ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/五波峠から権蔵坂・櫃倉谷

歩いた山の紹介 ] 2008/07/07(月)

IMG_5521_top_20080720192439.jpg
mixiで火曜日にイベントをアップして締め切りまでたった4日間で17名もの参加申し込みがありました。10名の定員で考えていましたが直前の募集でそんなに人が来るわけないと思って油断してました。 (^^;

今回の前半ルートは、ほとんど道標も目印のテープもない入り組んだ尾根を読図しながら小ピークをいくつもこえていく尾根ルートです。踏み跡もあったりなかったりで頼りになりません。17名が歩き出すと先頭から最後尾は全然見えません。もし、バラバラになったら初めての方は、行くも帰るもできなくなる可能性があります。今回は経験豊かなkumaさんにSLをお願いし、無線連絡担当の助ちゃんとともに最後尾をお願いしました。



朝6時、1時間前に出町柳到着、車を止めてみなさんの電話番をしながら、来年封切の「点の記」の続きを読んでいました。予想通り続々と電話やメールが入ってきます。7時ちょうどに全員集合(さすが!)。遠方は泉佐野や神戸から、よくこんな朝早くに間に合ったもんです。ここで参加できなかったまよさんがロードレーサー姿でお見送り「五号車」(笑)

芦生までの山道のドライブ約2時間。花背峠に向かう鞍馬街道で見慣れたサイクリストとすれ違いはカットビーさん「六号車」。今日は須後まで見送りに来てくれないのね~(笑)。車1台を須後にデポして五波峠の登山口に到着。天気は雲の多い「晴れ」、下界は最高気温33度だったそうです。簡単に自己紹介をして東へ延びる尾根に乗って出発です。dataさんがこの尾根ルートの1万分の1の地図を人数分コピーして持ってきてくださいました。

IMG_5379.jpg
すぐに見事な樹形のブナの巨樹が迎えてくれました。この時期の森は恵みの雨をいっぱい受けて濃い緑に覆われています。谷はもちろん、尾根も木々の緑に覆われて涼しい日陰をつくってくれます。

IMG_5388_20080720180415.jpg
尾根に登って一休み中

尾根はあちこちから枝尾根が合流し、うっかりすると枝尾根のほうが主稜にみえます。間違えた人は往復で踏み跡をつけるので他人の踏み跡は全く信じられません。右に左に主稜は首を振りながら中山谷山への分岐に無事到着。しかしこの先が難しい。ここから権蔵坂の尾根は2度歩いています。その2度とも同じようなポイントでルートを誤って引き返しています「今日やったら3回目や」と皆を笑わせながら、余裕で尾根をトレースのはずが・・・P692の手前で違う尾根を登ってしまいました(冷汗)。バックバック・・・前と同じ所でした。(汗)

IMG_5397.jpg
それでも快調に歩いて権蔵坂に到着。昔はここまで牛車で福井から荷物を運んできていた峠です。

IMG_5420.jpg
峠を少し谷に下ってきれいな水のあるところでお昼休憩をゆっくり取りました。写真を撮る人、昼寝をする人、ハムを焼いて冷たいビールを幸せそうに飲む人・・・。さすがに芦生原生林の深部、須後にあれだけ車があったのに誰一人会いません。

IMG_5460.jpg
沢靴、長靴に履き替えていよいよ沢歩きです。僕はアクアステルスの沢靴なので尾根から沢までこの靴のみ。こんな履き方をするので3シーズン目の現在、底がつるつるになってきました。運動靴で歩く人、登山靴のまま歩く人、17人もいるといろいろです。ヒルのいない沢なので半ズボンの方もおられました。一方、こはるさんなんて、本格沢のぼり用のネオプレーンのスパッツ装備でかっこいい!

IMG_5443.jpg
権蔵谷の源頭からスタートなので、最初はちょろちょろとした沢、この流れがいくつも合わさって146kmもの長さを誇る由良川となって若狭湾まで流れています。権蔵谷は危ないところはほとんどなく、尾根から安全に下れる谷です。この谷を下りながら見える景色、僕は最高に好きなんです。原生林のなかを沢の流れがキラキラして、じっと夕暮れまで見ていたこともありました。

IMG_5451_20080720180653.jpg
そんな権蔵谷でもやはり多少の滝はあります。もちろん巻けば安全なのですが、流れの中を歩いていたあにきが3mの滝で行き詰まり。次の瞬間、跳んだ!!あんたは猿ですか!(笑)けがしなくてよかったねー

