ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南八ヶ岳/硫黄岳、赤岳、阿弥陀岳

歩いた山の紹介 ] 2009/12/13(日)

s_IMG_0982.jpg s_IMG_1117.jpg s_IMG_1004.jpg
「あそこは人が飛ばされる強風が来るから気をつけて」
「気温が簡単にマイナス20度になるところだから気をつけて」
「なだれの多発地点が予定ルート上にあるので気をつけて」
「アイゼン・ピッケル初心者が行く所じゃないけど行くなら気をつけて」

と山仲間から暖かい激励?を受けて、前から行きたかった南八ヶ岳に行ってきました。初めての八ヶ岳なのに、いきなり12月の厳冬期。3000m級の冬山は今年2月の西穂独標以来2回目です。

12月12日から13日の週末、カトリンさん、モリヤンさん、いいぼんさん、ロッタさん、てくてくの5人パーティ。夏の剱岳メンバーで行ってきました。

【DATA】
標高:硫黄岳 2760m、赤岳 2899.2m、阿弥陀岳 2805m
歩いた日:2009年12月12日~13日
天候:曇り/晴れ
メンバー:5人
1日目の山中行動時間:7時間07分(昼食・休憩含む)
2日目の山中行動時間:8時間47分(昼食・休憩含む)

12日(土)
07:15 美濃戸山荘前出発
09:00 赤岳鉱泉小屋着(部屋でくつろぐ)
10:38    出発
12:55 硫黄岳山頂(途中でアイゼン・ピッケルトレ)
13:19    出発
14:22 赤岳鉱泉小屋着

13日(日)
05:00 赤岳鉱泉小屋出発
05:35 行者小屋着(荷物をデポ)
05:50    出発
07:15 地蔵尾根から稜線に出る
08:35 赤岳山頂
08:55    出発
10:38 阿弥陀岳山頂
11:00    出発
11:40 行者小屋
13:47 南沢から美濃戸口へ下山

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


 
 
s_IMG_0874.jpg
前夜発で八ヶ岳山荘の仮眠室(2000円)で3時間ほどでしたが熟睡しました。寝る前、駐車場から空を眺めるとものすごい星空。空中に無数の星が輝いていました。前日に低気圧が通過して週末は回復するだろうと見込んでやってきましたが期待できそうな天気です。写真の建物の二階が仮眠所です。

s_IMG_0906.jpg
歩き始めると前日に降った雪が出てきて、この冬初めての雪の感触を楽しみながらキュッキュと歩きます。しばらくすると樹林帯から視界が開け大同心や横岳の雄姿が視界に飛び込んできました。

あっという間に本日お世話になる八ヶ岳鉱泉小屋に到着。チェックインして不要荷物をデポしてすぐに硫黄岳に向かうはずが・・・

きれいな小屋に想像を超えたいい個室をあてがってもらい、うれしさのあまり、ついくつろぎモード。ゆっくりコーヒーを飲んだりしてから出発。

s_IMG_0929.jpg s_IMG_0942.jpg
急登をがんばると、険しい阿弥陀岳の全貌が見え、迫力の大同心、小同心も。冬山らしくタイミングを逃すとあっというまにガスの中。

s_IMG_0934.jpg
高度を上げると視界も変わり、ついに硫黄岳の山頂を捕らえました。赤岳鉱泉で気温はマイナス6度、急登で汗が流れるほど暑かったです。

s_IMG_0950.jpg
s_IMG_0954.jpg
硫黄岳の山頂手前で登山道からはずれて、浮き石だらけの岩場でアイゼン・ピッケルトレ。モリヤンとカトリンの指導で登ったり降りたり。

