ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/ヨモギ谷中尾根/藪漕ぎ、道迷い、ガケ下り付き

歩いた山の紹介 ] 2008/09/28(日)

11月にやるmixiの芦生イベント山行の下見に行ってきました。下見なので2~3人のつもりだったのですが「芦生に行くときは声をかけて」と言われていた方に声をかけるとあっという間に9人も!

山慣れた面々で、集合時間や装備、ルートの相談などはパッパと決まって人数の割に準備は楽チン。お昼ごはんは、リクエストに応えてみ@さんが出張大正亭。鍋2つ、水、食材などを分担して歩荷。TAKAさんはそのために50リットルの大型ザックで参加。

歩行距離23km、累積標高1444mと甘くない予定ルートなのに「お昼に鍋なんてしていて大丈夫なのか?」とは誰も口に出しません。さらに僕は5日前の愛宕3山の山歩きで大きな靴ずれができ、左足のかかとの皮がめくれた状態でハイテクバンドエイドを使って治療中ままの山行となりました。

今回、デジカメのカラー設定をうっかり変えていたようで、「緑色を消す」というとんでもない設定のまま写真を撮ってしまいました。もうがっかりです。変な色になっているのはそのためです。


【DATA】
標高:901m 山名なしのピーク
歩いた日:2008年9月28日
天候:曇り
メンバー:9人(こはるさん、み@さん、ひよこさん、イズさん、こうちゃん、TAKAさん、さちちりん、すけちゃん、てくてく)
山中行動時間:07時間13分(休憩含む)

 09:07 須後出発
 09:30 灰野
 09:37 ぶな平
 10:10 小ヨモギ小屋跡
 10:28 蓬谷中尾根取り付き点
 12:00 P901(昼食)
 13:00    出発
 13:45 林道に出て以後、ケヤキ平を経て林道内杉線
 16:20 須後へ下山
 
  
山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


 
 
IMG_1574.jpg IMG_1580.jpg
今回の予定ルートは、トロッコ道をしばらく歩いてヨモギ谷中尾根の標高差500m一気の急登、P901を経てブナノキ峠から芦生中央尾根、上谷、内杉谷林道でした。

まずはヨモギ谷の対岸から由良川本流を渡渉。今日は沢靴でないので靴を脱いで冷たくなった水の中を渡ります。渡渉が苦手なさちちりんが立ち往生、夫のTAKAさんは知らん顔でさっさと渡渉完了、み@さんが男らしく(笑)救援に戻ります。

渡渉中に足を滑らせてこはるさんがドボン!さらに尾根の取り付きまで由良川本流の河原をしばらく歩きます。が、河原のないところは岩場のヘツリ。こうちゃんが素早くお助けひもで女性陣をサポート(さすがにスマートな救援です)

やっと尾根の取り付き点。ここまで来るのに結構大変で「これは一般イベントは厳しいなあ」とみなさんの意見。もちろん今日のメンバーなら楽勝で、これからの未踏の尾根歩きが楽しみです。この尾根は結構痩せていて、下から見るとどこからでも登れそうですが、登れるポイントは1か所しかなく、うまく見定めないといけません。もっともこの尾根を登りで使うようなもの好きはいないんじゃないかな(笑)

IMG_1589.jpg
痩せ尾根も途中からは広くなり歩きやすくなりました。しかし、ホントに急登です。ほとんど休める場所がないまま呼吸を整えながら一歩一歩がんばります。幸い、靴ずれの左足も悪化せず、なんとかなりそうです。ひよこちゃんも新品の登山靴で参加、快調に歩かれています。

IMG_1597.jpg
尾根の上部は杉とブナとコナラの混成林でした。時々大きな芦生スギが出現して歓声があがります。こはるさんとTAKAさんは今日もデジイチ持参。あんな重いもんよく山に持っていくよ(笑)

なかなかハードな急登で、「この登りも山が初めてなんて方がイベントに参加されるとまずバテバテになっちゃうだろうね」との意見で一致。なんかもう、このルートは今日限りになりそう(笑)

でも、デジカメの写真が悪いので載せられませんが、小ヨモギ谷や小野子東谷の源頭あたりは、原生林ならではの景色が広がり、ここを11月の黄葉期に訪れると最高だろうなあって立ち去りがたい風景に出会うことができました。

