ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


比叡山から横高山、水井山、仰木峠への縦走

歩いた山の紹介 ] 2005/10/01(土)

今日は朝から子どもの運動会で、山登りの出発がいつもより遅く、11時過ぎからのアプローチになりました。安全のために何度も登ってよく知っている比叡山周辺にしました。幸い天気もよく不安材料はありませんでしたが、もう少し遅くなるとヘッドランプでの歩行になりそうでした。

DSCN0941_top.jpg
▲宝ヶ池から見た比叡山(春に撮影)

【DATA】
標高:848.3m
歩いた日:2005年10月01日(土)
天候:晴れ
メンバー:単独
山中徘徊時間:5時間50分(休憩含む)

11:10 修学院駅(叡山電鉄)着(山歩きスタート)
11:30 雲母橋(きらら坂登り口)
12:00 水飲対陣跡
12:40 ケーブル比叡駅(昼食/おにぎり2個)
12:50       出発
13:30 大比叡山頂(小休止)
13:45       出発
14:00 引き返し、ガーデンミュージアム横、根本中堂への分れ
14:30 釈迦堂
15:05 玉体杉(東西の見晴らし最高)
15:25 横高山(765m)
15:45 水井山(794.1m)
16:15 仰木峠(573m)
17:00 野村別れバス停


山行記録と写真は続きをご覧下さい
-----------------------------------

「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


IMG_0433.jpg
修学院駅を降りると北大路通に出ます。東へ行くと白川通りとの交差点に出るので、白川通りを北へ行きます。音羽川の手前を東に入り川沿いに歩きます。やがて写真の雲母橋が見えます。この橋を渡るといよいよ比叡山への本格的な登りです。ここからの登りが「雲母坂(きららざか)」と呼ばれています。


IMG_0436.jpg
雲母坂の登りはこんな感じです。水や風化で深くV字にえぐられた歩きにくい道がしばらく続きます。私のような太った人は横幅が窮屈なところもあります。やがて「水飲対陣跡」という石碑のある十字路があります。名前から水場かと思っていましたが水はありません。


IMG_0440.jpg
水飲対陣の少し手前からは、歩きやすい山道になります。汗をかきながらどんどん高度がかせげます。


IMG_0442.jpg
駅を降りて歩き始めてから1時間半でケーブル比叡駅に着きました。「山と高原地図」のコースタイムは2時間10分ですが、そんなにかからないと思います。写真はケーブル比叡駅からの展望です。京都方面に開けています。今日は、出発が非常に遅かったので、ケーブル駅前の広場で昼食にしました。先を急ぎたいので、おにぎりを2つ食べ、休憩時間は10分で出発です。いつものようにお湯を沸かしたりしませんでした。


IMG_0444.jpg
さらに10分、車の通れる砂利道を登ると比叡山スキー場の下に出ます(写真)。縦走するには、ここから大比叡山頂に行かずに北側の道を進めば早いのですが、せっかく来たので大比叡山頂を踏むことにしました。スキー場の斜面に沿ってアスファルトの道を登ると「ガーデンミュージアム比叡」に出ます。昔はここに遊園地があり、ここのお化け屋敷が本当に怖いと人気がありました。ガーデンミュージアムを左から巻くと山上駐車場に出ます。このあたり、観光客ばかりで登山者は完全少数派です。ふもとから歩いて登ってきたと言ったらびっくりされました。いやいや、山というのは本来歩いて登るものですよと心の中で言いました。


IMG_0447.jpg
どうでもいいのですが、山上駐車場には写真のような大きな売店があり、おいしそうな食べ物やソフトクリーム、カキ氷などが売っています。暑くてのどが渇いているのでフラフラと引き寄せられそうになります。何とか誘惑を絶って先へ進みました。


IMG_0457.jpg
山上駐車場の左(北側)から山頂に続く道があります。山頂にはテレビの中継アンテナや貯水槽のようなものがある裏からちょいと登ったところにあります。標識もなくわかりにくいかもしれません。要するに一番高いところです。


