ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/尾根から尾根への大回りコース

歩いた山の紹介 ] 2008/04/20(日)

106_tpo.jpg
▲幻想的なブナの尾根

森にも春がやってきたようです。春の季節を感じながら原生林を歩いてみたくなり、でかけることにしました。これまでmixiのイベントとして須後から芦生原生林を歩くコースを何度か案内させてもらいましたが、どうも帰りの長ーい林道の評判がよくないようです。そこで、林道を歩かずに戻ってこれるコースを開拓しようという下見も兼ねて計画を考えてみました。

地図やネットの山行記を参考にして歩けそうな尾根が2つほど見つかりました。もちろん登山道などはなく、ルートファインディング必須です。

080420芦生

予定では初めて歩く2つの尾根を往復して帰ってくるつもりでしたが、単独でしたので足を伸ばしてぐるっと芦生の尾根ばかり歩いてきました。尾根ばっかりの芦生大回りコースの完成です。ただし健脚限定。GPSを見ると、今日歩いた距離は23km、累積標高1793m。登ったり下りたりの繰り返しで相当の急登が6ヶ所も。最後の下りはそれ以上の急坂、立ち木につかまりながら下降しました。

【DATA】
標高:939.1mブナノ木峠、935m 傘峠
歩いた日:2008年04月20日
天候:曇り
メンバー:単独
山中行動時間:09時間30分(休憩含む)

 07:15 須後駐車場に車を停めて出発
 08:35 P682
 09:55 林道に出る
 10:10 ケヤキ坂
 11:05 長治谷小屋(昼食)
 11:30    出発
 12:05 ヒノキの巨樹
 12:35 八宙山(途中で尾根を間違えて時間ロス)
 12:50 傘峠
 13:50 ブナノ木峠
 14:25 林道に出る
 14:50 P901
 15:45 P672
 16:20 ヨモギ谷と由良川合流点に下降
 16:45 須後駐車場着
 
山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------

 
 
080420芦生尾根ルート1周 003

須後の駐車場は桜がちょうど満開。7時に到着したのでまだ車は数台。この季節、もうちょっと遅い時間には車でいっぱいになるのでしょう。この時間に出発できるとまる1日たっぷり歩けますね。天気は曇り、天気予報では昼から晴れると言ってました。気温は春の朝らしい涼しさで快適です。

080420芦生尾根ルート1周 034

須後を起点にすると歩くルートは8割がた櫃倉谷かトロッコ道になるのだけど今日は初挑戦の尾根。地図を片手に研究林事務所裏の尾根を登っていきます。最初は樹木園の遊歩道があり、途中から道がなくなり、上へ上へと登ります。大きな杉の木が迎えてくれました。モミの木やツガの木も多く、ブナや杉との共生の森です。

080420芦生尾根ルート1周 035

立派なブナの木。やっぱりいいわあ!

080420芦生尾根ルート1周 045

出発前に地図上でこの尾根を眺めていて一番迷いそうに思ったポイントです。歩いてきた尾根から別の尾根に乗り換えます。言ってみると鞍部に池があり、方向さえ間違わなければ簡単でした。

080420芦生尾根ルート1周 054

鞍部には苔むしたナラの森があり、いい雰囲気でした。

080420芦生尾根ルート1周 058

尾根に登って少し見晴らしがあり、木々の間から周辺の山の稜線が見えます。新緑の季節には緑に覆われて全く別の景色を見せてくれるのでしょう。まだ新緑までしばらくかかりそうです。

080420芦生尾根ルート1周 061

長い尾根、8つくらいのピークを越えて林道に出合いました。なんとまだ雪が残って雪渓歩きになりました。本当はここからブナノ木峠に登ってそのまま別の尾根で下りる予定でした。しかしまだ10時前。せっかく芦生まで来たのにそんなに早く帰るのはもったいない。いろいろ考えて長治谷小屋の山桜の様子を見に行こう!、そんでまだ余裕があったら八宙山に登って稜線歩きをしよう!と決めて歩き始めました。

080420芦生尾根ルート1周 067

ガーン。秋まで現在だったケヤキ坂付近の小屋が雪でつぶれています。小ヨモギ小屋やカヅラ小屋が一昨年の大雪でつぶれた姿も見ましたが、本当に自然の力は大きいんですね。

080420芦生尾根ルート1周 077

下谷の様子です。左奥に見えているのが有名な下谷の大カツラです。

080420芦生尾根ルート1周 081

大カツラの全身像(^^)

080420芦生尾根ルート1周 090

長治谷小屋の前の山桜のつぼみはまだ固かったです。さすがに新しく建て直したこの小屋は健在でした。テント場で短い食事休憩を取って八宙山の尾根をめざすことにしました。中山から稜線を見上げると濃いガスがかかっています。雨は降らないだろうけど視界が悪そうです。その分、幻想的ないい写真が撮れるかもしれません。

080420芦生尾根ルート1周 093

八宙山手前のヒノキの巨樹です。

080420芦生尾根ルート1周 103

根っこから曲った大きなブナ。こんな姿勢でよく大きな樹を支えられるものだ。

080420芦生尾根ルート1周 105

こちらはアシウ杉の大木です。

080420芦生尾根ルート1周 109

違う尾根に入って少し迷いましたが八宙山に到着です。プレートがなければ気付かず通過するような山頂です。

080420芦生尾根ルート1周 113

このあたりのガスが一番濃かったですね。視界数mだったのでそら迷いますわ!

