ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/初冬の尾根歩き・落ち葉の布団でお昼寝したい!

歩いた山の紹介 ] 2008/12/13(土)

s_IMG_3562.jpg s_IMG_3566.jpg s_IMG_3591.jpg
黄葉の季節を過ぎると芦生まで足を延ばして森を歩く人はほとんどいなくなります。でもね、長い雪の季節に備えて落葉した原生林は、太陽の光と熱が地面に届き、暖かくて、とっても明るくて、見上げれば空が大きく、木々のかっこいい形を見ることができる、そんな素敵な季節なんです。

今日は快晴で12月中旬なのにとってもあたたか。のんびり尾根歩きと、落ち葉のお布団に寝っ転がって光合成、太陽と森のエネルギーを充電してきました。chicoさん、メグさん、イズさん、尚加さん、ひよこさんと僕の6人の元気でにぎやかでよく笑うメンバー構成でした。

【DATA】
標高:今回はピークなし
歩いた日:2008年12月13日
天候:晴れ
メンバー:mixiの山友6人
山中行動時間:07時間20分(休憩含む)

 08:45 須後駐車場出発
 09:15 灰野
 10:30 芦生古道への分岐
 10:50 大段山への分岐
 11:30 佐々里峠への分岐
 12:10 雷杉(昼食・昼寝)
 13:40    出発
 15:15 トロッコ道
 16:05 須後へ下山
  
山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

 
 
s_IMG_3480.jpg s_IMG_3486.jpg
須後山の家の駐車場に車を停めて出発。由良川は少し水位が高く、透き通った水に魚が泳いでいるのがよく見えます。灰野から佐々里尾根をめざして杉林の植林を歩きます。思ったよりも暖かく、歩きはじめてすぐ上着を脱ぎ、長そで1枚程度でちょうどでした。

s_IMG_3500.jpg s_IMG_3516.jpg
大きな木が枯れて倒れた土台の上に新しい生命が宿って、なんとも素敵な自然のアート作品が生まれていました。途中に、昔に住んでおられた人の痕跡を残す炭焼き釜跡や「ばん」取り跡がありました。

木を枯らさずに、手斧で必要な板だけ切り出したのだそうです。高度な職人技でその職人を「ばん師」と呼んだそうです。ちょっとかっこいいですね。「あとは野となれ山となれ」の世の中、このような昔から行われてきた自然と共生するための知恵を学ぶことは大事ですね。「毛だけいただいて、何回でも再生できる羊毛もエコだねえ」などと関係ありそうな話を立ち止まって次々にするもんだから、なかなか先に進みません 。

s_IMG_3523.jpg s_IMG_3530.jpg
尾根に出ると大きな杉の木。chicoさんとメグさんがのぞいているウロの中が焦げています。大きな木には雷が落ちやすく、木の中の空洞を焦がしたり燃やしたりするようです。今日お目当ての有名な赤崎尾根の「雷杉」以外にも中が焦げた杉の木をたくさん見つけられました。右の写真はクマハギの跡です。芦生の森を歩いているといたるところにクマハギを発見することができます。

s_IMG_3532.jpg s_IMG_3537.jpg s_IMG_3538.jpg
s_IMG_3543.jpg s_IMG_3544.jpg s_IMG_3546.jpg
明るい尾根。暖かい日差し。葉が落ちてかっこいい木の形。空がとっても大きい。

s_IMG_3583.jpg s_IMG_3572.jpg
赤崎尾根の「雷杉」は木の中が大きな空洞になり、雷で燃えたのか真っ黒焦げになっています。見た人を驚かせるのは、全身重度の大やけどを負っているこの杉の木が、今でも葉を茂らせてちゃんと生きている姿です。

ここでお昼ごはんを食べました。尚加さんは生卵持参のチキンラーメン、ひよこさんは新鮮な白菜を入れてマーボー春雨、chicoさんはもやしをいっぱい入れたラーメン、僕は西穂シュミレーションで簡単リゾットなど思い思いのメニュー。最近ではガスコンロは個人装備ですね。

ひよこさんに大きなイチゴ、尚加さんにコーヒーをいただいてゆっくり休憩。

s_IMG_3566.jpg s_IMG_3591.jpg
s_IMG_3602.jpg s_IMG_3594.jpg
ご飯のあとはお昼寝タイム。落ち葉が敷き詰められた地面の上にゴロン。日だまりがとっても暖かくて気持ちいい。見上げれば大きな空。目線に落ち葉。こんなのんびりした山歩きもいいもんです。

完全に深い眠りに落ちたのはイズさん。両手を広げて全身で太陽をあびるchicoさん。

s_IMG_3606.jpg s_IMG_3608.jpg
先週の遭難事故が話題になりました。須後の仮入林届のポストには10年間の芦生での遭難数と死者数が張り出されていました。山でやむを得ず一晩ビバークする必要が起こったとき、ツエルトがあれば助かります。でもまだまだ持っている人が少ないし、持っていても使い方が分からないと。