前回の西穂では、ピッケルは滑落停止とストック代わりに使うだけ、アイゼンはフラット歩行のみしかできなかったので、独標の登り降りで苦労しました。

このトレで岩場でピッケルを支点にする使い方、アイゼンの前爪2本だけで登り降りする方法を覚えました。できるようになると、うれしくて、何度も何度も練習しました。ただ、今回の八ヶ岳は凍っていなかったので、岩と雪に氷が加わったときに同じようにできるかはまだわかりません。

s_IMG_0962.jpg
登山道から逸れた危ないところで大声を掛け合ってる私たちの姿を、他のパーティが心配そうに見られていました。心配させないように「トレーニング中です」といちいちカトリンが声をかけてくれていました。トレが終わるとやっと山頂、うっ!ゆっくりしすぎてさっきまで晴れていたのに完全にガスの中、展望なし。さっさと降りましょう。下山も岩場でトレしながら(笑)

s_IMG_0995.jpg
赤岳鉱泉小屋まで降りて、今日からオープンした人工氷壁「アイスキャンディ」を見学した後、ビーコントレ。雪崩などで遭難した仲間を素早く見つけ助け出すための訓練です。微弱電波を発信するビーコンを登山者が身につけ、雪に埋まったときに、他のビーコンを使って発信地点を探し出し、ゾンデ棒という3mくらいの折りたたみ式の棒を雪に深く差して人間を探し当て、スコップで掘り出します。

初めてさわるビーコンでしたが、なかなかよくできていました。目標までの距離や方向まで出るし、使い方も簡単でした。原理的にはアマチュア無線のARDF競技と同じようなものです。

s_IMG_1007.jpg
そろそろ夕方になりお腹も減ってきましたが、ここでモリヤンに願ってもないチャンス。実はアイスキャンディを見学してからモリヤンは「今度やりたい、絶対やりたい」を連発されていました。偶然、ここでテントを張られていた山岳会の方がカトリンと知り合いで、道具一式貸してくださり、さらにビレイまでしてくださり、モリヤンアイスクライミングに初挑戦!カッコイイ!もちろん僕は見てるだけ。

夜は暖かい小屋の個室でゆっくり夕食を食べて、そのまま宴会モード。みんなが持ち寄った酒のアテが山盛り。ビレイしてくださった山岳会のお兄さんもテントから引っ張り出して来て(汗)合流。それでも19時前にみんな寝ていました。広い部屋に温かい布団で熟睡。

「そんなに早く起きて真っ暗やのにどうすんねん」と心の中で思ってましたがカトリンリーダーの指示で全員3:30起床。5:00にアイゼン装着済みで小屋前に集合。「これに遅れるとカトリンは怖い」ということをみんな夏の剱で刷り込まれましたので、他の登山者は寝静まっている真っ暗な5:00全員出発準備完了。残念ながらロッタさんは体調不良で下山されることになりました。

今日は八ヶ岳最高峰の赤岳を登ります。急峻な岩場もあり、昨日の硫黄岳でのアイゼン・ピッケルトレが役立つ予定です。

s_IMG_1018.jpg s_IMG_1031.jpg
行者小屋に着いて不要荷物をデポ。まだ夜は空けておらず、ヘッドランプの明かりを頼りに赤岳を目指して展望荘までの標高差750mの急登に取り付きました。思いのほか雪が深く、トレースもわずかでラッセルが必要でした。

s_IMG_1033.jpg
阿弥陀岳に朝日が当たり始めました。朝日に輝く雪山の景色は最高でした。昨日は曇り空でしたが、今日は青空の広がるいいお天気です。

s_IMG_1043.jpg s_IMG_1054.jpg
稜線に出てからは昨日のトレーニングを生かして岩場も楽しんでクリアできました。凍ってないからね。風もなく、歩いている間は防寒は必要ないくらいでした。登り中はアウターもフリースも脱いでシャツ1枚で歩いてました(笑)

s_IMG_1058.jpg
モリヤンといいぼんのツーショット。赤岳の左に富士山も見えてます。モリヤンがすごいのは十分知っていますが、今回ご一緒して、いいぼんの体力には脱帽でした。みんながあえいで登っている急登もモリヤンから遅れず、しかも会話しながら。

s_IMG_1073.jpg
赤岳山頂への最後の登りです。ピッケルをしっかり打ち込んで慎重に登ります。

s_IMG_1087.jpg s_IMG_1090.jpg s_IMG_1093.jpg
赤岳山頂は360度の大展望!北アルプスも南アルプスもぜーんぶ見えました。冬の赤岳山頂は、とてもゆっくりできる場所ではないと聞いていましたが、今日は特別、温かい飲み物と行動食を摂りながら心ゆくまで展望を満喫。

