ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/天狗峠~大谷遡行

歩いた山の紹介 ] 2007/10/21(日)

IMG_2053_top.jpg
▲大谷の原生林は芦生の中でも大きく深い

一度は行ってみたかった芦生最深部の大谷。
すっごくいいとは聞いていましたが、須後から入っても生杉から入っても日帰りじゃ無理だなあってあきらめていました。ところが今年になって久多からアプローチすれば十分日帰り可能と知りました。すでに10月下旬になったので「今年は無理か」と思っていましたが、急に今日の予定が前日にキャンセルになりました。降ってわいたチャンス。沢歩きにはちょっと遅いけど、このチャンスを逃すと来年になると思って行って来ました。

滝谷、天狗峠、本流、大谷、二ボケのルート。やっぱり最高でした。もう次から次に素晴らしい景色が繰り広げられて帰るのがもったいないと何度思ったか!。芦生原生林は危ないところも多いので、単独で未踏のコースを歩くときは必ず前後にはすでに歩いているコースを組み合わせてリスクを減らすようにしていましたが、今回はオール未踏のルート。しかも一般登山道は全く歩かないので、短めのルートにしました。次回は七瀬まで足を伸ばしたり、あるいは三国岳まで足を伸ばしたりできそうです。

何せ気温3度でスタート。こんなんで水に入って大丈夫かと思ってできるだけ陸地を歩く方針で7時に滝谷林道終点から出発。

【DATA】
標高:928m 天狗峠
歩いた日:2007年10月21日
天候:晴れ
メンバー:単独
山中行動時間:07時間30分(休憩含む)

 07:05 滝谷林道終点に車を停めて出発
 07:25 大きな滝
 08:45 滝谷源頭・尾根に乗る
 09:00 三国岳との分岐(左へ)
 09:12 天狗峠 928m
 10:30 由良川本流(大谷出合から200m下流)
 10:50 大谷出合
 11:18 一ボケ出合
 11:50 二ボケ出合(昼食)
 12:15    出発
13:30 二ボケ源頭・尾根に乗る
13:47 南西尾根分岐(右へ)
14:05 南の支尾根分岐(右へ)
14:35 滝谷林道終点付近に下山
 
山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング
 

 
 
【滝谷】踏み後もあり、滝には高巻き道がちゃんとついていました。きれいな大きな滝に見とれたり、8時頃に遅めの朝日が谷底まで届いた時が水がキラキラしてきれいでした。少し水に入るところもありましたが、順調に源頭まで。2日前の雨の影響で土がやわらかく、急登や急斜面のトラバースでグリップがきかずに何度もスリップしました。そんなわけで最後のツメの急登がズルズルでちょっとやっかいでした。

IMG_1927.jpg
▲滝谷の大きくてきれいな滝。

IMG_1934.jpg
▲大きなトチの谷。ようやく滝谷にも太陽がおりてきた。

IMG_1951.jpg
▲ありがたい朝日。水もキラキラ。


IMG_1958.jpg
▲滝谷の源頭付近
 
 
【天狗峠周辺】でっかいブナとさらにでっかい芦生杉の群生の峠。少し七瀬側の尾根も歩いてみましたがブナがきれいでした。一方で問題のナラ枯れも多くみました。天狗峠は928mで京都で8番目に高い山、ベストテンでは、鎌倉山と桑谷山にまだ登ったことがありません。天狗峠から北に伸びる尾根を下ります。はずさずに歩ければ、由良川本流と大谷出合に下りられるはず。途中支尾根に入り気付いてほとんどガケの急斜面を登り返すはめに。無事に本流に下りられたのですが、大谷出合より約200m下流。ということは、本流右岸の「落ちる、落ちる」とあせったあの岩のヘツリがある!本流の遡行はどうしてもひざ下までは水に浸かります。そして例の岩のヘツリ。確かに厳しいけれど、前回気付かなかった真下のほうにステップがあることを発見。次回からは楽に通過できそうです。

