ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生杉群生の尾根歩き(読図付き)

歩いた山の紹介 ] 2010/12/12(日)

s_DSC00777.jpg

マイミクさんたちとまた芦生に行ってきました。参加してくれたのは、よーこさん、紬さん、SACHIさん、chicoちゃん、たけちゃん、いわいわさん、僕を入れて7人。なんとみーんな女性でした。男性も2人来られるはずだったんだけど事情で参加できず。

こんなふうに書きだすと、必ずコメントで「ハーレムでいいなあ」なんて言われるのだけど、全然そんなことなく、「山スカートの下に毛糸のキティのパンツはいてるの」とか弾んでいる会話に僕が参加すると、いっせいに「おっさん!むかっ(怒り)」と言われる泣き顔
それでも正直に言うとちょっとはうれしい訳で、雨が降ったりやんだりの天気でもさわやかに1日を楽しめました。わーい(嬉しい顔)

冬枯れで明るくなった尾根を今日はずっと歩きます。風がなく陽だまりのお天気なら落ち葉の上でお昼寝したりコカリナふいたりして過ごそうという計画でしたが、本降りにならないまでも、寒くてゆっくりできるお天気ではありませんでした。

【DATA】
標高:今回はピークなし
歩いた日:2010年12月12日
天候:晴れ
メンバー:mixiの山友7人
山中行動時間:07時間50分(休憩含む)

 09:00 須後駐車場出発
 09:30 灰野
 10:23 芦生古道への分岐
 10:55 大段山への分岐
 11:25 佐々里峠への分岐
 12:10 雷杉(昼食・昼寝)
 12:45    出発
 15:50 トロッコ道
 16:50 須後へ下山
  
山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング




s_DSC00707.jpg  s_DSC00712.jpg
いつものトロッコ道を歩き、途中から佐々里峠への昔の生活道を登って尾根に取り付きます。結構な急登で汗をかくので天気をみながら雨具を着たり脱いだり、忙しいあせあせ

s_DSC00714.jpg  s_DSC00730.jpg
先頭は、先日読図講習山行に参加されたよーこさんにお願い。一人でアルプスにも行っちゃうだけあって、早い早い。後続が付いてきてないよ~というシーンが何度も。そのスピードで読図もされているのでたいしたもんです。でも、急登が続いたことと、昔の峠道で大きくつづら折れで登るため、距離感が狂ったようで、現在地の特定に苦労されていました。

少し大きめの杉の木が出てくるたびに記念写真がはじまります。こんなとこで時間くってたら日が暮れるよ~わーい(嬉しい顔) それに芦生杉の本番はもっと先だよ~あせあせ

s_DSC00733.jpg 
尾根には立派なブナの木。新緑や黄葉も見ごたえがあります。

s_DSC00734.jpg 
尾根にはしっかりした踏み跡。でも枝尾根にも道迷いの登山者の付けた踏み跡がしっかり残っているので、意外と道迷いの多い尾根でもあります。

s_DSC00736.jpg 
高度を上げるとそこここに雪が残っていました。今週、一気に寒気が入ってきそうだから、そろそろ芦生も雪の季節に入るんだなあ。

s_DSC00738.jpg 
確かに黄葉や新緑の芦生は素晴らしいけど、僕は四季、12か月欠かさず芦生を歩き、その時にしかない芦生の表情を楽しみにしています。初冬のガスの湧く尾根もいいもんです。

s_DSC00740.jpg 
今回も簡単に読図の勉強。とっくに通り過ぎた小ピークを「まだかまだか」と先頭グループは思っていました。

地図とコンパスのにらめっこで視野が狭くなっているようです。そこで、現在地を追いかけるコツとして、「持っている4つの情報を全部使おう」という説明をしました。

「4つの情報」とは、(1)地図から得られる地形、(2)コンパスから得る進行方向、(3)高度計、(4)時計、です。

今回の場合、「時計」が全く使えてませんでした。現在地が明確だったポイントから問題の小ピークまではほぼ直線で250m、アップダウンもほとんどありません。歩きやすい登山道でしたから、ゆっくり歩いて時速3km、つまり10分で500mです。今回の小ピークは、現在地確認したポイントから5~6分で到着するはずだと最初に頭に入れてれば気がついたはずでした。すでに30分たってましたからねえあせあせ