山頂でモリヤンやカトリンのマイミクさんのねるさんとバッタリお会いしました。偶然の再会を喜びあわれていました。今度西穂イベントでご一緒できるそうです。いやあ、とびっきりにぎやかでかわいい方でした。

本当は赤岳山頂から文三郎尾根で下山するつもりでした。でも、予定より早い行動で、いい天気、昨日から見えている阿弥陀岳の雄姿。相談して阿弥陀岳も4人で登ろうと決めました。予定では阿弥陀岳は険しいので、条件が良ければ経験者のみが登り、他は赤岳のみで下山としていました。

s_IMG_1103.jpg
阿弥陀岳に向かう稜線です。見るからに険しい山で赤岳よりも難しいと言われるのもわかります。危ないのわかってるんだから、見るだけにしとけばいいのに、目の前でこんな山を見たらやっぱり登ってみたくなります。

s_IMG_1105.jpg s_IMG_1107.jpg
深い雪と険しい岩場を慎重に登ります。ピッケルもアイゼンもフル稼働です。

s_IMG_1111.jpg
ついに阿弥陀岳山頂。岩場を登りきると一気に視界が開け、他に高いところはどこもなく山頂でした。いいぼん思わずバンザイ!

s_IMG_1113.jpg s_IMG_1122.jpg
赤岳に負けない展望。白山も佐渡ヶ島の山も見えました。またまたまったり山頂休憩(笑)

s_IMG_1130.jpg
阿弥陀岳の下りは登りよりも、はるかに危険で死亡事故も多いとカトリンに注意され、浮かれた気持ちを引き締めて集中力マックスで一歩一歩確実に下りました。

自分ではアイゼンとピッケルを使った雪稜歩きはだいぶ出来るようになったと思いました。でも、後ろからずっと僕の歩き方を見られていたカトリンから2つのことを注意されました。

ひとつは、足さばきが雑で力づくで登っていること。「アイゼンが効いているかもっと丁寧に確認を」、「体が不安定にならないよう歩幅をもっと小さく」と注意されました。

もうひとつは、急な雪面の下りで前のめりになりやすいこと。「もっとかかとに重心を」「下りで前のめりにこけると死ぬよ」と注意されました。

経験のある方に見てもらって客観的に問題点を指摘してもらえるのはありがたいことです。特にカトリンは歯に衣を着せず、単刀直入に言ってくれるので大好きです。「だいたいできるようになった」という根拠のない自信は見事に完全消火。

次回はこの弱点を頭に入れながら丁寧に歩くようにしましょう。

そんなこんなで無事に核心部をクリアして中岳のコルにたどり着きました。ここから行者小屋に下るルートは冬季はなだれ多発地点だそうですが、今日の状態では大丈夫とのことで、中岳沢ルートで下山。シリセードで歓声を上げながら、岩場のコブもそのままジャンプして滑りました。下が柔らかい雪なので平気(笑)

s_IMG_1136.jpg
本当の核心部は気が緩んだときにやってくる。
行者小屋でアイゼンをはずして、南沢を下山。もう、さっさと降りて温泉に入ろうと誰もが思っていたこのルート。ここにきてアイス!

もう鏡のようにツルツルのところがいたるところに。ほら、二人同時にこけている(写真)

僕は割とこういうのは得意で「乾いてる小石の上を歩くと滑らないよ」とみんなに言いながら歩くのだけど、やっぱり、そこらじゅうでこけている。このままだとそのうち誰かケガしそうに感じたので、登山道のルートをはずれて凍っていない藪の中を歩いて下山しました。

最後にみなさんアザだらけになったのではないかと思いますが(爆)
最高に楽しい2日間をありがとうございました。

小屋泊は何度も経験してますが、小屋に泊ってよかったと思ったのははじめてかもしれません。

まさか僕がアイゼンの前爪だけで冬山を登ることになるなんて想像もしてませんでした。

ピッケルがこんなに簡単に確実な支点になるなんて信じられないくらいおどろきました。

そして八ヶ岳はいい山だと初めてにして感じることができました。

同行していただいたみなさん、本当にありがとうございました。
次の西穂イベントも一層楽しみになりました。


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/536-6747fd5e

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。