ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/天狗岳~芦生中央尾根(テント泊)

歩いた山の紹介 ] 2009/10/12(月)

IMG_9639_top.jpg

11日(日)18時。日没で真っ暗闇。立ち木につかまりながら尾根からの下降中。「これ以上は危険」と判断し、フォレストビバークを選択。

下ってきた急斜面を安全な場所まで登り返す。水は?食料は?明日どうする?…

「ビバーク」という言葉にいろんな思いが重なって思わず涙ぐむchicoちゃん。


【DATA】
標高:小野村割岳 931.7m、天狗岳 928m、傘峠 935m
歩いた日:2009年10月11日~12日
天候:曇り/晴れ
メンバー:chicoちゃんと2人
1日目の山中行動時間:9時間50分(昼食・休憩含む)
2日目の山中行動時間:9時間52分(昼食・休憩含む)

1日目
08:50 須後に駐車して出発
09:25 由良川渡渉ポイント
09:40    出発
09:47 P901
11:10 P730
11:50 佐々里分岐手前で昼食休憩
12:25    出発
13:08 雷杉
13:57 P911
14:19 小野村割岳 931.7m
15:00 P951
15:35 P927
16:10 P921
16:42 天狗岳分岐
16:54 天狗岳 928m
18:40 ビバーク

2日目
05:40 起床
06:53 出発
07:20 トロッコ道へ下降
07:30 七瀬渡渉ポイント(渡渉、給水、休憩)
08:00    出発
09:17 笠峠南尾根に乗る(休憩)
09:34    出発
09:50 P843
10:16 中央尾根登山道に合流
10:40 傘峠 935m
11:10 八宙山
11:41 ヒノキの巨木
12:20 中山(昼食)
13:44    出発
14:40 ケヤキ坂
15:20 湧水ポイントでコーヒー休憩
15:47    出発
16:45 須後へ下山


山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


 
 
3連休、どうしても土曜日に断れない仕事がスポットで入り、剱北方稜線は不参加の連絡(結局山行自体が中止になった)。芦生に単独で行こうとルートを練っているタイミングで、マイミクさんの写真展で偶然会ったchicoちゃんから「私も行きたい」「じゃあ一緒に行く?」。

予定は、11日~12日の1泊2日。須後→大段谷山→小野村割岳→天狗岳→七瀬(テント泊)→傘峠→上谷→櫃倉谷→須後。人間の踏み入れない森の奥深くへ長い尾根と、芦生を代表する2つの癒しの谷をつなぐスペシャルコースです。ハードな藪漕ぎや渡渉もあります。

テント泊装備だけど、2人だけの少人数での行動だし、テント一式や炊事用具など重いものは僕が持つので、過去の実績コースタイムの1.5倍で行けるだろうとプランニング。荷物は僕が18キロ、chicoちゃんが12~13キロ。

chicoちゃんとは昨年の秋の黄葉の時期、晩秋の時期、今年の新緑の時期にも芦生を歩いています。山登りの対象としては低く目立つ山頂もない芦生の森だけど、西日本最大の原生林が残り、希少動物や植物も含めて多くの生き物が生存している癒しの森。この森を好きになり、大事にしてくれる人が増えることはとてもうれしい。

須後に到着し、入林届を提出して歩きはじめたのが8時50分。今日は登山者が歩くルートと全く逆方向にだいぶ歩いてから山に取り付きます。後から須後をめざしてやってくる登山者の車から、荷物持って反対方向に行く私たちを不思議そうに見られていました。

s_IMG_9595.jpg s_IMG_9596.jpg
そして朝一番の渡渉。期待通りやってくれました(笑)

今日の由良川は先の台風の影響でいつもの2倍くらいの水量。流れも早く、太ももまでの水位を渡っていても踏ん張っていないと流されそうでした。「パンツまでビチョビチョ」。「歩いてる間に乾くよ」

本当は大段谷山へ直登する尾根に取り付きたかったのに、道路から河原に下りたポイントが悪く、渡渉後に修正しようという考えも河原を歩くことができない水位で断念。やむなくP730を経て灰野からの登山道に合流する尾根を登ることにしました。はじめてのルートでしたが、適度に急登の藪漕ぎで標高600mくらいから快適な尾根歩きになりました。

s_IMG_9607.jpg
このあたりにも見ごたえのある芦生杉の巨木が点在していました。杉の巨木を土台にして何種類もの別の木が宿り木として成長しています。登山道と合流してからは昨年の晩秋に歩いたルートです。

