ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雪解けの芦生で沢登り

歩いた山の紹介 ] 2011/04/17(日)

s_IMG_7740.jpg 

春の陽気に誘われて芦生へ沢登りに行ってきました。2日前に行く気になりmixiのカレンダーで公開したところ、こはるさんが参加してくれることになりました。「日本一藪こぎの似合う女」のこはるさんと一緒なので、「櫃倉谷往復のお花見山行ではあかんなあ」とプラン練り直しあせあせ

せっかくだから、まだ歩いたことのない「ナメ谷」と「中ノツボ谷」を歩いてみよう。下山もまだ歩いていない内杉西尾根にしよう。こうして、こはるさんと一緒に楽しめそうなルートを決めました。

朝、須後駐車場に行くと、芦生の常連とお会いしました。池さんはトロッコ道を七瀬まで、H2Oさんともりの石ころさんは櫃倉谷へ入られるとのこと。さっそく常連さん達と情報交換。「今年は残雪が異常に多くて危ないところが多い」「トロッコ道ですら雪崩で埋まって危険なトラバースの連続」「奥まで行くなら誰も入ってないので気を付けて」などなどあせあせ

少し離れたところで「お花いっぱい咲いてるかなあ」とルンルン気分で準備するこはるさん。まっいいかわーい(嬉しい顔) 今日はハードな山行になりそうです。 

【DATA】
標高:今回山頂は踏まず
歩いた日:2011年4月17日(日)
天候:晴れ
メンバー:2人
山中行動時間:08時間20分(休憩含む) 

コースタイム 
08:40 須後駐車場出発
09:10 林道内杉線・櫃倉線分岐
09:45 林道終点(沢靴履き替え)
10:00    出発
10:20 坂谷出合
11:00 権蔵谷出合
11:10 ナメ谷出合
12:30 源頭を詰め上がり林道へ(昼食)
13:00    出発
13:45 中ノツボ谷二俣(右俣へ)
14:40 源頭を詰めて林道へ(靴履き替え)
14:50    出発
15:30 P735
16:35 林道内杉線・櫃倉線分岐
17:00 須後へ下山
 
山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


 
 
s_IMG_7586.jpg 
須後駐車場の桜はまだつぼみ。ゴールデンウィーク頃が満開かな?桜
駐車場にはつくしがいっぱい出ていました。この辺のは遅いのでまだ食べごろでした。

s_IMG_7594_20110418131606.jpg  s_IMG_7607.jpg 
林道櫃倉線はまだ雪の中。スタートからこれだけ雪があるのか。お花を探しながら歩いて、林道終点に1時間で到着。雪に足を取られながら歩いたのだけど夏と変わらないペースだ。ここでこはるさんはトレランシューズからフェルト底の沢靴にチェンジ。僕はラバーソールの沢靴一丁で林道も尾根も歩きとおします。 

s_IMG_7612.jpg  
横山峠のトクワカソウの群落はまだ蕾でした。

s_IMG_7616.jpg 
横山峠の下り。雪の急斜面を下ります。僕のラバーソールの沢靴は雪面でもそれなりに蹴り込んで歩けます。でもこはるさんは「フェルトだからすべる~」と叫んでいます。原因がフェルト底にあるのか、歩き方にあるのかは不明です。あせあせ

s_IMG_7628.jpg 
中ノツボ谷との出合の堆積地。日当たりが良くてお昼寝したくなるような場所です。ドングリ再生プロジェクトで昨年ここに180本の苗を植えたけどシカに食べられて全滅しました。今日はここに冬を越せなかったシカの死がいがありました。今年の多く積もった雪でどのくらいのシカが淘汰されたのか気になるところです。この山行でも2回シカを見ました。

s_IMG_7643_20110418131648.jpg 
櫃倉谷のシンボルのトチの巨木。櫃倉谷は久しぶりなのでうれしい再会です。沢の水も雪解けで苔も流されていてエメラルドグリーンでとってもきれい。水に手を浸すと刺すように冷たい。まさかこのあと全身浸かることになるとはあせあせ(飛び散る汗)

s_IMG_7653.jpg 
ここは「苔庭」とよんでいるところ。冬の間、雪の下に埋まって光合成できなかった苔が気持ちよさそうに日差しを受け止めて、緑色も鮮やかでした。

s_IMG_7655.jpg 
有名な「雨宿りの樹」これもトチの木です。今日は違う角度から撮ってみました。この重力に逆らった巨木を支えている根っこがどうなっているのか気になりますね。

s_IMG_7660.jpg 
スノーブリッジ。ちょっと渡れませんでしたあせあせ

s_IMG_7669.jpg 
滝を高巻いてこの岩場を超えれば権蔵谷出合です。岩場には新しいトラロープがフィックスされていましたけど、心もとない太さで「かえって危ないのでは?」と思いました。 

s_IMG_7672.jpg 
櫃倉谷は渡渉の繰り返し。今年初めての沢登り、今年初めての沢靴、今年初めての水が足に入ってきて・・・

冷たい!


