ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雪の百里ヶ岳

歩いた山の紹介 ] 2007/02/11(日)

IMG_3369_top.jpg
▲あとからあとから降り続く雪の山道をスノーシューのクランポンを効かせて登っていく

昨日までは雪が降らずどうなることかと心配していたのがウソのよう。今日は朝からよく降った。当初の予定通り百里ヶ岳。コースは小入谷に車を置いて、行きは百里新道、帰りは根来坂峠から焼尾の地蔵経由。出発地点からスノーシュー装着、山頂で80cm、根来坂峠付近の吹き溜まりでは150cmくらいの雪。しかも吹雪で後から後から積もっていく。山頂でごはんを食べて来た道を見るともう踏み後がきれいに消えている。

今日のメンバーは、いつもの3人組に藤木さん(62)が増えた。神津さん(62)、助ちゃん(46)、てくてく(41)の4人組。父親ほど年の離れた方が二人も。なんだか不思議なパーティ。助ちゃんと神津さんは、前回の祖父谷峠から帰ってすぐに購入したぼくと同じMSRのスノーシュ「ライトニングアッセント」の初使用。期待通りすごい急登でも、山道が雪で消えた急斜面のトラバースでも、よくグリップして2人とも感激。雪があってホントによかった。それを見た藤木さんも帰ったら買うとか。なんでこんなにワイルドワンに貢献してしまうのだろう(笑)。

【DATA】
標高:百里ヶ岳 931.3m
歩いた日:2007年2月11日
天候:雪/曇(一時吹雪)
メンバー:助ちゃん、神津さん、藤木さん、私の4人
山中徘徊時間:7時間10分(昼食・休憩含む)

08:15 小入谷の道路わきの空き地に駐車、準備
08:40    出発
10:50 シチクレ峠
11:30 百里ヶ岳山頂(931.3m) 昼食
12:50    出発
13:10 県境尾根への分かれ(右へ)
13:50 根来坂峠
14:50 焼尾地蔵(休憩)
15:10    出発
15:50 小入谷駐車地点に下山


山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


 
 
IMG_3302.jpg
▲国道367号線を北上しながら「雪がなさそうなら野坂岳まで行くか」と考えていたが、花折峠を越えると天気は一変しものすごい雪。針畑川沿いの道路では積雪もあり、スリップさせながら慎重に目的地へ。写真は小入谷バス停から百里新道への登山道の入り口。すでに20~30cmほどの積雪。スタート地点からスノーシューを装着することに。


IMG_3315.jpg
▲今日は私達を入れて3組が山頂を目指した様子。前には山スキーとスノーシューとツボ足の新しい足跡がある。神津さんも助ちゃんも新しいスノーシューでうれしそう。登りではライトニングのヒールリフターを起こして歩きやすさに感激。


IMG_3319.jpg
▲いつもなら百里ヶ岳の堂々とした姿が見えるやせ尾根。目の前にあるのに今日は吹雪でなにも見えない。やせ尾根もトラロープが張られた岩場も難なく通過。


IMG_3338.jpg
▲だんだん雪が深くなり、相当な急登も出てきて大汗をかきながら。先頭は藤木さん、ハイペースでパーティを引っ張っていただいた。


IMG_3344.jpg
▲山頂近くは雑木林からブナ林に。吹雪でゆっくり景色を楽しんでいられなかったけど、雪のブナ林もいいですね。



IMG_3352.jpg
▲山頂に到着。雪で苦労した割にはコースタイムどおり。この天気では残念ながら展望はゼロ。積雪80cmくらいあり、スノーシューを脱いだ途端にあっちでもこっちでも「ズボッ」。


IMG_3353.jpg
▲お昼ごはんは、お楽しみの神津さんのプロのうどんすき。これを食べるために重いだし汁やうどん、ブリ、かしわなどをたくさん担ぎ上げた。山頂で食べようと用意しはじめると、いきなり猛吹雪。吹きさらしの山頂だけどいまさらやめるわけにはいかず、開き直っておいしくいただいた。


IMG_3358.jpg
▲寒いけど「うまそー」。体の芯から暖まる食事。神津さんありがとっ!