s_IMG_9610.jpg s_IMG_9632.jpg
尾根は谷よりも黄葉がずいぶん早くなります。ブナやトチの葉はすでに色が変わり始めています。一部ですが左の写真のように見事な紅葉も。
ブルーベリーのように甘くておいしかった果実(右)

s_IMG_9637.jpg s_IMG_9643.jpg
昨年、12月上旬の晩秋にここまで来て日だまりでお昼寝をした場所です。雷杉は今も元気に生きていました。足元には芝栗がいっぱい。うかつに地面に膝を突いたり手を突いたりするとイガが刺さってびっくりします。

s_IMG_9652.jpg
すでに枯れてしまった芦生杉の土台に無数の宿り木が大きく成長して遠目には葉を茂らせた大木が生きているように見えます。

s_IMG_9655.jpg
なぜかポストのある小野村割岳。ここまでは一般登山者の方も歩かれているルートです。それでもいくつもの枝尾根があり、地図とコンパスを使って歩けないと別の尾根に簡単に迷い込んでしまいます。迷った方が往復の踏み跡をつけているので気をつけましょう。

すでにここで14時20分。chicoちゃんもがんばって歩いているけど、スピードが上がりません。バテているのでなく、単純にマイペースで森の雰囲気を楽しみながら歩かれています(笑)。

この時点で日暮れまでの七瀬到着は微妙になってきました。しかもこの先は僕も初めてのルートです。エスケープするならここから広河原へ下山することになります。でもエスケープの選択は全く考えませんでした。彼女も元気、行く気満々、テントもある、食料もある、日が暮れたらそこで泊ればいいだけ。

s_IMG_9659.jpg
天狗岳をめざして踏み跡もあやしくなってきた迷いやすい尾根を地図を見ながらトレース。尾根の方向が複雑に変わるので落ち葉で踏み跡の消えるこれからの季節は自信のない方は入り込まないのが無難です。見飽きるくらい芦生杉の大木が出てきます。

天狗岳手前では森も深く、まだ16時前なのにヘッドランプが必要なくらい真っ暗になったところもありました。夏と違い日没も早いです。

s_IMG_9675.jpg s_IMG_9678.jpg
16時54分天狗岳山頂。2007年に別ルートで来た時にあった山頂表示がなくなり、どこが山頂かわからなくなっていました。ここから七瀬に延びる尾根はブナがきれいな森だと聞いていたので楽しみにしていました。しかし、もう日没カウントダウンです。

それでもブナ林に心を奪われるchicoちゃん(笑)

渡渉、藪漕ぎ、迷いやすい尾根をさんざん歩いてたどり着いた天狗岳。その山頂からテント場予定地の七瀬へは、由良川本流に落ちている尾根を立ち木につかまりながら下降しなければなりません。

「できれば七瀬まで。危なそうならビバーク。暗闇での特攻はやらない」と自分でルールを決めて薄暮の中を慎重に下りました。徐々に斜面が急になり、藪が出てきて真っ直ぐに進めません。由良川本流の音がよく聞こえてきたので目と鼻の先まで来ているようです。しかしついに真っ暗になり、どこが尾根かもわかりません。

「もし下がガケだったら」「もし下降点に河原がなく、本流の深い流れに落ち込んでいたら」「下降できても真っ暗な中を安全に渡渉できるか」等々リスクを考えると、「快適なテント場で鍋料理」を天秤にかけるわけにはいきませんでした。

心はビバークに決めてchicoちゃんに「安全な場所まで登り返そう」と伝え、ビバークの言葉は出しませんでした。これからしんどい登り返しなのにショックが大きいと思ったからです。

「ザックが重かったら空身でいいよ」「全然大丈夫です!」の返事に「まだ元気やなあ」と感心しました。chicoちゃんが続けて「でも、もう一度下るのはムリです」と言ったのを聞いて「ああ、カラ元気を出して頑張ってるんやなあ」と気が付きました。

ようやくテントを張れる場所まで戻り、「よく頑張った!ここでビバークしよう」といったらchicoちゃん本気泣き。思わず「その涙はどういう意味があるん?」と聞き返してから「もうちょっと気の利いたこと言わなあかんなあ」と反省。「こんなんどうってことないって。誤差の範囲や。計画が甘かったみたいでゴメンな。せっかくやからここで楽しもうや」とさっさとテント設営にかかりました。