もちろん、わかりにくいとはいえ、特徴的な枝尾根もありましたし、注意深く地形を見ていれば地図とコンパスだけでもわかります。でも時間情報も加えて歩くようになると、「はーん、今のが小ピークやったんやな」くらいわかるようになります。「あまりアップダウンのない登山道ならゆっくり歩いて時速3kmくらい」を覚えとくといいですよ。登りや下り、藪こぎなどは、適当に加減して考えています(適当です)指でOK

s_DSC00748.jpg 
この尾根のシンボル「雷杉」です。落雷で洞の中が黒焦げです。それでも枯れずにいまだにしっかり生きてます。

s_DSC00754.jpg  s_DSC00760.jpg
大きな杉の木の下で雨宿りをしながらお昼ごはん。昼寝もコカリナも寒くてできず、やったのは「尻相撲」
ちがった「おしくらまんじゅう」あっかんべー

s_DSC00772.jpg 
ここから登山道のないルート。先頭は紬さんとSACHIさんにバトンタッチ。ここから芦生杉の巨樹がいたるところに出てきます。巨木を見つけるたびにみんな歓声が上がります。この芦生杉は2年前に来た時にちょうど折れた直後でした。今もそのまま。

そんな時も先頭は読図に必死。なぜなら、ものすっごく地形が複雑で、なだらかな尾根のため、迷いやすいところなんです。

s_DSC00775.jpg 
人間の小さいこと。

s_DSC00777.jpg 
7人全員で手をつないでちょうど一周でした。大きいですねー!

s_DSC00784.jpg 
杉の写真だけじゃ大きさがわからないけど人間が入るとよくわかりますね。

s_DSC00787.jpg 
巨樹を全部写真に撮ってると日が暮れそうです。

s_DSC00791.jpg 
山スカのchicoちゃんが果敢に登っています。その身軽さがうらやましいあせあせ

s_DSC00815.jpg 
そして今日もまたナメコがいっぱい。ホントにいっぱい。もう大騒ぎ。だって12月中旬だよ。こうやってどんどん時間を消費。

s_DSC00818.jpg  s_DSC00825.jpg
先頭はたけちゃんといわいわさんにチェンジ。お二人と僕はmixiの付き合いはあったものの一緒に山に登るのは初めて。たけちゃんは山歩きも多くの経験がありそうで、コンパスでのナビゲーションもちゃんとできていました。いわいわさんは、たぶん今日初めてコンパスを使った感じ。時間はかかるけど、一生懸命吸収されていました。

s_DSC00821.jpg  s_DSC00841.jpg
この尾根の最後は激下り。今まででもお尻をつけてでないと下りられない方もおられました。今日の皆さんは、濡れてすべりやすいコンディションでも上手に下られてました。すぐにこける方も若干おられましたがあせあせ

s_DSC00849.jpg  s_DSC00854.jpg
最後にちょっとだけ渡渉。これも面白い動画があるんだけどあっかんべー

15:50にトロッコ道に降り立ち、16:50に須後に無事下山できました。あの難しい尾根を一度もミスせずに降りられたのは僕もビックリです。なのに3時間という道草の多さにもビックリですがあせあせ

僕がここを歩いた時、最初の3回までは迷ってばかりでした。もっと緑が多くて、下草もいっぱいで、踏み跡などありませんでしたが。

読図の練習を何度かやってきて、みなさん確実に力がついてきたなあと感じました。読図ができれば景色を楽しむ余裕もできるし、道草できる時間も読みやすくなります。

ちょうど今、岳人12月号の特集「2010年山岳遭難を振り返る」を読んでいるのですが、僕らがこうやって地図やコンパスの使い方を勉強してる小さな事がすごく大事やなあって思いました。

冬枯れの芦生もいいけど、やっぱり春や秋は格別なので、今回初参加だったたけちゃんやいわいわさんをはじめ、みなさん、また違う景色を見に芦生に来てください。居酒屋での反省会も含めて楽しい1日でした。また行きましょう!

s_DSC00865.jpg 
おまけわーい(嬉しい顔)


「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/608-4cc1f6f5

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。