s_IMG_7676.jpg 
権蔵谷を過ぎて出てくるいつもお昼ご飯を食べる広場は雪景色。このあたり雪解けが遅くてまだ50cmの積雪でした。

s_IMG_7683.jpg 
いよいよナメ谷に突入です。名前の通りナメ滝の多い谷です。さっそく1つ目の滝を登ります。雪で倒れた木が多く、障害物走の様相です。しかも杉の倒木をうっかりゆらしてしまうと花粉攻撃でくしゃみの連続泣き顔

s_IMG_7686.jpg 
夏場は苦もなく超えられそうな滝も雪がかぶっていたり、乗り越えられないスノーブリッジになっていたりで巻くことが多くなりました。急斜面には手掛かりがないので残雪を利用してステップを切って乗り越えました。

s_IMG_7694.jpg 
この谷、すごくきれいで、新緑の頃にまた来たくなりました。水の音に混じっていろんな鳥の声が聞こえます。時折見たこともないようなきれいな鳥がすぐ近くを飛んで行きました。野鳥好きにはたまらんやろなあ。

s_IMG_7696.jpg 
こういうやさしいナメ滝がいっぱい。夏場なら滑り台にして遊べそうですわーい(嬉しい顔)

s_IMG_7701.jpg 
滝が出てくるたびに「やっちゃう?」「巻く?」と相談。水流が少ないのでシャワークライミングにはなりません。それでも、滝を登っている途中で、雪が崩れて僕は2回も水中に全身はまりました。もうびっしょびしょ。それを見たこはるさんは、いつもは先頭を行きたがるのに今日は珍しく遠慮されていました。あせあせ

水は死ぬほど冷たいのだけど、体は全身使ってるのでポカポカ。濡れた服もすぐに乾いて寒いことは全然ありませんでした。ウェアもずっとベースレイヤーだけで歩けたし。

s_IMG_7705.jpg  s_IMG_7707.jpg
ナメ谷最後のツメです。こういう急登は僕は得意。上から「ガンバレガンバレ」と言う快感(爆)

詰め上がった先は林道。ここも雪の中。12時30分になっていましたので、ここで今日初めての休憩で昼食。単独で歩くときや、こはるさんと歩く時はほとんど休憩を取ることはありません。アルコールストーブでお湯を沸かし、ラーメンとおにぎり。

ここから地図をよく読んで尾根を乗り越して中ノツボ谷の上流部へ降り立つ予定です。中ノツボ谷は芦生の中で一番険しいと言われており、過去何件も死亡事故が発生しています。現在、櫃倉谷本流から中ノツボ谷に入渓するのは禁止になっています。

僕らは、中ノツボ谷の核心部ともいうべき険しい滝場の連続する最後の滝をピンポイントで狙ってその上流に降り立って、荒々しい核心部とうって変るおだやかな源流だけを歩こうと狙っています。そのためには地図読みが決定的に重要あせあせ(飛び散る汗) 今日の核心部です。

でも、実は出発前の駐車場でお会いした常連のH2Oさんから尾根を乗り越す場所の目印を教えてもらっていました。そんな都合のいい目印がわかるものかと思っていましたが、果たしてすぐに見つかり、そこから尾根を乗り越すと見事ドンピシャで最後の滝の上に降り立ちました。このように今回の核心部は、カンニングでクリア。すばらしい情報ネットワーク(爆)

もう覚えたぞ(核爆)

s_IMG_7716.jpg 
最初は最後の滝上部から上流を歩き、別世界のようなせせらぎの源流の景色を堪能。でもこはるさんから「てくさん、この谷違うよ。これは左股で私たちは右俣を遡行しなきゃ帰れない」と指摘。すみませんそのようですあせあせ(飛び散る汗)

s_IMG_7721.jpg 
結局二俣まで下流に向かって下るため、この最後の滝を巻き下ります。 

s_IMG_7723.jpg 
この左俣もいい谷だったのでまた行きましょうね!この谷を詰めれば杉尾峠に出られそうだから帰りは櫃倉谷を使えるよ! いつ行く?(爆)

s_IMG_7728.jpg 
おお!右俣もいいじゃないか!巨木の谷ももちろんいいけど、こういう二次林の平流部はなんとも明るくて気持ちがいい!

