ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/七瀬中尾根・上谷・内杉

歩いた山の紹介 ] 2006/11/05(日)

IMG_1997_top.jpg
黄金色のトンネル

原生林の秋は決して1色には染まらない。赤もいれば黄色も、緑のまま落ちていくやつもいる。早いやつも遅いやつも混じって在るのが原生林の証。人間社会でもみんな画一的じゃあつまらない。芦生原生林は、昨年よりやや早く色づきのピークを迎えていた。すでに尾根道では落葉のほうが多かった。ブナの黄葉は来週には終わっているのではないかと思う。

天気は快晴、朝4時に起きて、6時40分から1日たっぷり楽しんだ。トロッコ道、下谷の半分、上谷、内杉林道と芦生のフルコース。ほんとザックの底からツエルトでも出して泊まってきたかったよ。

滋賀県側からの入山がすべて禁止になった芦生原生林。これからは京都側の須後から長いアプローチで入山するほかはない。これまで内杉林道ルート、櫃倉谷ルート、由良川本流ルートと自分の足で歩いて芦生原生林へ入ってきた。今回は第四のルートに挑戦した。

上谷は静かになった。入山禁止ぶっちぎり組と思われる数グループとガイドツアーが1団体会っただけ。昨年のこの時期の上谷は行き違いで渋滞していたので入山制限は効果が出ていると思う。いくら言ってもぶっちぎる人はいるのだろう。


【DATA】
標高:935m(傘峠)、874m(八宙山)
歩いた日:2006年11月5日
天候:快晴
メンバー:単独
山中徘徊時間:10時間00分(昼食・休憩含む)

06:40 須後駐車場 出発
07:10 灰野
08:45 七瀬(休憩)
09:00    出発
09:55 七瀬中尾根に乗る
11:00 傘峠
11:20 八宙山
12:10 中山出合い
12:20 長治谷小屋(昼食休憩)
12:50    出発、上谷へ
13:50 モンドリ谷
14:00 中山尾根に乗る
14:35 林道と合流
14:55 ケヤキ峠
16:40 内杉林道を経て須後へ

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

 
 
IMG_1845.jpg
▲まだ日の出前、朝もやの中をいつものトロッコ道から芦生研究林へ。ここから七瀬までは、ほとんど登り下りのない水平道です。


IMG_1855.jpg
▲こ今年の大雪で倒壊した小ヨモギ谷小屋はきれいに解体されていました。あとにはおなじみの大イチョウが残っていました。


IMG_1861.jpg
▲カヅラ谷小屋も今年の雪で半倒壊していました。6月に来たときはまだ中をのぞくことができましたが、ここも解体されていました。中学1年の夏、同級生3人だけで佐々里峠からテントを担いで芦生入りし、ここの河原でキャンプをしたことがありました。すごい夕立があって小屋に逃げ込んだ懐かしい思い出があったのです。


IMG_1875.jpg
▲七瀬から本流の上流を写しました。ここまで約2時間のいいペース。靴を脱いで川を渡る足が冷たくて季節を実感しました。さてここから道のない七瀬中尾根へ進みます。

IMG_1885.jpg
▲地図と磁石で方角を確かめて、登りやすそうな斜面から両手もフルに使って急斜面をよじ登っていきます。倒木や低木が行く手をこれでもかと阻んできます。それでも斜面にはブナの見事な大木がたくさんあり、うれしくなります。生杉のブナ林にも負けていない大木がいっぱい。


IMG_1887.jpg
▲へとへとになりながら、ふと上を見ると色づいた木々の葉がきらきらと輝いています。息を整えてまだまだ道なき急斜面をよじ登ります。


IMG_1889.jpg
▲尾根をめざして登り始めてほぼ1時間、ようやく明るい空が見えてきました。もうすぐ尾根、たぶん歩きやすくなるはず。最後の急登、急斜面なので生えている木も地面から出たところで上に向かって見事に曲がっています。


IMG_1894.jpg
▲やっと尾根に乗りました。道はないけれど歩きやすく十分快適です。ここまでくれば、地図を見ながら尾根をはずさず歩けば大丈夫。踏みあとくらいはあるのかもしれませんが、この季節はどのみち落ち葉でわかりません。地図を読みながら自分の力で歩くしかありません。そうそう、尾根付近に電気を通していたと思われる碍子やワイヤーの残骸が数ヶ所残っていました。いつごろ、何のために施設されたものなのでしょうか。


IMG_1898.jpg
▲七瀬中尾根を歩いている途中。かえでの紅葉が見事です。


IMG_1911.jpg
▲少し迷って時間をロスしましたが無事に傘峠に続く登山道に合流できました(違う尾根にすすんでしまい、途中で気づいて戻ってきました)。このあたり、風が強いからでしょうか、尾根のブナはみんな落葉していました。


IMG_1913.jpg
▲傘峠935mです。本日の山行では最高標高になります。春に来たときは林の中の山頂でした。今の季節は葉が落ちているので明るい景色に変わっていました。


IMG_1914.jpg
▲八宙山(874m)です。山頂という感じではなく、尾根上の小ピーク。春に歩いたときは気づかず通過してしまいました。山頂のプレートがついていました。