テントを張ってしまうと、ここはここでいい環境に思えて、キャンドルローソクに火を入れ、コーヒーで休憩。やっと落ち着きました。

こういうときに心配なのは水。chicoちゃんの残り500cc、僕のほうは合わせて1.5リットル。いつも予備1リットル持って歩くので助かりました。夕食は豪華な鍋料理の予定でしたが明日の昼に回して、今夜は水を使わないメニュー。おつまみも出して、ワインを1ボトル2人で飲んでしまいました。見上げると木々の隙間から満天の星空。テントに入ってからも、仕事のこと、恋愛のこと、子育てのこと、いつまでも話し続け、22時を回った頃にやっと眠りました。神経が興奮していたのでしょうね。

s_IMG_9685.jpg s_IMG_9687.jpg
朝、5時40分起床。快晴。でも森の中はまだ暗い(笑)
2日目の行動をどうするか朝になってから決めることにしていたので相談。ショックも大きいだろうし七瀬からトロッコ道で須後に下山という選択肢も用意しておいたのだけど、chicoちゃんは「行く!行く!」と言う。すっかり回復(爆)

そうと決まればテント撤収し、朝食とって出発。明るくなれば尾根の下降なんて楽勝。あっという間に七瀬(笑)

水筒に水を補給。顔も洗って、カップに2杯も水を飲んで。うま~(笑)

s_IMG_9710.jpg s_IMG_9713.jpg
七瀬から傘峠南尾根に乗るため七瀬中尾根の急登・藪漕ぎ。芦生の藪漕ぎルートをいろいろ歩いてきたけれど、ここが一番きつい。きれいな紅葉も目に入っているのかどうか(笑)。一人では40分で抜ける標高差300mを1時間30分。かかりすぎやろ~(汗)

ということは、どう考えても予定ルートでは今夜もビバーク(爆)
相談の上、芦生中央尾根は予定通り歩いて、中山から下谷林道、内杉谷林道で須後に帰ることにしました。

ということは、「この尾根でいっぱい遊ぼう!」に切り替え(笑)

s_IMG_9724.jpg s_IMG_9728.jpg
ヤマボウシの果実。木をゆするとバラバラ落ちてくるのでそれを拾い集めてデザートタイム。桃のようなイチジクのような美味。「皮が苦い」と皮を器用に剥きながら何個も食べるchicoちゃんの顔はリスのようでした。

写真右は中央尾根のブナ林ゾーン。お気に入りの場所です。

s_IMG_9730.jpg s_IMG_9735.jpg
傘峠935mは京都府で標高7位の山。昨日登った小野村割岳が8位、天狗岳が9位です。傘峠も八宙山も三角点はなく、このプレートを見落とすと気付かずに通り過ぎるような尾根道の「コブ」です(笑)。

s_IMG_9745.jpg s_IMG_9753.jpg
お気に入りのブナ林ゾーン「その2」です。さっきと違う場所。こういう大きなブナが今はまだ残っていますけど、芦生全体ではブナの大木が毎年倒れています。残念なことに世代交代するブナが育っていないことです。温暖化の影響も言われていますが、一番は鹿の食害で、芽を出しても食べられちゃうからだと言われています。

もう1枚、大きなブナ(写真右)です。お気づきでしょうか?
すでに黄葉し、ほとんど落葉していました。尾根の黄葉は早いのですが、この時期とは驚きです。

s_IMG_9764.jpg s_IMG_9772.jpg
面白い形の木に見入り、穴の開いた木があれば覗いてみたり、くぐってみたり。物見の小屋のあった巨大ヒノキにはとうとう登ってしまった(笑)。降りる姿がまた傑作だったのですよ(爆)

s_IMG_9779.jpg s_IMG_9785.jpg
お昼御飯はいつもの長治谷まで行かずに由良川のお気に入りの場所で。素晴らしい景色を眺めながら、昨日の夕食になるはずだった鍋料理。肉も痛んでなく、豆腐も原形を保ったまま。食材はすべてchicoちゃんにおまかせ。煮込みうどんまであって大変美味でした。安心して嫁に出せます(笑)

s_IMG_9801.jpg
長い林道をマイペースで歩き、途中の湧水の場所でコーヒーを入れて、最後までまったり満喫した1泊2日の芦生テント行でした。

-----
2日間のGPSログ:歩行距離38km、累積標高差2798m


この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング
 
スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/526-7a4612fb

トラックバック


コメント

櫃倉散策1025

by 高橋秀治 : URL

本日の櫃倉散策ありがとうございました。
また、芦生の山でお会いできるのを楽しみにしています。男子2名で参加の内のキャラバンの沢靴ですかと尋ねた、遠近のメガネをしていた高橋です。

> 櫃倉散策1025

by てくてく : URL

ご一緒いただきありがとうございました。
一人で歩くことが多いので、いつも見ている木なのに名前も知りませんでした。いい勉強になりました。

芦生で見かけたら声をかけてくださいね。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。