ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雪の蛇谷ヶ峰へ

歩いた山の紹介 ] 2007/01/08(月)

IMG_2735_TOP.jpg
▲樹氷のアーチをくぐって山頂はもうすぐ

昨日は猛烈な低気圧が残した雪を期待して、朽木から蛇谷ヶ峰に登ってきました。今回も娘といっしょです。雪山やスノーシューが面白いようで最近は親子で山を歩く機会が増えています。結構うれしいです。(^^)

途中で猛烈な吹雪になった時がありましたが、全体的には雪がふったりやんだりのお天気。展望はありませんでしたが、十分にスノーシューも楽しめました。

昨年の冬も娘とこの山に来ましたが娘が胸まで埋まる大雪で、おまけに吹雪になり、中間点で撤退しました。今回は、30~40cmの積雪、ふきだまりで1mくらいでした。昨日の低気圧もここらにはあまり雪を降らせなかったようです。それでも上の方はふかふかのパウダースノーでした。山頂にも無事に登れて再挑戦は見事に成功しました。(^^V

【DATA】
標高:901.7m
歩いた日:2007年1月8日
天候:雪
メンバー:娘(小6)と2人
山中徘徊時間:6時間00分(昼食・休憩含む)

07:40 朽木いきものふれあいの里駐車場到着、準備
07:55 登山届けを提出して出発
08:25 林道と登山道の分岐
09:05 くつき温泉ルートが合流する557mポイント
10:10 カツラ谷ルートが合流する813mポイント
10:30 蛇谷ヶ峰山頂 901.7m(休憩)
11:15    出発
11:25 813mの分岐点
11:55 557mの分岐点
12:20 自然観察道(林道)への合流点
12:40 自然観察道付近の東屋で昼食
13:55 駐車場着
14:15 くつき温泉「てんくう」
15:10   出発
16:30 帰宅

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

 
 
IMG_2683.jpg
▲登山届けを出して出発。天気はしぐれ程度の冷たい雨、でも空は青空も出ている。山の中では雪だろうし、そんなに大きく崩れないだろうと予定通り山頂をめざすことに。


IMG_2686.jpg
▲登り始め。階段は見えているし、雪はじゅくじゅくで期待はずれ。昨年の雪はこの場所で膝まで埋まっていた。さずがに昨日は山に登った人はいないようで、今日も一番スタートだったので雪の上に動物以外のふみ後はありません。

IMG_2694.jpg
▲尾根に出たので振り返ると朽木の町並みが見え、その向こうには芦生の山が雪をかぶって見えています。日差しが射しているところも。


IMG_2697.jpg
▲尾根道の登り。子どものスピードに合わせて登るので決して早くはありませんが、マイペースで順調に標高が上っていきます。


IMG_2706.jpg
▲途中であっという間に吹雪になりました。娘は「顔がイターイ」と叫びながらも、最近、蓬莱山や伊吹山でさんざん鍛えられたので、笑顔の余裕です。

IMG_2714.jpg
▲追いついて来られたご夫婦に先にいってもらいました。私と同じように昨日の降雪を期待して来られたようでスノーシュー装備。昨冬も3回もここを登られているそうです。私達もここらでスノーシュー装着です。


IMG_2718.jpg
▲3分の2ほど登ったあたりから雪質もパウダースノーになり、辺りの景色も見事な雪化粧に変わりました。


IMG_2727.jpg
▲雪景色の中をスノーシューで快調に登っていきます。登山靴では雪にもぐって歩きにくいくらいの積雪です。ふかふかの雪を踏みしめる音だけが聞こえる世界です。


IMG_2738.jpg
▲さあ、山頂はもうすぐです。まわりの木々の背丈も低くなり樹氷のアーチをくぐりながら登っていきます。


IMG_2742.jpg
▲蛇谷ヶ峰山頂です。昨年途中撤退の再挑戦成功。本当は360度の展望が楽しめるのですが、雪雲の中。武奈ヶ岳・釣瓶岳方向を見ると「これは吹雪いているなあ」とわかります。とりあえず小雪ちらつく明るい天気です。


IMG_2764.jpg
▲娘が雪だるまに夢中。山頂付近の雪を独占。後から登ってきた方ごめんなさい。せっかくの雪の山頂が除雪されてしまいました。替わりに三角点に雪だるまを置いておきました。


IMG_2771.jpg
▲お決まりの大の字です。一昨年の秋、単独で比良山の一番南の権現山からテント1泊で縦走したとき、最後の山頂になったこの場所で昼寝をしたことを思い出しました。