080420芦生尾根ルート1周 115

傘峠に到着

080420芦生尾根ルート1周 119

ブナの尾根。じっとたたずんでいたい。できればここで泊まりたい。そこまで思ってしまう雰囲気でした。

080420芦生尾根ルート1周 120

ブナノ木峠山頂です。下谷では何人かの人と会いましたが稜線に登ってからは誰とも会いません。春の静かな芦生を独り占めです。ゆっくり休憩して、ここから本日目的である2本目の尾根をめざします。登りで使った尾根よりもこちらのほうが数倍迷いました。地図と磁石が手放せない、なかなか手ごわい尾根でした。

080420芦生尾根ルート1周 124

胎内くぐりができるアシウ杉。

080420芦生尾根ルート1周 128

ここにも貫禄のアシウ杉の巨樹。迷いながらもがんばって歩いた甲斐があったってもんだ!

080420芦生尾根ルート1周 143

タムシバの白い花がタイミングよくたくさん咲いていました。

080420芦生尾根ルート1周 147

長い尾根!15:45にまだ新たなピークに立っていましたので日暮れまでに帰れるのか自分でも心配でした。今日は急登あ多かったけれど、最後の下りが一番急でした。立ち木につかまりながら下降しました。ちょうどヨモギ谷と由良川の出合に下山できました。河原には雪で身動きできなくなったのであろうシカの死がいがありました。由良川ではこんな夕暮れ時に釣りをされていました。

帰りに使った尾根はちょっと一般向きではありませんでしたが、行きに使った尾根なら下山コースに十分使えそうでした。

やっぱり芦生! 7時15分スタート、16時45分下山の9時間30分の行動。まる1日、たっぷりと芦生の雰囲気を味わってきました。

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/381-1b3069a6

トラックバック


コメント

素敵な景色

by かな : URL

芦生って京都にあるんですか?
時々聞く知名なので興味がありました。
写真でははじめてみました。
霧が出ているのでものすごく幻想的ですね。
私もいつか行ってみたいです。

>素敵な景色

by てくてく : URL

京都の南丹市美山にあります。
手つかずの自然が残っており、
巨大なブナやトチ、ミズナラ、芦生スギなどに次々出会える貴重な森です。
この規模の原生林は西日本では最大級だと聞きました。ぜひ機会がありましたら訪れてみてください。

はじめまして

by 福本 : URL

時々覗かせていただいていますが、はじめて書き込みさせていただきます。あの日、研究林事務所の裏尾根で新しい足跡を見つけ、一体誰だろうと思っておりましたら、てくてくさんだったのですね。
あろうはずのないところで足跡を見つけたので、少し気味が悪かったです。
芦生に入られるのは久しぶりのようですね。

> はじめまして

by てくてく : URL

福本さん、はじめまして
あの尾根は初めてで登りで利用してみました。ブナノ木峠から別の尾根で帰る計画でしたが欲が出てぐるっと歩いてみました。
福本さんのブログを読ませていただいていて、森のちょっとした変化を見逃さずにとらえられているのをいつも「スゴイなあ」と感じています。毎週のように歩かれているからでしょうね。
芦生に対するいろいろな思い、考え方も参考にさせてもらいつつ手に入る本で勉強中です。機会がありましたらまた教えてくださいね。

H2Oさんのブログ

by 福本 : URL

てくてくさん
H2Oさんの先日のブログに、私宛のコメントを戴いていたようで、気がつくのが遅く申し訳ありませんでした。
また、私のブログも読んでいただき有難うございます。芦生という狭い地域ですが、継続して入ることにより、ちょっとした変化も気づくようになりました。そして知れば知るほど、様々な生き物が関係しあって『森林』という生態系を作っているのだと実感できるようになって来ました。人間の自然への直接の介入だけでなく、人間の経済活動が生態系を大きく変えている事実が見えてきて、この事実を伝えなければとの思いで書いています。これからもよろしくお願いします。

> H2Oさんのブログ

by てくてく : URL

私も京都北山や比良山系のエリアを歩き、芦生はその一部でした。最近は芦生に通う比率が高まってきています。同じルートでも季節どころかたった1週間違うだけでも景色が変わる自然の営みに魅せられています。最近になりナラ枯れや鹿の食害についても自然現象以上の関心を持つようになりました。登山も芦生に関する知識もまだ駆け出しですが、今後ともよろしくお願いします。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。