時間があったのでツエルト講習会。オーソドックスに立ててみました。この立て方で数分。底を貼り合わせて2人が寝れて、底なしにして広げると6人全員が座って入れました。

ツエルトをかぶってみんなびっくり・・・「暖かーい」と歓声。「なるほどこうやって使うと6人も入れるんだ」「これなら吹雪かれたときのお昼ごはんも快適やわ」「ツエルトだけじゃなく細引きを持たなくちゃ」「ポールがなくても立ち木や山の斜面を利用したらいろんな使い方ができるよ」などと感想や応用方法を交流。

百聞は一見にしかずですね。きっとみなさんツエルトは単なるお守りではないことをわかってくれたと思います。来年にツエルトを持ってビバーク訓練の山歩きも計画することになりました。

それにしても、若い女の子とピッタリくっついて。こんなビバークならぜひともしてみたいもんです。

s_IMG_3626.jpg s_IMG_3620.jpg
昼食後は赤崎中尾根を歩きます。この尾根は芦生杉のメチャメチャ大きな木が群生していることで知られます。でも尾根が入り組んで地図では読み切れない複雑な地形をしていますので、始めて行ったら必ず迷います。昨年もここで遭難が出ています。そして、今日も若干迷いました。例によってすぐにリカバーできました。ああよかった。

s_IMG_3633.jpg s_IMG_3638.jpg
s_IMG_3644.jpg s_IMG_3647.jpg
巨大な自然の力。絶対不動に見える巨木が真っ二つに裂けて倒れていました。倒れた巨大な杉の木の葉はまだ青く、ごく最近に倒れたようです。さけた木の幹は白い木肌がむき出しで、ひよこさんが杉の木の匂いをクンクンとかいでいます。

s_IMG_3654.jpg s_IMG_3661.jpg
s_IMG_3663.jpg s_IMG_3669.jpg
次から次から出てくる巨木。いちいち立ち止まり、真下まで行って見学。たっぷり時間があるからいいけど、単独の時ならチラ見で通り過ぎるところもじっくり見られて新しい発見も。見あきない景色。見たことのない別世界の景色。

みんなが巨木を見ている間に、地図と磁石を何度も出してルートチェック。この巨木の群生地のあたりのルートは踏み跡もなく、尾根も複雑でわかりにくいです。

s_IMG_3685.jpg s_IMG_3697.jpg

最後は落ちるように下る激下り。芦生の尾根の最後はこういうとこ多いですね。今日のメンバーは斜面を怖がらず、体重を前にかけて上手に降りてきます。「真下に川が見える」「スキーのよう」「転がったほうが早い」いろんな軽口をたたきながらあっという間にトロッコ道に無事下降。

s_IMG_3720.jpg s_IMG_3722.jpg
さすがに落ちたトロッコ橋は渡れません。果敢にモデルになってくれたひよこさん。赤崎谷の出合で危ないので登山道はずっと手前でう回路がつくられ、通行禁止になっています。赤崎尾根から下るとこの通行禁止のど真ん中に出てきます。

s_IMG_3724.jpg
橋を渡らず、谷に下りて渡渉をしてトロッコ道に戻ります。

ちょうど4時に下山。みんなで河鹿荘のバラ風呂に入り、出町柳まで戻って、よく行く南国料理のお店で反省会。

のんびり、まったりハイキングの割には結構歩きました。


スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/414-57150045

トラックバック


コメント

スノシュー記事待ってます。

by 秋の山 : URL

愛読者です。
しばらく記事がなかったので
心配していました。
スノシュー記事待ってます。

>スノシュー記事待ってます。

by てくてく : URL

秋の山さん、はじめまして。
愛読者なんてうれしいこと言ってくださる(笑)
スノーシューもいろいろ行ってるのですが、
日記が追い付いていないんです(汗)
ブログではちょっと反応が少なくて寂しい
ので、最近はmixiメインで更新していました。
こちらは遅れ遅れで。
まさか、秋の山さんのように更新を待って
頂いている方がおられるとは思いませんでした。

最近では、スノーシューで蛇谷ヶ峰、武奈ヶ岳、大普賢岳に行きました。
近く、西穂高岳、八ヶ峰に行く予定です。
順次ここにもがんばってアップしますね。

mixiと違って、このブログではコースタイム
を載せて、山行日記のインデックスから過去
の情報も見られるようにしているので、mixi
とは違う利用価値があると思っています。

なかなか仕事が忙しくて遅れがちですが、
これからもよろしくお願いします。

やはり・・・

by 秋の山 : URL

やはりmixiに入れ込んでおられたのですね。
私は時間の制約上 単独行
それも早朝登山しか出来ないので
mixiには禁欲的です。
坊村に5時頃到着して
ヘッドランプで
武奈ガ岳に登っています。
どこかでお会い出来ることを
楽しみにしています。

> やはり・・・

by てくてく : URL

入れ込んでいるわけではないのですが、
mixiのほうが情報交換量がずっと多いので
そちらが先になってしまいました。
こういうメッセージをいただくと励みに
なります。
溜まっているレポートもどんどん載せていきますね(笑)

朝5時坊村発で武奈ヶ岳ピストンだと、早ければ8時半か9時前には下山ですね。

雪が積もる前、7時頃から登り始めて、途中で下山の方とすれ違って驚いたことがあります。
もしかして・・・(笑)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。