IMG_3361.jpg
▲ひよっと引いて山頂風景。広い山頂の広場で風雪に耐えながら。やっぱり樹林の中でお昼にしたらよかったかな。


IMG_3366.jpg
▲検県境尾根の分れまで戻って、右に折れて県境尾根に乗る。が、全く踏み跡がない。先頭をぼくが変わって慎重に歩く。「尾根を歩けばいい」とわかっていても、トレースのない新雪のうえ、なだらかで広い尾根や鞍部への下りのルートはちょっと考えるところが何ヶ所か。途中ホワイトアウトな時もあったけど、地図で現在位置を確かめながら慎重にルートを決めて危なげなく歩けた。


IMG_3372.jpg
▲昨年2回来た見覚えのある根来坂峠。この峠のブナの大木。雪の季節に見上げるとすごい迫力だ。「ここまで来たら安心」と思っていたけれど、実はここからが一番厳しかった。根来坂峠から林道に出るまでの間のトラバース。完全にルートが雪で消え、急斜面をトラバース。ホントに急。相当時間がかかりそうだったので、眼下、数十メートル先に見える林道に向けて直滑降(笑)。最後はスノーシューでは無理な斜面。はずして尻セード。


IMG_3373.jpg

IMG_3374.jpg

IMG_3375.jpg

IMG_3376.jpg

▲尻セードの連写。いやあ無事でよかった。この直前、ぼくも失敗。しりもち着地でなく、かっこよく上手にシュタッて二本足で着地しようとしたのが裏目に。ズボッて腹まで雪の中。下のほうはすごく硬い雪でどうしても左足が抜けない。みんなに掘り出してもらって生還。単独山行なら今頃まだ雪の中かも?(単独行ではやりません!)

IMG_3377.jpg
▲滑り降りた(滑り落ちた?)林道の景色。山から谷へと雪の傾斜。とても深く、スノーシューの装着が大変。


IMG_3384.jpg
▲林道から見る景色。水墨画のよう。


IMG_3387.jpg
▲林道歩きもスノーシューだと楽しい。「スノーシュー体験が今日の目的だったんだからこの林道だけでもよかったかも」ってぼくが言ったら「今日はあらゆる体験ができたね」ってみなさん。


IMG_3391.jpg
▲林道からはずれて鯖街道の旧道に入る。林道はぐるっと遠回り。


IMG_3392.jpg
▲最後に予期せぬ渡渉。小入谷の集落はもう目の前。悪天候に負けずにみんな嬉々としてよく歩きました。



この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/331-190dcf16

トラックバック


コメント

フカフカだぁ~^^

by ゆうとまま : URL

おはようございます
昨夜は、トモちゃんしか見れなくて、再びお邪魔してます。
すごい積もったんですね
スノーシューも最高じゃないですかぁ
今回私もヒールリフター付きを選びましたが、予算の関係上(涙)浮力が弱いものなので、こんだけ雪があると・・・不安かも

でも、おじさんチームいつもとっても楽しそうですね
スキー以外で雪を楽しむ冬の山の魅力に私達も片足突っ込みました(笑)
もっと、雪降れぇ~♪

今年は、雪のない時期に冬を想定して通っておかないといけませんね^^v
教えてくださいね
頼りにしております^^;

>フカフカだぁ~^^

by てくてく : URL

ゆうとままさん
ヒールリフターらくちんですよね。

>今年は、雪のない時期に冬を想定して通っておかないといけませんね^^v

ええ、必ず雪のない季節にあるいたことのある山にしています。それでも雪で覆われると全く違う景色になるので感覚が狂います。調子に乗って迷わないようにしないと。(^^;

いいですね

by ヤマネコ : URL

百里はわたしが登ってみたいお山のベスト3に入っているんですよ。こんな季節にうらやましい。ちょっと私には無理みたいです。命惜しいんで。お花の季節にでも計画します。写真だけで満足しました!

楽しそう~

by さくら : URL

悪天候にも関わらず、なんだかとっても楽しそうですね。
吹雪の中で鍋を囲んでる姿が、「怪しい人たち」になってますよ(~_~;)
毎日嫌になるほど見てる雪ですが、山に入ると別物、人様のブログで見るのもなぜか別物になります。

>いいですね

by てくてく : URL

ヤマネコさん、こんにちは。花の季節もいいですねー。ちょうど新緑と重なって楽しめる山だと思いますよ。

>楽しそう~

by てくてく : URL

確かに「怪しい人たち」でした。毎日嫌になるほど雪を見られているさくらさんが今年は無性にうらやましいです。(笑)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。