IMG_1611.jpg

ピーク901でちょうどお昼。この時点で予定ルートどおり歩けないことが確定。僕の見込みでは昼までに最低でもブナノキ峠、できれば傘峠か八宙山あたりまで行っておきたいところでした。朝の9時出発では行動範囲が限られますね。

ピークは気温も低くてみなさん雨具の上着やダウンを着こまれていました。P901でお待ちかねの出張大正亭の開店(笑)今日のメニューは「酸辣湯(さんらーたん)」というお鍋。いつもながら手が込んでいて、少し辛くて最高でした。寒かったからね。

大きなお鍋に3ラウンド完食!きれいになくなりました。み@さん、ありがとうございました。

IMG_1632_20081020140337.jpg

P901から一旦林道に出るのですが、ここがわかりにくかった。地図によって林道の終点がまちまちで、高低差の少ない林道終点付近をめざして下りましたが、1回目は失敗。高度計を見ながらの下降でしたが下りすぎました。もう一度現在地がわかる場所まで登り返し。急にみなさん無口に

単独の時はこの程度の道迷いというか、道まちがいというか、道ではない、、いずれにしてもこんな事はしょっちゅうあって、これも楽しみなんですけど、大勢で歩いていると結構プレッシャーですね(笑)

今度は林道終点よりも手前をめざして下降することにしました。見るからに激下りで、現在地も下降する方角も間違いないので確実に下には林道があるはずなのですが、もしまた引き返しになったら、ちょっとまずそうな空気。

ここは一番若く元気印のイズさんを指名して2人でルーファンに出ることにしました。残りの7名は尾根で待機、助ちゃんと無線の周波数を合わせ、こうちゃんに7名が下る際の先導をお願いして先遣隊2名出発。落ちるような斜面を立ち木をつかみながら一気に下りると林道発見。でも最後、ガケです(汗)。これもよくあることなので、ガケから落ちないよう気をつけながら水平に移動して降りられそうなところを探します。

よし、ここなら少し斜面になっているし、降りられるだろう。無線で「よーし来い」の連絡、上から声が聞こえる方向を確認して無線で「もう少し左に修正」などと降り口に導きます。みんなが確認できたところで、ぼくとイズさんが10mくらいの最後のガケをおります。岩でなくほとんど土なので危険もありません。この程度なら、服をよごさずに足で降りられました。

ところが、面白いんです。だって自動販売機からジュースが出てくるように落ちてくる?んですもん。ここでもこうちゃんがシュリンゲでサポート。うら若き女性たちがドロドロ、楽しかったね(笑)

結局、ここで雨も降り出して、すでに14時。満腹で冒険気分の尾根歩きも満喫し、下山後は居酒屋で反省会の予定もあったので満場一致で、このまま林道歩きで下山することに決定。

雨はすぐに上がったので「せめてブナノキ峠の三角点に登りませんか?プラス30分で行けますよ」と誘ったのですが誰ものってこず振られてしまいました。みんなもう頭は居酒屋のようでした。ブナノキ峠に直登する取り付きの少し入った木の枝に以前登った時http://kitayama.blog23.fc2.com/blog-entry-391.htmlになくした僕のタオルがひっかかっていました。7月27日からちょうど2ヶ月ぶりの再会でした(笑)

16時20分に無事下山。今日は河鹿荘のお風呂によらず、一路出町柳へ。車を24Hのパーキングに朝まで放り込んで、全員で居酒屋さんにて賑やかな「反省会」を楽しみました。なんか楽しくてかなり飲んでいました。近所なのに帰り道で迷って遠回りしてしまいました。みなさんは無事に帰れたのでしょうか

今回は予定のハーフコースになってしまいました(と言ってもGPSのログを見ると歩行距離は18.5Kmも歩いていました)。芦生中央尾根はみなさんをぜひご案内したかったのですが残念でした。須後から日帰りで芦生の真ん中に入るのはやっぱりなかなか大変です。前夜泊で早朝出発が必要ですね。一般向けの芦生イベントは根本的に考え直します。

ご同行いただいたみなさんありがとうございました。また行きましょうね。



この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/401-3819fb00

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。