るけど(汗)

そんな感じだったので、「じゃあ一番行くよ」と方角を確認して急斜面を下り始めました。すばらしい浮遊感。スノー
シュー最高!って思えるところ。登山初心者のなっちゃんも楽しそうに下ってきます。

s_IMG_0534.jpg
楽しくてあっという間にワサビ峠。なんと御殿山山頂から3分でした(爆)
積雪は1mくらいです。

ここから西南稜に取り付くための急登になるのですが、藪の上に雪が積もっていて歩くと踏みぬいて腰まではまりま
す。僕がもがいている間をpeachさんがペタペタと笑いながら通過。痩せなきゃ~(泣)

s_IMG_0538.jpg  s_IMG_0539.jpg 
登りに入って体力差がだいぶ出てきたので、先頭を行きたがってる(たぶん)、のりねえさんとpeachさんをukさんに
お任せして、僕は最後尾で遅れがちな方をサポートする事にしました。まあ、はっきり言って年齢差でしょうね。かなり
しんどそうでした。少し急斜面になるとスノーシューで登れなくなるみたいなんですね。時間をかけてゆっくり通過して
もらい、全員西南稜へ。

s_IMG_0551.jpg
この一瞬だけ見事に晴れて琵琶湖まで見渡せました。稜線の先にめざす山頂が見えています。
「来てよかった」「最高や!」とメンバーの口ぐちから言葉が出てきます。ホントがんばってよかったねー。山頂まで
もう少し頑張りましょう。

s_IMG_0558_20120103214104.jpg
西南稜全景

s_IMG_0560.jpg 
トップが山頂についたようです。たぶん女性二人をukさんがカメラで撮ってるところかな(笑)
寒いけどまだ少しかかるよ~ 待っててね~

s_IMG_0564_20120103214209.jpg 
少し遅れてシニア隊も無事登頂!

s_IMG_0570.jpg

僕も一番最後に登頂。11時40分。タイムリミットは13時を考えていたので余裕です。

s_IMG_0573_20120103233005.jpg   
全員での記念写真(顔が写っているので小さいサイズで掲載)

黒い雲が北の方から出てきていて、先ほどの青空はまったくなくなっていました。まだこれから天気が荒れる様子だっ
たのでみんなを急かして写真だけ撮ったらすぐに下山。とりあえず吹きっさらしの西南稜は下ってしまいたい。

s_IMG_0575.jpg
下山風景。

s_IMG_0584.jpg 
ワサビ峠まで下って立ち木を風除けにして昼食休憩。昼食中に単独の方が3人、山頂を目指して登っていかれました。
45分と言ってたけど寒いので30分で出発。もう一度御殿山に登り返して振り返ると武奈ヶ岳が見えていました。

この後も天候は荒れて吹雪の中を下山しました。後から山頂を目指した方も吹雪で大変だっただろうなあ。

s_IMG_0589.jpg 
途中でワカンをはずして軽アイゼンを装着し、最後まで安全に歩いて全員無事故で14時25分に下山。とっちゃんさん
とYさんは坊村でお別れし、残りのメンバーは出町柳まで帰ってお正月に開いている銭湯と居酒屋を探して「反省会」。

天候的には厳しい状況ではあったけど、全員の装備もしっかりしていたし、前回と前々回に苦労されたmaririnさん
もあの時ほど悪い状態にならなかったので、割と余裕のある山行だったのではないかなと思いました。

山初心者のなっちゃんから下山後にいただいたメールに「吹雪みたいな時は、まんが日本昔話みたいだー!とひとり
興奮していました」そうです。余裕たっぷりだったようで安心しました。

参加頂いたみなさん、どうもありがとうございました。


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング 
 
スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/657-51c1dacc

トラックバック


コメント

素晴らしい!

by けーふぁく隊長 : URL

バクパパさん

結構な積雪ですね!

かつて単独で1泊2日の年越し登山行ってました。

びわこバレイから縦走して武奈ヶ岳コース。

もちろん前半の縦走ルートは誰一人会うこともなく(笑)

吹雪いてくるとGPSが頼りですね。

前半ルート終盤の下りで滑落し膝の靭帯を痛め、
ロープウェー頂上まで行くのは地獄でした(笑)

今ではその登行の利器もなくなっちゃいましたね・・・

トレッキングシューズで履ける短いFUNスキーとかあると下山は一気ですね輪エアそんなの無いのかなぁ。
代わりに登りがきついですね(爆)

すみません!

by けーふぁく隊長 : URL

寝ぼけていてバクパパさんのブログ同様に投稿してしまいました((泣))

> 素晴らしい!

by てくてく : URL

けーふぁく隊長さん、はじめまして。コメントありがとうございます。よくあることなんで気にしないでください。バクパパさんともよく交流しています。武奈ヶ岳はロープウェイがなくなって、自分の足で登れる方だけの山になりました。特に冬はそれなりのスキルと体力が必要になるので登山者も少ないです。でも冬の西南稜や北稜の景色は最高です。昔はスキー場も八雲ヶ原にありましたもんね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。