IMG_1964.jpg
▲尾根に乗ったら大きなブナがお出迎え。

IMG_1968.jpg
▲大きな芦生杉もお出迎え。大人が立ったまま楽に入れる大きな洞がありました。

IMG_1973.jpg
▲この芦生杉も大きかった。

IMG_1983.jpg
▲色づきはこんな感じ。

IMG_1990.jpg
▲天狗峠はブナの森。

IMG_2001.jpg
▲由良川本流へ北尾根をつたって下降。大谷の200m下流でした。
 
 
【大谷前半】本流1週は2回歩いているので、大谷出合は見覚えがありました。少し休憩していよいよ大谷遡行。二ボケまでは滝はないって聞いていましたが一ボケまでの間に小さいのはいくつもあり、水に入って越えていきました。高巻きはズルズルすべるのでかえって危ないコンディションです。ほどなく平坦地に出て景色が一変。まったく人の存在を感じさせない原生林がつくりだす景色。トチの大木やカツラの大木が景色に溶け込んでいます。櫃倉谷でも野田畑でも見たことがないほどの景色!。今日は久しぶりに単独なので、気に入った場所でいくらでも時間をかけて眺めることができました。心の芯から癒される感じ。
 
IMG_2007.jpg
▲見覚えのある大谷出合。

IMG_2010.jpg
▲いざ大谷へ
 
IMG_2017.jpg
▲いきなり別世界。この写真の何倍もすごかったよ。

IMG_2021.jpg
▲冷たかったけど水の中もどんどん歩く。

IMG_2024.jpg
▲ビバークできそうな岩屋

IMG_2047.jpg
▲すでに落ち葉のじゅうたん

IMG_2051.jpg
▲次々にすばらしい景色が。

IMG_2057.jpg
▲カツラの森。ここも素晴らしかった。
 
 
【大谷後半】二ボケ出合で昼食。この出合付近もいい景色。昼食後は二ボケを遡行。直進すると三ボケ遡行になりますが、あっちは滝が連続する上級者向け。いつか行ってみよう。二ボケもそれなりに滝もあり、高巻きはやっぱりズルズルなので、あきらめて登れる滝は直登します。もう上半身も水しぶきでびっしょり。何ヶ所か滝を登っている途中で、次のホールドを探せなくて危ないときがありました。苔がついていてよく滑るので渓流靴とはいえ、「今すべったら終わり」の状態で長考してしまいました。何とか全部クリア。二ボケの源頭付近は二又がいっぱいあって、適当に選んで登りました。どこを登っても同じ尾根に出ます。ずっと手前で、尾根に逃げようかと思ったけど、源頭まで詰め上げられてうれしかった!

IMG_2075.jpg
▲ここから先は滝の連続上級コース。三ボケはまた今度。

IMG_2077.jpg
▲二ボケ出合で昼食。ここも原生林真っ只中!昼寝した~い!

IMG_2085.jpg
▲滝が連続。ほとんど直登できました。

IMG_2096.jpg
▲滝場を越えると明るい平坦地。

IMG_2100.jpg
▲二ボケ源頭付近。
 
 
【尾根から下山】時間に余裕があったので三国岳まで往復してこようかと考えたけど、下山も未踏のルートなので安全第一で計画通り下山することに。この尾根は三国岳と小野村割岳をつなぐ尾根で、両方とも山頂は登っていますが、この尾根を通して歩くのも面白そう。とはいえ、2mくらいの背丈の笹で、ものすごい藪こぎ。今までの山での藪こぎとは比べ物にならない程でした。なかなか前に進みません。顔も足も笹で派手なキズついてしまいました。開けた場所では比良山の山並みがきれいに見えます。少し三国岳方面に歩いて南に延びる支尾根を下山につかおうと計画していましたが、その尾根が藪のせいでわかりません。仕方がないので、踏み後明瞭だったP936から延びる岩屋谷に下る支尾根に乗りました。地図ではこの支尾根の途中から、下山したい方向にも小さな尾根が出ており、これを利用することに方針変更。うまい具合に尾根の分岐にビニールテープの目印があり、このルートで下山する方もおられるんだなあと安心しました。テープのおかげで迷わず停めた車の30m後方にドンピシャで下りられました。

IMG_2103.jpg
▲先のほうから色づき始めたカエデ。

IMG_2107.jpg
▲尾根に出た! このあたりはなぜか笹が枯れていました。

IMG_2111.jpg
▲比良の山々

IMG_2131.jpg
▲道のない尾根を下りました。結構急です。

すごくよかったけど、沢を歩くのはもうちょっと暖かい季節がいいなあ。帰りに朽木温泉「てんくう」に寄り道して、ゆっくりあたたまってきました。



この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング
スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/362-cf54f83a

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。