ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋の御嶽へ登る

歩いた山の紹介 ] 2007/10/07(日)

IMG_1737_top.jpg
▲今年3回目の3000mは木曽御嶽

Mixi山コミュの御嶽イベントに参加してきました。鯛ちゃん企画です。
参加者は、鯛ちゃん、イズさん、てくてく。和歌山、大阪、京都の広域連合?です。

心配した天気は晴れ!眼下に広がる雲海!紅葉の季節!夜は満天の星!

紅葉には少し早かったけど、すんばらしい雲海の展望を楽しめました。北アルプス、南アルプス、中央アルプス、八ヶ岳連峰、富士山、白山、みんなよく見えました。

【DATA】
標高:3067m 御嶽山(剣ヶ峰最高点)
歩いた日:2007年10月7日(前夜田の原登山口にテント泊)
天候:晴れ
メンバー:鯛ちゃん、イズさん、私の3人
山中行動時間:06時間12分(休憩含む)

 05:00 王滝登山口・田の原にて朝食・支度(前夜泊)2180m
 06:00    出発
 06:45 八合目金剛童子 2475m(森林限界超える)
 07:17 富士見石 2625m(富士山はまだ見えない)
 07:45 九合目石室
 08:05 王滝頂上 2936m
 08:38 剣ヶ峰 3067m
 09:15    出発
 09:50 三ノ池・二ノ池分岐(三ノ池ルートへ)
 10:05 賽の河原
 10:15 白竜避難小屋(昼食)
 10:45    出発
 11:35 王滝頂上
 13:12 田の原駐車場着
 
山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします人気blogランキングへ

 
 
山行の前日(10/6)の夜は、登山口である田の原駐車場でテント泊。夜になって到着した途端、イズさんも鯛ちゃんも「寒い寒い」を連発。あわてて持ってきた防寒着を着込む。イズさんのシュラフは封筒型の夏用、鯛ちゃんが余分に持ってきたシュラフと2枚重ね。鯛ちゃんも封筒型の2枚重ね。気温は4度。ぼくは、サーマレストのマットと冬用のシュラフ(山用)でぬくぬく。

誰もいない駐車場の隅っこ。外は満天の星空、ホントにすごい満天。寒いのに長いこと見とれてしまった。オートキャンプ用の大きいテントに3人入って、買い込んだおつまみとビールで乾杯。山の話、仕事の話、嫁さんの話、ワーキングプアの話・・・夜も更けて「おやすみ」zzz。夜中、ものすごい風、アスファルトの上にペグダウンしていないオートキャンプ用のテント。一晩中、バサバサと大きな音を立てながら揺れていました。

IMG_1667.jpg
▲登山口から見る御嶽

朝、風もやんでいいお天気。5時起床、気温3度。コーヒーとスープをつくり、パンで朝食。テントを撤収し6時出発で行動開始。歩き始めてすぐに日の出。

IMG_1677.jpg
▲そこらじゅうに霜柱、夜間の冷え込みは厳しい

高度を上げるにしたがって風が出てくる。歩いているとちょうどよいが止まってると寒くて仕方がない。冬用の帽子と手袋をつけたりはずしたり忙しい。ちょっと残念なのは紅葉にはまだ早くて期待した「山が真っ赤」には程遠いこと。でもこの天気と展望で十分おつりがくる。

IMG_1700.jpg
▲八合目付近

最初こそ低い樹林帯を歩いたけどすぐに森林限界を超えて視界が開けた。南アルプスがよく見える。整備された登山道でひたすら登りなので、たんたんと高度を稼げる気持ちのいい山登り。王滝頂上はずっと見えている。高度を上げるにしたがって眼下に雲海が広がり、遠くに富士山も見えるようになる。

IMG_1707.jpg
▲九合目付近

このあたりになると登山道は、大きな岩がゴロゴロする中を登る。標高も高くなり空気も薄いので、ルート選択が悪いとすぐに息があがる。一歩一歩、できるだけ平らなところを選んで登っていく。いつでもふりかえればパノラマ展望なので疲れも吹っ飛ぶ。

20071008175913.jpg
▲雲の上に続く道、まもなく王滝頂上

九合目に一ヶ所だけ奥の院への分かれ道があるだけで、ここまで一本道。振り返るたびに歓声が上がる。登山者はみんな雲の上の人になる。


IMG_1727.jpg
▲王滝頂上から剣が峰と火口を望む

王滝頂上には立派な頂上山荘があるが今の時期はすでに閉まっている。すべての小屋の営業が終了しているので、食料も水も背負ってきた分しかない。王滝付近は硫黄の匂いがきつい。

御嶽の最高点、剣ヶ峰に向かう途中にある八丁ダルミは風の通り道。通過した時間は、油断しているとバランスを崩しそうなくらいの強風が常時吹いていた。ただでさえ寒いのにこれは堪えた。


IMG_1753.jpg
▲ついに剣ヶ峰に!

予定よりだいぶ早く山頂剣が峰に到着。まだ8時半! 360度雲海の上の大展望!



IMG_1745.jpg
▲二の池と北アルプス一望

IMG_1739.jpg
▲南アルプスと富士山

三角点より高い最高点から地獄谷を覗き込んだり、行動食を口に入れたりしてたっぷり休憩。計画では「余力があれば」としていたお鉢めぐりに迷わず出発。

IMG_1767.jpg
▲お鉢めぐりは高度感たっぷり

右回りにするか、左回りにするか考えた末、右回りでお鉢めぐりを開始。右回りなら、下山時に剣ヶ峰まで登り返さなくても、王滝頂上へのトラバースルートがある。右回りルートでは前半は、今までの登山道と雰囲気がガラリと変わり、足元は切れ落ち、岩場もある。

IMG_1779.jpg
▲二ノ池周辺

紅葉しているのはたぶんクロマメノキ。ナナカマドなどはまだ色づき始めたところ。二ノ池まで来て「もうちょい行ってみよう」とsetsuさんにすすめてもらった賽の河原から白竜避難小屋まで歩いて三の池を見下ろすところまで。

IMG_1788.jpg
▲賽の河原の紅葉

この世とあの世を分ける三途の川に広がるのが賽の河原。賽の河原は親に先立って死亡した子どもがその親不孝の報いで苦を受ける場とされ、例の石を積んでは壊され…を繰り返す話になる。こんな賽の河原と呼ばれるだけあって、三角錐に積み上げた石が高原一帯に点在しており、お地蔵さんに風車が供えてあったりする。なんとも寂しい感じになる所だった。ここだけ別の世界に入ったような錯覚にとらわれそうになる。

賽の河原を流れる小川が西側に流れ落ちて日本最高所の滝になっているそうだがどこかわからなかった。

IMG_1787.jpg
▲紅葉の絨毯が敷き詰められた賽の河原

白竜避難小屋まで来ると三ノ池が見下ろせる。三ノ池は深さ13.5mもあり、御嶽山最大の湖。ここで折り返しとして避難小屋に入って早めの昼食。

IMG_1799.jpg
▲三ノ池

帰りは二の池を右に見てトラバースルートで下山。剣ヶ峰に登り返さずほとんど水平歩道で王滝頂上に戻ってこれる。後は登った道をひたすら下る。ヘリがせわしく飛んでいました。何かあったのでしょうか。

IMG_1804.jpg
▲エメラルドグリーンの二ノ池に手を浸しているイズさん。二ノ池は標高2900mで日本最高所の湖とのこと。

13時12分下山。露天風呂から御嶽が見える温泉に入ってたいした渋滞にもあわずに帰ってこられました。



この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキングへ


スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/360-972798b1

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。