ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/地図読みレベルアップ山行

歩いた山の紹介 ] 2010/11/13(土)

DSC00126.jpg DSC00104.jpg
mixiを知って、グループ登山の楽しさを知りました。イベントに参加させていただくことで知らない山や新しい経験をたくさんさせていただきました。そして芦生原生林を案内するイベントを僕が立てたり、CLをする機会も増えました。

運よく今まで事故も道迷い遭難もありませんが、安全な山行ができているだろうか? マイミクのカトリンさんの日記は、そんな事を考えるきっかけを与えてくれました。

> 皆、地図(地形図)読めないのに平気で山歩いてるんだもんw

と地図読み講習山行を関東で計画されています。

芦生原生林は素晴らしいところだけど、尾根も谷も森が深く見通しがきかなくて、登山道はもちろん、道標やリボンもほとんどありません。櫃倉谷やトロッコ道の遊歩道を除けば、他の登山者と出会う確率はものすごく少ないです。低山だけど毎年遭難者が出ている山でもあります。

芦生のイベントやると凄い人気ですぐにいっぱいになります。「一人では歩けないところだから」とよく聞きます。うーん、うれしいけど、これって地図とコンパスで歩けない人ばっかりってことだよなあ。ちゃんとできるかわかんないけど僕も一度やってみるか。

そんなことで、初めて地図の読み方を人に教える機会をつくってみました。大昔に入っていた山岳会で習った時は、屋内講習2日、山での講習2日でした。もうすっかり覚えていません。カケラも残ってない(爆)

僕が今やってるのは、山を再開してから現場で必要に迫られて覚えた事ばかりです。少し本を読んだりしているけれど、たぶん我流。果たして参加者のみなさんに通用するかどうか。そんな不安も正直に伝えて、失敗覚悟でマイミクさんから参加者を募集してみました。

実施したのは一昨日の11月13日。参加してくれたのは、peachさん、hiroさん、よーこさん、のむさん、尚加さん、まっちゃん。僕を入れて7人。みんなモノ好きだ(爆) でもこのメンバーなら失敗して道に迷っても笑って許してくれそう(笑)

7時にいつもの出町柳に集合。全員早めに到着、即出発。このくらいの人数が小回りが利いていいですね。須後駐車場で出発前に15分ほど使って簡単な講習。「地形図に書いてない地形を読むコツ」、「コンパスの代表的な3つの使い方のうち一番大事なのは何か」、「道に迷ったら『わかるところまで戻れ』『谷でなく尾根に出ろ』と言われる理由」をきっちり理解してもらいました。実はみんなつながってるんだよなあ。



山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング



 
 
DSC00052.jpg DSC00058.jpg
今日のルートになる尾根の取り付きです。「こんな急斜面どうやって登るの?」と声が出ましたが、これも尾根って何かがわかっていれば登りやすいところが予想できます。予想が当たって楽に取り付けました。かなり急登ですが、「てくてくさんの計画やし覚悟してたわ~」と言われました。このメンバー、やりやすいのか、やりにくいのか

DSC00064.jpg
標高が確定できる小ピークで高度計合わせ。地図とコンパスに加えて高度計はかなり便利です。とくに下りすぎて登り返す時、傷が少なくてすむことが多いので助かる

「この先、山頂までにいくつのピークがあると思いますか?」とさっそく地形図に書かれていない地形を読む訓練。「4つ」と言った人から「8つ」と言った人までいろいろ もう一度ポイントを話して「実際に確認しながら歩きましょう」と全員で「ひとつ」「ふたつ」と確認しながら理解してもらいました。

DSC00068.jpg
今日は黄葉目的じゃないけど、先週から今週にかけてが黄葉のピークでした。いいときに行けました。他には誰一人歩かない尾根で貸切の黄葉を楽しめました。

DSC00077.jpg
カエデの紅葉。多くの種類のカエデが見られました。あとで調べようと、きれいな落ち葉を5種類まで集めましたが、家に帰ったらバラバラ(泣)

DSC00097.jpg
赤も黄色も混ざり合って広葉樹林の森が輝いていました。

DSC00070.jpg
そして足元は落ち葉の絨毯。サクサク踏みしめて森の奥へ、奥へ・・・

DSC00085.jpg DSC00092.jpg
広い尾根を登ったため、予想と少し違うポイントに出ました。「ここはどこだろう?」コンパスを使い、地図を見て、目の前の景色を見て、みんなで頭を寄せ合い相談中です。僕はじっと待つ(笑)

今日の先頭は「地図読みできませ~ん」と胸を張って言っていたpeachさんとよーこさんを先頭に指名。責任重大で真剣そのもののよーこさん

DSC00101.jpg DSC00104.jpg
細かくルート設定することで現在地を正確につかむ練習。設定ポイントに着いたら、また地図とコンパスを使ってルート設定。最初は全然進まないし、全員の方向が合うまで時間ばっかりかかるし。僕は「やっぱ無理やろか」と思いながらそれでもじっと待つ。ヤレヤレ