IMG_1925.jpg
▲傘峠から八宙山にかけて大きな芦生杉が何本もあります。八宙山から少し下ったこの芦生杉が最大です。何というか、木の上で小屋を建てて住めるのではないかと夢を膨らませてくれる巨木です。(写真の大木はスギでなくヒノキでした。2007.4.29訂正)


IMG_1937.jpg
▲長治谷小屋のテント場。秋のこの季節、テント一杯かなあって思っていましたが、到着が日曜日の昼をまわっていたので、1張りのみでした。生杉から入山禁止になったのでテント泊の方も減っているのかもしれません。


IMG_1949.jpg
▲谷のほうの黄葉はまだまだこれから楽しめそうでした。下谷、野田畑と歩いて上谷に入りました。


IMG_1952.jpg
▲上谷の黄葉。写真に撮ると本当のスケールが伝わらないのですが、別世界でしたよ。


IMG_1953.jpg
▲上を向いてもいい景色。お昼ねしたいですね。


IMG_1956.jpg
▲上谷に合流している小さな谷がいくつもあります。その一つひとつがこれまたいい雰囲気になっています。思わず入ってみたくなりました。


IMG_1957.jpg
▲上谷の名物?トチの巨木です。ちょうど下に人が集まっています。大きい木ですね。さすがに上谷では数グループの方とお会いしましたが例年のこの時期の上谷とは比べ物にならない静かさでした。


IMG_1965.jpg
▲少し歩いてミズナラの巨木。もう葉は落ちていました。


IMG_1972.jpg
▲モンドリ谷の景色です。上谷と違ってあまり人が歩いていないので道もなく自然のままの原生林(言葉変だなあ)でした。この谷からまたよじ登って中山尾根に乗るルートで歩きました。このよじ登りがまた大変。ずるずると滑る土で3m登れば5m落ちての繰り返し。1人でマンガみたいなことをしていました。何度か取り付き場所を変えて何とか登りました。


IMG_1973.jpg
▲尾根に乗れば後は同じ。地図と磁石をたよりに進みます。所々踏みあとがあり、目印のビニルテープも結構ありました。でも、谷のいろんな所から登られた方が、引き返すときのために付けられたもののようで、あまり信用しないほうがよさそうでした。できるだけ山の中を歩きたかったので、林道への合流はぎりぎりまでしないように尾根を選んで歩きました。


IMG_1978.jpg
▲枝尾根がたくさんありましたが今度は迷わずに林道に合流。それも狙い通りの地点でした。


IMG_1990.jpg
▲芦生では長い林道歩きがつきものです。真夏などは「かんべんしてくれー」と言いたくなります。でも今の季節は、林道の景色がまた格別にいいのです。ブナの黄葉も見ごろでした。


IMG_1995.jpg
▲こんな感じの景色がずっと続いています。赤だけの紅葉でなく、いろんな色が交じり合っているのが自然の姿と思います。




IMG_1996.jpg
▲林道から見た山並みの紅葉。


IMG_2013.jpg
▲これもブナの黄葉です。


IMG_2027.jpg
▲どこまでも続く黄葉のトンネル。夕暮れの気配がただよう中、無事に須後に到着。たっぷり10時間の芦生歩きでした。




asiunanase.jpg




この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング
スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/301-75c6ce43

トラックバック


コメント

ご無沙汰してます。

by kazuo : URL

ご無沙汰しております。10時間も歩き続けるってすごいですね。見れば見るほど芦生って大自然が残っているのだなとふと思いました。私も天王山界隈からようやくポンポン山あたりまで足を伸ばすようになりましたがいかんせん経験不足なので芦生は
おろか北山も厳しそうですが春頃にには
チャレンジしてみたいですね。

by suika-_-_1979 : URL

ミスター0さん。 (^コ^)(^ン^)(^ニ^)(^チ^)(^ワ^)

いつも楽しく拝見させていただいてます!

ハイキングは、ミスター0さんがおっしゃるとおり
①休めない。進むしかない。後戻りができない。
②休憩場所がない。お店がない。
③何時間も続けて歩くことができる。(有酸素運動)
などの点が非常に良いですよねo(~∇~*o)(o*~∇~)o

私、本当は山登り好きではないんですがダイエットの観点から非常に良いと思い9月頃から続けています。

そこで質問なのですが、冬はどのような場所でハイキングしてらっしゃるのでしょうか?
寒いし・・(゚◇゚oi)
昨日ハイキングに行ってきましたが、もう本当に寒かったです。
なので、ちょっと冬の山歩きは無理かと・・( ̄□ ̄;)

冬のハイキングはどうされていますか?

>ご無沙汰してます。

by ミスターO : URL

kazuoさん、ごぶさたです。
忙しくてブログの更新はさぼりがちです。
でも、月に2回くらいはいまでも山に行ってますよ。
北山もいいですからぜひ足をのばしてみてくださいね。

>suikaさん

by ミスターO : URL

真夏と比べると冬のハイキングは快適ですよ。すぐに汗をかいてポカポカになるし、お昼はお湯を沸かしてうどんでもつくれば幸せいっぱい。高い山は危ないので京都近辺の標高の低い山を歩いています。防寒着は必ず必要ですよ。

by NAO : URL

0さんご無沙汰しております。
コメントありがとうございました。
まぁ、ぼちぼち更新したいと思います。
ではでは。

>NAOさん

by ミスターO : URL

更新楽しみにしていますよ


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。