ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/自然観察会

歩いた山の紹介 ] 2009/10/25(日)

IMG_0178_top.jpg
2週間ぶりの芦生。今日から4週間は秋シーズンで毎週芦生に通う予定です。今日は櫃倉谷の自然観察会に参加させてもらいました。主催者のFさんやIさんは「先生」と呼ぶにふさわしく、「芦生にはシダが何十何種類ある」とか、めちゃめちゃ詳しくてびっくりしました。

他にもH2OさんやTさんなど、芦生の超常連さんも参加されていました。この方たちは僕など足元にもおよばないほど、毎週のように歩かれ、芦生の隅々まで知っておられます。それぞれ単独行をされていますので、今日、一堂に会してお会いできたのでラッキーでした。

8時から歩き始めて櫃倉谷のスベノキ谷出合までの往復で下山が16時30分。8時間30分もかけて歩きました。「すべての植物を説明する気なのか」と思うほど立ち止まってばかりで、行きの林道だけで3時間弱かかりましたから(汗)


山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


 
 
s_IMG_0096.jpg s_IMG_0103.jpg
林道からすでに森は秋の装いで、色とりどりの果実や木の実を観察することができました。紫の実は「ノブドウ」、赤い実は「カマツカ」

Fさんの説明は面白くて必ず「食べたらどんな味がするか」が入ります。毒でない限り、口に入れてみます。渋いのやすっぱいのが多く、口の中がマヒした感じ(笑)

s_IMG_0101.jpg s_IMG_0105.jpg
写真左は「ケンポナシ」。こぶのように見えますが果実です。このままかじって食べると、以外に甘いナシの味!

写真右の大きいドングリがミズナラ。小さいドングリがコナラです。

s_IMG_0107.jpg s_IMG_0117.jpg
写真左:右の枯れた木が「ミズキ」。枝が水平に出ているのが名前の由来だそうです。その左に赤い実をつけている木が「クマノミズキ」。名前は似ているけど樹形は全然違います。

写真右:マタタビの実。猫が狂ったように喜ぶというマタタビです。その実を恐る恐る食べてみました。キウイの味がして美味(笑)

s_IMG_0119.jpg s_IMG_0130.jpg
写真左:枯れた落ち葉が「イタヤカエデ」。多くあるカエデの中でこいつが一番材木として利用されていて「板屋楓」と書くそうです。緑色の葉が「オオモミジ」。京都の寺院の紅葉で有名なイロハモミジの仲間ですが、イロハモミジのように真っ赤にならず黄色くなる木が多いそうです。

写真右:紅葉した「ハウチワカエデ」。天狗が持つ鳥の羽で作ったうちわに似ているのが名前の由来で「羽団扇楓」と書きます。

s_IMG_0133.jpg s_IMG_0135.jpg
写真左:今年たくさんの花を付けた「エゴノキ」の実。写真右は、ドングリの葉で、大きいのがミズナラ、小さいのがコナラ。

s_IMG_0143.jpg s_IMG_0149.jpg
写真左:「サンカクヅル」の果実です。これはブドウの味でとっても美味でした。野生のブドウで他に「ヤマブドウ」と「エビヅル」の3種類があります。

写真右:「オオウラジロ」の実。若いリンゴの味がしました。もう少し熟すともっと甘くなるのかもしれません。帰宅して調べて別名を「ヤマナシ」、「ヤマリンゴ」と言うことを知りました。どうりでリンゴの味(笑)

s_IMG_0155.jpg s_IMG_0159.jpg
花が咲いていない時期、葉っぱだけだとなかなかわからないのがこれ(写真左)。大きいのが「オオイワカガミ」、小さいのが「イワウチワ(トクワカソウ)」。やっぱりよく似ている(笑)

右の写真の赤い実は、「ツルウメモドキ」の実。生け花のアクセントにも使われることがあるそうです。

s_IMG_0156.jpg s_IMG_0157.jpg
3時間かけてようやく横山峠に到着(汗)
すでに色づいている木があったり、中ノツボ出合も落ち葉の絨毯。

s_IMG_0161.jpg s_IMG_0167.jpg
写真左:貴重な「トケンラン」の葉。来年はぜひ花も見たい。
写真右:「チドリノキ」。こんな葉っぱでもカエデの仲間だと教えてもらいました。ちょっと信じられません。

s_IMG_0168.jpg s_IMG_0171.jpg
左:大きなミズナラの倒木でキノコを探しています。
右:今年は「当たり年」だった「ナツエビネ」です。

s_IMG_0174.jpg s_IMG_0177.jpg s_IMG_0185.jpg
雨宿りの樹のミズナラもいい感じに色づいてきました。

キョロキョロしながら森の奥へ。普段僕が芦生を歩いているときは、森全体の大きな景色を楽しんでいて、それで満足しているので個々の木の名前などあまり興味を持っていませんでした。今日は大きな景色と小さな発見の両方を楽しみます。

それぞれ興味があるところで立ち止まって図鑑で調べたり。どんどんパーティの列がバラけるけど、みんな山慣れた方ばかり、声をかけないでも適当なところでみんなの集まりを待ちます。

s_IMG_0188.jpg s_IMG_0189.jpg
この写真は両方とも「サルナシ」の果実です。この実が一番おいしかった!味はキウイフルーツそのもの。熟して柔らかい実ほど甘かったです。マタタビの実もキウイの味がしたので調べてみると、サルナシもマタタビ科の植物でした。

s_IMG_0193.jpg s_IMG_0195.jpg
ドングリを植えようとしたら、超大型ミミズの「シーボルトミミズ」発見。これはまだ小さいほうで45cmのを芦生で見つけたことがあります。