IMG_2780.jpg
▲下りのスノーシューは早い早い。雪の斜面を駆け下りることが簡単にできます。転ばないように気をつけながら一気に下山しました。

下山して自然観察道を歩いていると、スノーシューを背負ってこれから登られるご夫婦?とお会いしました。雪の様子を聞かれたのでお話していると「ブログやっておられませんか?」って。山でこんな風に声をかけてもらえることが時々あります。うれしいですね。またどこかでお会いしたら声をかけてくださいね。



この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/327-13ba4173

トラックバック


コメント

あけましておめでとうございます

by おっちゃん : URL

あけましておめでとうございます。
正月から、いい山行きですね。
お嬢さんと、楽しい山行きですね。
うらやましく思います。
今後ともよろしくお願いします。

by じゅん : URL

こんばんは。
リベンジできて良かったですね!
お嬢さんと雪山でスノーシューを一緒にできるなんて素晴らしいです。
吹雪きもものともしないお嬢さんも逞しい!
ウチも今シーズンには長男とデビューしようと思ってます。まずはピークを目指さないスノーハイク程度ですが。

>あけましておめでとうございます

by てくてく : URL

おっちゃんの山行記もいつも楽しみにしています。子どもと一緒の山行なら安全第一の思考で自然と行動できますのでいいですよ。今年もよろしくお願いします。

>じゅんさん

by てくてく : URL

お子さん用のスノーシューを買われたんですよね。レポート楽しみにしています。

by ブルードッッグ : URL

ふぁー!
本格的ですねえ。
こんな景色ナマみたいです。

by ひめちょろ : URL

大変遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

また、娘さんとの楽しい雪山ですね
大の字も~♪

今日は家族でお祝いがあってますか?
お誕生日おめでとうございます

by runa : URL

父も登山が趣味でよく2人で登山はしたのですが、雪山は挑戦した事がありません。すごく寒そうだけど、なんか楽しそうですね♪♪

>ブルードッグさん

by てくてく : URL

晴れればもっといい景色が見られたのですけど。
それでも雪景色はいいものです。

>ひめちょろ さん

by てくてく : URL

今年もよろしくお願いします。
お祝いありがとうございます。
どこかに生年月日って書いてましたっけ?
さっきみんなでケーキを食べました。

>runaさん

by てくてく : URL

お父さんも山好きなんですね。
ぼくも子どもの頃、父に連れられて山を歩きました。やっぱり雪山はなかったです。装備さえしっかりしていれば、思われるほど過酷ではないですよ。

by se1955 : URL

親子で山登り、いいですよね~。
私も子供が小5ごろから一緒に登り始めましたが、子供のことがよく理解できるよになるし、子供にいろんな体験をさせることができるし・・・・
いつまでも一緒に登ってください。

>se1955さん

by てくてく : URL

うん、そうですね。家では生意気ざかりの娘ですが2人で山へ行くと協力し合うパートナーとして動いてくれます。親が子どもを理解できるのに加えて、子どもも親をさらに理解してくれる機会になっていることを願いたいですね。いつまで一緒に行ってくれるやら。(^^;

ご無沙汰しておりました・・・

by ゆうとまま : URL

おはようございます
娘さんと、スノーシューで笑顔のリベンジ♪
山頂の雪だるま付きで、おめでとうございます

楽しそうなピースサインで、私も親として単純に嬉しく拝見させて頂きました^^v

週末少し雪のあるところと思ってます。
先日の東吉野の明神平の霧氷様がいいそうですが、下の娘には、無理そうだし夏に行った綿向山かなぁ~と、思ってます。
では、今年も宜しくお願いします。

>ご無沙汰しておりました・・・

by てくてく : URL

ゆうとままさん、ほんとご無沙汰しておりました。そうですね。いつも下の子と一緒に行くときは山の選定に気を使います。いい雪の思い出をつくってあげてくださいね。

こんばんはぁ~

by ゆうとまま : URL

雪降りませんね
どんどん溶けてますね(; ;)ホロホロ
週末に蛇谷ヶ峰に行ってみようかと思います。雪無いでしょうけど、短い寒波が来るようで締まってくれることを祈るばかりです・・
どろんこになりませんように・・(笑)
スキー場から登るかセンターから登るか迷ってますが、どちらがいいでしょう?
スキー場が閉鎖ならお手洗いなどの施設も使えないですよね
さてさて・・

>こんばんはぁ~

by てくてく : URL

蛇谷に行かれるんですね。
コースは断然センターからをおすすめします。スキー場からはものたりないですよ。子連れでもセンターからのルートで十分行けます。もっとも1年前の子連れ山行は吹雪で撤退しました。ぼくも日曜日にどこかと思って雪の残ってそうな日帰りルートの情報収集中です。(^^;


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。