IMG_5479.jpg
あっという間に下りきって櫃倉谷に合流です。さすがに櫃倉谷は流量があります。原生林を構成する木々も大きくなり、また違う雰囲気の谷、この櫃倉谷に魅せられたファンがたくさん通われています。できるだけ沢の中を歩くメンバーと登山道を歩いて渡渉だけ沢に入るメンバー、その中間で水の中と丘を行ったり来たりするメンバー、性格が出て面白かったです(笑)

IMG_5492.jpg
中には登山道は岩場のトラバースでちょっと緊張するところもありました。

IMG_5506.jpg
沢は胸までつかるところもあって静かな森に叫び声がいつまでも響いていました(笑)。さいわい他の登山者にはほとんど会わず、迷惑かけなくてよかった(笑)。今度は1人か2人で来てくださいね。ホントはすごく静かな谷なんです(爆)

IMG_5511.jpg
危ない滝が2本あるのでここは迷わず全員を登山道の巻き道に誘導しました。

IMG_5537.jpg
芦生名物の「雨宿りの木」、人と比べると大きさが分かりますね。

IMG_5562.jpg
さらに下流にあるトチの巨樹です。こちらはさらに大きいですね。

坂谷合流点をすぎるとすぐに中ノツボ谷の沖積地。ここは櫃倉谷原生林のホンの入り口だけど、僕はここだけでも来る値打ちがあるとおもっているくらい好きな景色。時間に余裕があったので最後の楽しみに中ノツボの滝にみんなを案内しました。苔むした岩と急流の中を歩くので毎回誰かがドボンしてくれるところです(笑)

IMG_5592.jpg
今日見たどの滝よりも大きく豪快な滝の真下で記念写真を取って休憩。先ほど意味なく3m飛び降りたあにきが今度は煩悩を振り払うために爆滝に打たれて修行をはじめました。「これは遅れてはなるまい」と煩悩の多い僕とaliceさんも滝に打たれて修行開始、さらにイズさんも・・・もう全身ズブ濡れ、暑さも吹っ飛び、いや寒い寒い(笑)

さあ、滝も見たし帰ろうと歩き出したとたんに「ドッボーン!」というすごい音、はまっているのはkumaさん。いやー最後にやってくれました(笑)。そんなに全身ビショになるなら一緒に滝に打たれたらよかったのに(笑)。デジカメだけは腕を上げて守られたのはさすが!

このあと、車に乗って帰るけど、どうせお風呂入るし、林道歩いてる間に乾くやろと水をしたたらせたカッパのようにペタペタと歩いて須後まで帰りました。

IMG_5601.jpg
最後の渡渉

IMG_5624.jpg
林道に出て靴を履き替えます

IMG_5621.jpg
近くの水溜りにはモリアオガエルのタマゴが少し残っており、水の中には少し大きくなったおたまじゃくしがいっぱい。アカハライモリが何匹もいておたまじゃくしを食べていましたが、食べ切れないでしょう(笑)

運転手は先に歩いて須後にデポした車に乗り、五波峠で車を回収、みんなで河鹿荘のバラ風呂に入りました。男湯もバラ風呂だったことを聞いて笑い転げる女性陣、おかしいですかねえ(笑)。人数が多いので食事はやめて風呂上りにみんなロビーに集まって、一人ずつ感想と再度の自己紹介。最初に聞いても名前覚えられないけど、1日いっしょに遊んだあとに自己紹介すると印象に残りますね。

出町柳について解散、希望者だけで「串八」で乾杯!参加予定だったのに急遽仕事が入ってキャンセルされたケロスケさん(男みたいだけどりっぱな女性です)←追記:ハンドルのことね(^^;>. も合流してくれて盛り上がりました。

暑くて湿度も高かった1日をとっても涼しく遊ぶことができました。今回の芦生イベントは今までで一番人数が多かったのですが事故もなく無事に全員下山できました。いたらないリーダーをいろんな場面でいろんな方が支えてくださいました。どうもありがとうございました。

今回のコースタイム
07:00 出町柳集合
09:45 五波峠出発
10:10 中山谷山の分岐点
10:40 P682
11:18 P692
11:40 権蔵坂
11:45 権蔵谷源頭部で昼食
11:40 出発
13:10 櫃倉谷出合
14:20 中ノツボ出合
14:30 中ノツボの滝(休憩)
14:45 出発
14:53 横山峠
15:00 櫃倉林道終点
16:00 須後へ下山

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/388-86ba28db

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。