ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生テント泊(後半)

歩いた山の紹介 ] 2006/05/05(金)

IMG_5987_top.jpg
▲ブナの大木を見上げる娘

芦生2日目です。夜、びっくりするほど冷えました。3シーズン用シュラフにシュラフカバーの装備でしたが、寒くて眠れず持ってきた衣類を全部着込み、カッパの上下を着て眠りました。最低気温は2度か3度だったのではないでしょうか。青空が広がり気持ちのいい2日目の朝になりました。

子どもも寒かったようですが、レイヤードのおかげでぐっすり眠れたようです。今日は私も初めて歩くコース。下谷と芦生の尾根を縦走します。

【2日目:DATA】
標高:939.1m(ブナノキ峠)、935m(傘峠)、870m(八宙山)
歩いた日:2006年5月4日
天候:晴れ
メンバー:娘(小6)と2人
山中徘徊時間:6時間45分(昼食・休憩含む)

07:20 長治谷小屋前(テント場)出発
07:35 中山
08:10 上谷の芦生杉の保存木
09:10 けやき峠
09:40 ブナノキ峠への分岐
09:55 ブナノキ峠山頂 939.1m
10:10    出発
11:30 傘峠山頂 935m(昼食休憩)
12:30    出発
12:55 八宙山山頂 870m すぐ近くに芦生杉の巨木
13:05    出発
13:35 中山出合(休憩)
13:50    出発
14:05 長治谷小屋前(テント泊)


2日目の山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

 
 
 
IMG_5914.jpg
▲テント場の朝。ほんとに寒かった!3日の夜はテント場はほぼ一杯。子ども連れの家族が他に2組、いずれも登山ではなく、キャンプと散策が目的のようでした。コールマンの重いテントを担いで来られていたり、七輪やクーラーボックスも持ち込まれていました。近いといっても車から40~50分、ご苦労様でした。



IMG_5927.jpg
▲中山出合の渡渉。下谷は林道でなく川沿いを歩こうと思い渡渉しましたが、流れの中を歩くコースと知り、今日はパス。林道に戻って下谷を歩きました。昨日の枕谷や野田畑谷、上谷と比べて流量が多く澄んだ水がきれいな谷です。夏場に靴が濡れるのを気にせず、ばしゃばしゃと歩けばさぞ気持ちがいいのでしょう。


IMG_5930.jpg
▲芦生ではよく見られますが樹齢数百年の巨樹にはさまざまな植物が根を張り共生しています。


IMG_5933.jpg
▲下谷の芦生杉の保存木です。威風堂々とした立派な立ち姿の巨木です。下から見上げた姿が美しいと思います。


IMG_5934.jpg
▲杉の保存木の横にはトチの巨木があります。


IMG_5947.jpg
▲栃の木平保存林です。林道から保存林の中を歩く道もありました。


IMG_5952.jpg
▲長い林道歩き。地図を見ながら現在地を確認する練習。


IMG_5953.jpg
▲大きな奇形の杉の木です。土台の幹は1本なのに何本も幹分れしてそれぞれが標準的な北山杉以上の太さがあります。


IMG_5962.jpg
▲巨木を見上げながらの尾根歩き。けやき峠で林道と別れて登山道に入ります。登山道に入ってすぐに廃れた林道と並行するようになり、林道を歩いたほうが楽そうに見えますが、登山道を歩かないとブナノキ峠には行けません。

IMG_5965.jpg
▲ブナノキ峠に向かう尾根道には大木の木の根が地面を這っており、木の根道になっています。


IMG_5971.jpg
▲ブナノキ峠の山頂。木に囲まれた山頂ですが、疎林であり、明るい感じの山頂です。展望は木々の間から見えます。


IMG_5979.jpg
▲人間が立ったまま入れる空洞のある大木がありました。


IMG_5980.jpg
▲傘峠山頂。尾根道の途中にわずかなピークで山頂という感じではありませんでした。


IMG_5994.jpg
▲八宙山山頂付近の芦生杉の巨樹。こんな山のてっぺんに周囲何メートルもある巨木があるとは驚きです。大切に保存すべき木に子どもが登っていますがサルだと思って許してください(笑)。(写真の大木はスギではなくヒノキでした。2007.4.29訂正)

IMG_6007.jpg
▲八宙山から下谷に下りてきました。上から見た下谷の様子です。まだまだ高い位置からですが、水中の石の様子まで見える透明感、深い森とやさしい流れのバランスがよく、山の斜面で立ち止まって子どもと「きれいやなあ」と言い合っていました。


IMG_6012.jpg
▲長治谷テント場に戻ってくると入れ替わり新しいテントが張られており満員。はみ出したテントは芝生のすみに張られていました。


IMG_6020.jpg
▲新緑がまぶしい地蔵峠。3日目の写真です。本当は3日目の午前中に由良川本流を歩いて岩谷の出合まで往復する予定でしたが、さすがに子どもに疲れが見えたので無理をせず予定変更しました。「何時まで寝てもいいで」と言っておいたら、娘は本当に11時間も眠りっぱなしでした。それでしっかり回復するのですから若いっていいなあと感心。テントを乾かして撤収。車に乗って朽木の道路沿いで山菜摂りをしました。ワラビは「もういらん」と言うほどの収穫、他にはタラの芽とぜんまい。タラの芽はさっそく夕食の食卓に天ぷらにしておいしくいただきました。


IMG_6022.jpg
▲地蔵峠から林道を歩いて見える風景です。1日目の朝の写真と同じ場所ですが、日の当たり方でこんなに見え方が違います。色とりどりの山は自然林の証拠。規格化されたような同じ太さ、同じ高さの木ばかりでなく、みんなバラバラで個性のある木があつまって森になる。そんな森の中にこそ、立派な巨樹も育つことができる。人間社会にもあてはまりそうな姿でした。帰りは「山帰来」で一服し、くつき温泉「てんくうの湯」でゆっくりして帰りました。

娘にとってはオートキャンプではない初めてのテント泊登山。ゴールデンウィークにUSJや遊園地でなくこんなところに連れてきた親の思いとしては、「この3日間で今まで見たこともない自然の姿を次々と目にして子どもなりに何かを感じてくれればなあ」、「大きな荷物を持ってこんな自然の奥深くまで自分の足で歩けるようになった自分の成長に改めて気づいてくれればなあ」ということになるのですが、何を感じ、何を思ったかは娘の胸の中です。

小学生の頃、父親が毎年、「青少年芦生山の家」に連れて来てくれて、由良川で泳いだり、トロッコ道をハイキングしたりして芦生の「入り口」に触れてきた私。その時、父親が何を思って芦生に子どもを連れてきたのかはわかりませんが、その私が30年経った今、芦生を歩くようになり、自分の子どもにも見せてやりたいと連れてきています。

願わくば、30年後、この子が親になり子どもに「芦生を見せてやりたい」と思ったときに、今と同じ姿の「芦生」があってくれればと思います。



この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/275-fbeb48ec

トラックバック


コメント

by じゅん : URL

こんばんは。じゅんです。
GWはお嬢さんと巨木の原生林の中の山歩きとテント泊を楽しまれたようですね。
こんな素晴らしい山歩きを僕も子供達としてみたいものです。
この夏には僕も先日購入したゴアテントで長男とテント泊縦走でもできればと思っています。

>じゅんさん

by ミスターO : URL

ゴアテントいいですね。私も欲しい!
お兄ちゃんはもうかなり歩けるでしょうね。
じゅんさんに鍛えられて将来が楽しみです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。