ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/小野小西谷の沢登りと芦生の屋根を歩く

歩いた山の紹介 ] 2008/07/27(日)

IMG_4999.jpg IMG_4995.jpg IMG_4994.jpg

マイミクさんから山にせっかく誘って頂いていたのに、週末にいろいろあって、今日はどうしても一人で過ごしたかったので芦生に入りました。森の奥深く入って、くたくたになるまで歩きたい気分でした。

予定コースは、須後からすぐ入渓できる小野小西谷を遡行し、源頭まで詰めあがってブナノキ峠に直登、傘峠、八宙山と芦生ド真ん中の屋根を歩いて、長治谷から上谷、杉尾峠から櫃倉谷へと日帰り3コース分を歩いてしまおうと思っていました。

残念ながら八宙山を超えた尾根上にいた12時過ぎからものすごい雷鳴と雨模様になったので、一気に中山に降りて後半の予定を変更し、安全策で下谷林道、内杉谷林道で下山しました。一時、真っ黒の雷雲に覆われて、お昼なのに森の中にいるとヘッドランプがいるくらい暗くなりました。

予定どおりにいかなかったものの、早朝6時40分に歩き始めて15時まで森の奥深くをたっぷり歩いてきました。駐車場は今日も満車でしたけど、最後まで山では一人もお会いしませんでした。静かな山に浸ることができました。

 
 
IMG_4972.jpg
芦生最終民家の井栗さんの裏にテントが2張り

IMG_4975.jpg
小野小谷の入り口です。駐車場から10分で入渓できるのがこの沢の魅力。

IMG_4988.jpg
苔むした岩と澄んだ水の芦生らしい景色に出会ったと思ったらちょうど朝日のタイミングでした。

IMG_5006.jpg
数mの滝がいっぱい。写真の滝は巻くこともできますが、滝壺に胸まで浸かってシャワーを浴びてど真ん中を登りました。

IMG_5009.jpg
ここがよく「落ちた」ってレポートのある渕です。思ったよりも小さく、太ももまで浸かって一発クリアできました。

IMG_5018.jpg
枝沢にものすごく落差のある滝、水量は少ないけど何十メートルもの滝、こんなの芦生で初めて見ました。
 
IMG_5023.jpg
どこを登ろうかな?
 
IMG_5025.jpg
東沢と西沢の出合にある巨樹。思わず声が出てしまいます。

IMG_5040.jpg
でっかいトチの木

小野小谷も昔はトロッコの線路が引かれていたそうです。その名残か、ところどころに登山道らしきものがありますが途切れ途切れです。テープも何もありません。何カ所か沢の分岐があり、地図で現在地を把握しながら歩ける力量が必要です。

実際、最後の沢の分岐で僕も間違えました。はっきりした登山道が右の沢沿いについており、沢も右のほうが大きかったので疑問に感じずに進んだのですがすぐに方向が違うのに気付きました。このまま行っても詰め上がれそうでしたが、初めての沢はまずノーマルルートで歩いておきたかったので引き返して左を遡行しました。

IMG_5057.jpg
最後にやらしい滝が出てきました。高さは10mくらいで2段になっています。巻けそうに思いましたが両斜面ともに急でしかも岩はボロボロ、土はズルズルでかえって危なそうでした。仕方がないので気をつけて登りました。水が少ないので滝面もツルツルです。落ちるとちょっとやばそうでしたのでいちばん安全そうなルートを探してクリアしました。

この滝を超えるとすぐに源頭になり頭上には林道が見えています。この林道への這い上がりにまた難儀しました。ズルズル滑るアリ地獄のような急斜面を息を切らして登りました。

IMG_5062.jpg
次は林道から三角点のあるブナノキ峠に直登します。予定では谷の続きを這い上がるつもりでしたが結構滑りそうなので、地形を見て尾根から直登することにしました。こっちのほうが楽そうでした。写真は尾根の取り付き。もちろん道ではありませんので、いきなりアスレチック状態です。

IMG_5065.jpg
道は全くありませんが、方角をあわして上へ上へ登るとジャングル状態はなくなり、木々の間を歩けるようになりました。こうなればしめたもの。

IMG_5072_20080803185621.jpg
ほどなくブナノキ峠の三角点に到着です。939.1mで京都で6番目の標高です。ここで10時30分、予定よりだいぶ早く着きました。当初の予定ではここから最短距離の山越え(道なし)で杉尾峠に出て櫃倉谷を下る計画でした。それでは早すぎるので、せっかくここまで来たのだからと、このまま尾根を八宙山まで歩いて中山に下って上谷経由で櫃倉谷というとても長いコースを目指してみることにしました。たぶん5時過ぎには下山できそうです。

IMG_5080.jpg
芦生の真ん中の屋根といえる尾根道を歩きます。何度も歩いているので、迷いやすいポイントは全部頭に入っている(全部一度は迷っている)のでここは地図はいりません。大きなブナが尾根上のいたるところに出てきます。

IMG_5083.jpg
傘峠935mです。ちょっと空が曇って遠くで雷の音が聞こえだしました。

IMG_5086.jpg
八宙山です。黒い雲が出てきました。雷はかなり近づいています。尾根にいないで早く下まで降りましょう。いつもは休憩する展望小屋のあった巨大ヒノキもスルーして一気に中山まで降りました。森の中は真っ暗です。ポツポツ雨が落ちてきました。本降りになるかもしれないので、今日は上谷―櫃倉谷を歩くのはやめておいたほうがよさそうです。

エスケープルートは必然的に長い林道です。濡れた沢靴でこの林道を歩くのは正直疲れました。雨がザーっと降ると大きな木の下で雨宿り、小降りになったらまた歩く、雨具は暑いのでそんな横着して歩きました。

IMG_5095_20080803185812.jpg
雨は途中で上がり、本降りになりませんでした。空も明るくなったので湧水ポイントで久しぶりの休憩。ここの水は特別に冷たくておいしいです。

IMG_5097.jpg
内杉林道でメタセコイヤ並木が見えるともうすぐゲートです。15時に須後に下山しました。上谷、櫃倉谷を回るならあと2時間少々必要です。

天気が途中で崩れたので昼食休憩は10分間、おにぎり2個で立ったまま。いつもはお湯を沸かすのですが先を急ぎました。山中、誰にも会わずに望みどおりたった一人の静かな1日を過ごすことができました。

夏の間に行きたい沢がまだいくつか。七瀬ベースキャンプで歩きたいコースも。今度は数人で行きましょうか。誰かつきあってくれるでしょうか?
 

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/391-cfd773fe

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。