IMG_0461.jpg
山頂から来た道を戻り、ガーデンミュージアム沿いから根本中堂へ行く分かれ道を行きます。このあたりは、根本中堂へ行く道標に従います。写真は途中の展望が開けた場所から見た横高山(右)と水井山(左)です。これから登ります。


IMG_0466-2.jpg左の橋を渡らず真っ直ぐ行けば根本中堂、橋を渡れば西塔、横川へ行きます。この橋を渡ります。結局、今回の山歩きのルート上で一番迷いやすいと思ったのは、このあたりから、お寺のまわりを抜けるまでです。いろんな建物が建っていて「どっちに行けばいいんだろう」と思うところが何ヶ所もありました。わからなかったらお寺の方に「東海自然歩道でハイキングに来たのですが横高山方面はどちらですか」と聞けば教えていただけます。


IMG_0473.jpg
先ほどの橋(下は奥比叡ドライブウェイ)を渡ったところにある建物が山王院、その手前を左に行くと急な石の階段がありますのでどんどん下ります。下りたところにあるのが浄土院、道を左へとり、新しい灯篭の並んだ道をしばらく歩きます。「京都トレル」の道標があり、右の階段を下りるように指示があります。見落として真っ直ぐ進むと拝観券のチェックをされます。私は真っ直ぐ行って、係りの方に手前の階段を教えてもらいました。さらに道なりに行くと大きな建物があります。これが釈迦堂です(写真)。このあたりも観光客ばかり。バス、自家用車、ケーブルカーなどで気軽に来れるのですから当然ですね。


IMG_0479.jpg
釈迦堂の右の道をすすんで行くと修道場の食堂の前を通ってドライブウェイの下を抜ける土管のようなトンネルをくぐります。(写真)


IMG_0481.jpg
この後は良く踏まれた快適な山道を歩いて北方向に縦走です。雰囲気は深山なのですが、すぐ横を奥比叡ドライブウェイがずっと通っている山道なのでエンジン音がよく聞こえてきます。トンネルをくぐって山道歩きになってから30分で玉体杉(写真)です。東にも西にも展望が開け、いい景色です。いつもどおりの朝の時間に登り始めるのなら、このあたりでお弁当がちょうどよさそうです。


IMG_0488.jpg
玉体杉から20分で横高山山頂(写真)です。実は、この横高山への登りはとても急な直登で、本日のコース中で一番しんどい区間でした。山頂の展望はないと聞いていましたが、確かに杉の木が山頂にも生えています。ですが、深い林ではなく木々の隙間からの景色があり、割と明るい感じでした。さらに20分で水井山山頂です。ここはもっと暗い林の中の山頂でした。水井山から仰木峠までがなだらかな下りで案外長く感じた30分。すでに16:15で薄暗くなってきました。峠から大原への下り道は、とても歩きやすい山道です。途中で山道にも水が流れているところがあり、雨の日は流れの中を歩く感じになりそうです。峠から45分で野村別れのバス停です。目の前にコンビニがあります。ちょうど17時、なんとかヘッドランプのいらない時間に下山できました。

時間が遅かったためだと思われますが比叡山以降のコースではほとんど登山者に会いませんでした。玉体杉以降は完全貸切状態。自分のペースでほとんど休憩なしで歩きました。




比叡山1
▲比叡山(地図1)

比叡山2
▲比叡山(地図2)



この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング
スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/59-9384d425

トラックバック

雲母雲母(うんも、きらら、きら)は、鉱物の一種。マイカ(mica)とも呼ばれる。


コメント

写真が美しい

by らお : URL

毎度のことながら写真をみるだけでも
気持ちいいです^^
毎週の山登りでダイエットも進んでいる
ようで、いい感じですね。

>写真が美しい

by ミスターO : URL

らおさん、こんにちは。

>毎度のことながら写真をみるだけでも
>気持ちいいです^^

その気持ちよさでいいんですよ。
もともと山登りは好きだったので、
「ダイエット」は付録でもいいってくらいの
気持ちになります。

そんな山登りを再開するきっかけになった
「ダイエット」とも長くつきあっていきたいです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。