s_IMG_7736.jpg 
雪の中に季節外れのナメコを発見!
お昼ごはんのあとで良かったね!(爆)

s_IMG_7738.jpg 
中ノツボ源流も雪が多い!
こはるさん、太ももまでズップリはまってなかなか抜けませんわーい(嬉しい顔)

人の事笑っていると、雪を踏みぬいて落ちましたあせあせ(飛び散る汗)
かろうじて両腕を広げてとめましたけど、両足が宙ぶらりん。生きた心地がしませんでした。両腕を乗せている雪が落ちたらどうなるか。こはるさんは「カメラカメラ」と言ってるけど、無視して必死で這い上がりました。穴をのぞくと落ちてもすぐに地面が合ったのだけど、そんなことわからないもん。「植村直己はこうして逝ったのか」とか脳裏をよぎりました。あせあせ

s_IMG_7740.jpg 
こんな素晴らしい景色を楽しみながらの沢登りなんてなかなかできないですねー。

s_IMG_7742.jpg 
源頭に近づくにつれ、谷は完全に雪に埋まり、まるで冬の景色です。積雪は1m以上でもはや踏みぬく心配もありません。GWになってもこの辺りの雪は残るんじゃないかなあ。

s_IMG_7747.jpg 
詰め上がった場所は狙い通り林道の分岐点にピッタリ!
谷では途中いくつも枝分かれしていて、地形も複雑だったので、地図を片手に持って現在位置をロストしないように読図しながら歩きました。

雪の積もった林道を歩いて下山尾根をめざします。
ここから、先頭はこはるさんに交代。

藪こぎは任せた!あっかんべー

が、ここで失敗。
地図に載っていない林道が出てきてそっちに誘いこまれました。途中まで方角は大きく狂わなかったけど下に見える谷の地形が地図と合わないのが気になりました。そのうち、あるはずのない尾根が向かいに見えてきて「こはるさん、この道違うよ」あせあせ

引き返して無事復帰。

今回、よくわかりました。
僕も谷を歩いていてルートミスしたとき、後ろのこはるさんが気付いてくれました。今回は僕が後ろだった。先頭は、歩きながらいろんな情報を処理しなきゃいけない、沢登りならそれこそ、どの石に足を置くか、直登するか巻くかなどをルーファンしながら同時に考えています。どうしても見落とすことが出てくるようです。まあ、単独の場合でも、もう少し歩けばどうせ気付くのだけど。

後続は先頭が見落とした情報に気付きやすいようです。余裕があって視野が広くできます。だから地図が読める相棒と一緒に山を歩くと道迷いも減らせるなあと思いました。

まあ、昨年同時期にこはるさんと二人でさんざん道迷いしたわけだけど、
あれから二人とも修行の甲斐あって成長したってことであせあせ(飛び散る汗)

s_IMG_7749.jpg  s_IMG_7760.jpg
下山尾根に乗りました。日本一藪こぎの似合う女の雄姿ですわーい(嬉しい顔)

s_IMG_7762.jpg 
迷いやすそうな尾根分岐もすべてクリアして最後もピンポイントで狙った場所に降り立ちました。16:35林道櫃倉線・内杉線分岐、17:00須後着でした。

あまり濡れなかったあせあせ のでお風呂はパスして、出町柳に戻って居酒屋さんで打ち上げ!ビール

--------------------------------

咲いていた花たち(花の最盛期はもうちょっと後になりそう)

s_IMG_7588.jpg  s_IMG_7592.jpg 
▲イワナシ                          ▲ショウジョウバカマ

s_IMG_7602.jpg  s_IMG_7632.jpg
▲ネコノメソウ                        ▲タチネコノメソウ

s_IMG_7645.jpg  s_IMG_7651.jpg 
▲ミヤマカタバミ                       ▲ホクリクネコノメソウ

s_IMG_7662.jpg  s_IMG_7756.jpg
▲トクワカソウ(イワウチワ)                ▲アセビ


s_IMG_7764.jpg  s_IMG_7753.jpg
▲キンキマメザクラ                     ▲タムシバ


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング
 

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/630-aa1dbef9

トラックバック


コメント

早春の森

by 山岡D : URL

いつの季節も素敵な景色を見せてくれる素晴らしいところですね。一度芦生に行ってみたいです。それにしても他の人の気配が全くない写真ばかりですけど、よっぽど山奥なのでしょうか?

> 早春の森

by てくてく : URL

同じ季節でも行く度に景色が変わります。全く登山道のない地形図だけを頼りに歩く山行です。こんなシーズンではまず人に会うことはありませんね。楽しいですよ!


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。