カシノナガキクイムシによって芦生のミズナラは次々と枯死しています。まだ病気になっていないミズナラからは次世代存続のために大量のドングリを落下させますが、ドングリ自体が動物に食べられたり、せっかく芽を出してもシカに食いつくされています。

s_IMG_0202.jpg s_IMG_0205.jpg
そこでFさんたちは、芦生でミズナラのドングリを拾って、芦生に植える取り組みをされています。どれだけ効果があるかは未知数ですが、拾ったドングリを数日水の中に浸けて虫を殺し、発芽を促進して土を掘って埋めてやります。今日もみんなで数百個のドングリを植えました。この中から1本でも大きな樹に成長してほしいものです。

s_IMG_0216.jpg s_IMG_0224.jpg s_IMG_0233.jpg
左:スベノキ谷付近まで来ました。2年前に櫃倉谷最大の栃の木が倒れ痛ましい姿をさらしていましたが、急速に朽ちていっています。一方で倒れた巨体が櫃倉谷をふさぐ形になり、先の台風で上流から流されてきた土砂や流木で流れがふさがれ、ダムのようになってきていました。数年でこのあたりの様子が変わってしまうかもしれません。

中:ハウチワカエデがきれいに紅葉していました。

右:太い蔦のツルが木から別の木へ渡っています。離れた別の木に蔦がどうやってツルを届かせたのか、いろいろ考えているところです。

s_IMG_0236.jpg
櫃倉谷には天然ヤマメがいっぱい。繁殖期に入っているので婚姻色が出ています。なれると簡単に手づかみできます。もちろん食べずに放流しましたよ(笑)

s_IMG_0111.jpg s_IMG_0124.jpg
きのこもいっぱいありました。
左:アカチシオタケ
右:ホコリタケ

s_IMG_0125.jpg s_IMG_0170.jpg
左:コガネタケ
右:クリタケ

s_IMG_0215.jpg s_IMG_0231.jpg
左:天然ナメコ
右:天然エノキ。市販のエノキしか知らないのでびっくりです。

s_IMG_0238.jpg
鮮やかな緑色のキノコ!モエギタケ


たまにはこんな目的で原生林を歩くのも楽しいと知りました。この間、ナラ枯れやシカの食害についてはずいぶん問題意識を持つようになっていましたが、ダム問題や2020年問題など社会の中での芦生原生林の過去・未来についても改めて考えさせられました。

いろいろと教えていただいたみなさん、ありがとうございました。



この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング
 

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/527-6879617d

トラックバック

芦生観察会(2009年10月)開催報告

DATA: 2009/10/25, EOS 5D Mark II, EF24-105mm F4L IS USM 開催日時:2009年 10月 25日 (日) 8:00-16:00 コース:ヒツクラ谷 (須後からスベノキ谷出合まで往復) 参加者数:16名 (福本さん、池さん含む) 天候:薄曇り 10月下旬、『芦生短信』ブログの福本さんと?...


コメント

by nikkor14d : URL

秋満載って感じで気持ちよさそうですね。
ヤマメも手づかみ!なんて、えっ!?(笑)

by F : URL

凄くたくさんのものがあったのですね。写真を撮っているひまがなかったので、どんなものに出会ったか覚えきれませんでした。
名前の記憶も凄いと感心します(ちょっと違うのもありますが・笑)。

しばらく芦生へ通われるみたいですから、どこかでお会いできるかもしれませんね。無理なときは新年会で(笑)

ありがとうございました

by 池さん : URL

てくてくさん、こんばんは。
以前からこちらのブログは拝見していました。

先日は芦生観察会に参加していただき、ありがとうございました。観察会よりも試食会と言ったほうがぴったりする、果実の美味しい山歩きでしたね。てくてくさんとも芦生や登山の話ができて良かったです。

僕のブログから、てくてくさんのブログをリンクさせていただきました。これからもよろしくお願いします。

> nikkor14dさん

by てくてく : URL

コメントありがとうございます。
自然の森の秋の景色はすばらしいです。
京都の寺院の真っ赤な紅葉とは違い、一本一本の木が自分の色を出しています。機会があればぜひ行ってみてください。ヤマメすごいでしょ(笑)

> Fさん

by てくてく : URL

お世話になりました。
1日かけてゆっくり歩いて、じっくり立ち止まってFさんの解説を聞かせていただき、とっても貴重な体験でした。いつも見ているはずの木や植物の一つ一つに名前があって、どんな色の花が咲き、どんな味の実がなるのか。僕は今まで全体としての「森」を感じているだけでした。それでも十分楽しいのですが、やっぱりいろんなことを知りたいと思いました。

この日曜日は悪天候で中止。次の日曜日はまた歩いています。

> 池さん

by てくてく : URL

自然観察会の貴重な機会をつくっていただきありがとうございました。確かに森の試食会と言ったほうがぴったりでしたね。僕も興味を持って歩けば覚えられるかな。

僕のブログからもリンクさせていただきました。家も近くなのでこれからもお付き合いよろしくお願いします。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。