でもだんだん、コツがつかめてきたみたい。

いつもの山行だと、休憩の時に地図を出してる人ってごく少数。まして休憩から休憩までの間に地図やコンパス使ってる人って皆無だもんな。僕も一参加者の時はそうだもんな。

だからこういう姿を見るとなんかすごくうれしい。

DSC00105.jpg
よく倒れないもんだなあと思った迫力満点の大木

DSC00106.jpg
風の通り道の尾根はすでに落葉が終わり、明るく見晴らしのいい冬の景色に変わっていました。

DSC00109.jpg
巨木を片手で支えるpeachさん

DSC00111.jpg
足が長いと思ったら底上げしてるまっちゃん

DSC00129.jpg
踏みぬきながら老木を登っていくよーこさん

DSC00118.jpg
「どんなに遅くなっても、お昼まで着いておかないとまずい」と思っていた場所に昼過ぎに到着(汗)
思い思いの昼食タイム

DSC00126.jpg
午後もコンパスをしっかり使って歩きましょう!

DSC00114.jpg DSC00131.jpg
きのこの季節ですねー。左はナメコ、右はブナハリダケだと思ったのですが合ってますか~

DSC00136.jpg
今日、全員が持っているのは地形図に通過ポイントのみ記入したもの。ルートのラインは入れていないので、次のポイントまでどこを歩くかを決めながらルート設定してもらいました。

で、選ばれたルートは、藪こぎ、檄下り、崖つき~
補助ザイルも用意していたので出したけれど、5m程度の崖はみなさん猿のように嬉々として平気で下りられました。ザイルを出した僕はなんだかちょっと面白くない

DSC00139.jpg
下り立ったら林道。つかの間の安全地帯。落ち葉に覆われた林道もなかなかいい感じです。

DSC00143.jpg
そしてこの季節は林道でも黄葉がたっぷり楽しめて退屈しません。

DSC00146.jpg
山全体がいろんな色に。自然林の一番美しい時。

DSC00152.jpg DSC00153.jpg
でも、車道を長く歩くと現在位置を見失いやすいことも知ってもらい、注意深く歩いてもらいました。ほとんどの方は、現在位置をロストされていましたが、peachさんが正確に下降地点を特定されました。ボーっとしてるように見えて、細かい変化を見逃さない注意力がある方だと感心しました。特定したポイントから下降の尾根に乗りたいのですが「ほんまにここか?」と声が出るくらい、檄下り、藪こぎ。信じて突破しました。

DSC00159.jpg
目の前に予想した通りの景色が出てくるのが楽しいとみなさん言われていました。それこそ地図読みのだいご味ですね~。ここも「一番難しいかな」と思っていた地点ですが、迷わず、いや「迷いかけてすぐに修正」を繰り返し、見事に尾根の先端までたどって、素晴らしい景色の大きなコルに出ました。

DSC00162.jpg
このコルは大きな広場で黄葉もきれいで素晴らしい場所でしたね。

そろそろ日没との競争になってきました。でもこの頃には、みんなの地図読み能力は格段にアップ。最初の頃は方向を決めるのに20分とか30分とかかかっていました。「わからへ~ん」「もう一回言って~」の繰り返し。誰とは言いませんが

それが、その誰とは言えない方も含めて、このあたりでは10秒、15秒でピタッと全員のコンパスが合うんです。僕が「コンパスセット。何度ですか?」と言うとすぐに「280度!」「私は279度!」と返ってくる感じです。もううれしくて、もう一周しようかと思いました。

ここからスピードを上げて、さらにいくつもの小ピークを超えて快調に歩きましたが、16:30最後のピークで日没。全員を集めて、ヘッドランプ装着を指示し、急がずにペースを落として慎重に歩くことを注意、ここから先は僕が先頭に立って誘導し、17:17無事に下山しました。車で一杯だった須後駐車場には僕の車だけが停まっていました。

DSC00171.jpg
出町柳まで帰って、解散後、全員参加で居酒屋で乾杯! 

予想以上に充実した1日になりました。地図読みの技術を人に教える初めての挑戦で、僕にとっても大変勉強になりました。参加者のみなさんが、どのように感じられたか、理解できたかどうか、大変関心があります。少なくとも「難しくてわからなかった」と言う方は一人もおられなかったと思います。

景色を楽しんだり、おしゃべりを楽しんだりする山行もいいけど、たまにはこんな機会もつくってメンバーのレベルアップをはかって、いつまでも安全な山を仲間と楽しみたいと思いました。

人柱を買って出て頂いた参加者のみなさん、ありがとうございました。


「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/601-0404eed1

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。