ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生テント泊(前半)

歩いた山の紹介 ] 2006/05/05(金)

IMG_5849_top.jpg


新緑の季節がはじまったばかりの芦生へ2泊3日のテント泊で行ってきました。6年生の娘に一度芦生原生林を見せてやりたいと思っていたのでゴールデンウィークを利用して2人で思いっきり歩き回りました。

芦生にはいろんなコースがありますが、本物の自然の姿を子どもにたっぷり体験させる目的と、子連れゆえ安全や体力面を考慮してコースを選定しました。2泊3日は、しんどいようですが体力を回復しつつ行動できる面もあり、よかったと思います。

主な行程は、以下の通りです。

1日目は、生杉休憩所前-地蔵峠-長治谷小屋前(テント設営)-枕谷-三国峠-野田畑峠-野田畑谷-シンコボ-国境尾根-野田畑峠-湿原-上谷源流-長治小屋前(泊) ◆予定では、野田畑峠からシンコボのコースは考えていませんでしたが、子どもが調子よく歩けていたので追加しました。

2日目は、長治小屋前-中山-下谷-ケヤキ峠-ブナノキ峠-傘峠-八宙山-長治小屋前(泊) ◆予定通り歩けました。

3日目は、予定では、長治小屋前-中山-由良川源流-岩谷出合(往復)でした。 ◆子どもの疲れが見えたので変更し、「朝寝坊-テント撤収-朽木で山菜取り-くつき温泉(てんくう)となりました。(笑)

3日間とも見事に晴れ、最高の天気でした。1日目の夜は寒くて寒くて、持ってきたものを全部着込んでカッパも着て寝ました。2日目の夜は一転して快適な気温でした。2日目の夜には満天の星空も見ることができました。

芦生は西日本最大の自然林と言われるだけあって、歩いた谷も尾根も素晴らしく、秋に来たときとはまた違う感動がありました。子どもも6年生なりの感性で出会う自然の姿にいちいち歓声をあげながら歩いていました。小学校最後のゴールデンウィークに最高の思い出ができたのではないでしょうか。

写真が多いので、このブログでは前半と後半、それにお花編の3回に分けて紹介します。

【1日目:DATA】
標高:775.9m(三国峠)、811.4m(シンコボ)
歩いた日:2006年5月3日
天候:晴れ
メンバー:娘(小6)と2人
山中徘徊時間:9時間00分(昼食・休憩含む)

05:20 自宅出発
06:30 生杉休憩所に駐車(先に駐車は3台)
06:45    出発
07:15 地蔵峠
07:40 長治谷小屋前(テント設営)
08:35    出発
09:30 枕谷を経て三国峠(岳)山頂 775.9m
09:40    出発
10:50 野田畑峠
11:25 野田畑谷源流にて昼食
11:55    出発
12:10 野田畑谷を最後まで詰めて鞍部に出る。シンコボは右へ。
12:20 シンコボ山頂 811.4m
13:10 国境尾根を歩いて野田畑峠(子どもが昼寝をはじめる・大休憩)
14:10    出発
14:35 野田畑湿原・上谷出合
14:50 上谷・大ミズナラの巨木(ここで引き返す)
15:45 長治谷小屋前(テント泊)


1日目の山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


 
 
 
IMG_5697.jpg
▲生杉休憩所からの林道にて。小6の娘の荷物は約10キロでした。テント設営語の山歩きでは私がこのザックを背負います。


IMG_5703.jpg
▲地蔵峠です。いつもの入山届けのポストがありませんでした。私の荷物は約25キロでした。背中にテント設営後の山歩きで子どもが背負うディパック。


IMG_5739.jpg
▲早々にテントを設営して日帰りの荷物だけを背負って枕谷を登りました。ゴールデンウィークで混んでいると思ったのでまずテント場に入りましたが、まだ朝の7時台だったため一番乗りでした。写真は枕谷の景色です。上谷や下谷もいいけれど、枕谷も美しい谷です。


IMG_5743.jpg
▲芦生には、ブナ、トチ、カツラ、ミズナラ、台杉などの巨木があちこちにあります。写真に撮ってもなかなか大きさが伝わらないので、今回の芦生ではモデル入りです(笑)。ブナの大木、ここまで大きなブナは芦生でも珍しいと思います。


IMG_5754.jpg
▲枕谷最上流部。ここも美しいところです。三国峠はもうすぐ。


IMG_5761.jpg
▲三国峠山頂。ここまで1組の登山者しか会いませんでした。雲が減ってどんどん晴れ間が広がってきました。


IMG_5763.jpg
▲三国峠からの展望です。峠と名がついていますが立派な山頂で三角点もあります。展望も今回登った山の中ではピカイチでした。


IMG_5779.jpg
▲県境尾根を野田畑峠に向かっています。ここから先は「山と高原地図」では破線になっています。確かに踏み跡がなくなるところが何ヶ所も出てきますが、基本的に尾根と谷を歩くので、地図を見ながら歩けば難しいところではありません。


IMG_5810.jpg
▲野田畑峠から見た景色です。まさに原生林といった景色が自分を取り囲んでいます。写真では雰囲気が伝わりませんが、この景色の広がり感は他にありません。ここまでで十分感動していた子どもも「えーっ!」と声をあげました。

IMG_5818.jpg
▲大小のピースサイン。野田畑谷にはカツラやトチの巨木がたくさんありました。時間も子どもの体力もかなり余裕があったので、予定になかったシンコボへ行くことにしました。野田畑谷を詰めて登って国境尾根で帰ってくるコースです。谷と尾根は数10mしか距離がなく、谷にいても尾根を歩いている人と話すことができるくらい、面白い地形です。この野田畑谷は地図には破線もなく、私もはじめて歩きましたが、荒れていますが険しいことはなく、尾根歩きでは見えない原生林らしさが堪能できました。


IMG_5830.jpg
▲野田畑谷の最源流部です。適当なところから尾根に上ると歩きやすいと思いましたが、せっかくなので最後まで谷を詰めることにしました。さすがに踏み跡もなく荒れており、倒木を乗り越えながら前進する「天然アスレチック」状態です。谷を詰めきって鞍部に出たらシンコボは尾根を右にすすんですぐです。


IMG_5836.jpg
▲シンコボ山頂です。雑木林の間から遠くの山が望めます。山頂は広い台地状になっており、休憩するのに気持ちのいいところです。今回もずっと男の子に間違われた娘ですが、こうやって写真を見るとやっぱり男の子に見えますね(笑)。

IMG_5842.jpg
▲「只今充電中」。シンコボから尾根を歩いているときに子どもが「眠い」を連発。「疲れた」とか「しんどい」じゃなく「眠い」って?!「えらい余裕があるやん」と思いながら、安全な野田畑峠まで歩かせて横にならせるとすぐに寝息をたてて熟睡してしまいました。地面は落ち葉でふかふかの天然ベッドで温かそうです。原生林のど真ん中で無防備に昼寝とはなんとぜいたくな体験!。それにしても子どもは元気だと思っていたら電池が切れるように止まってしまうので子連れの山歩きは注意が要りますね。余裕のない行程で行動していると困った事になります。幸いテント泊なので時間の余裕はいっぱい。親の私も「ゆっくり休めよ」とやさしい気持ちになって見守ります。

IMG_5855.jpg
▲1時間ほど休憩し、充電が完了した子どもは元気いっぱい。踏み跡などない野田畑湿原を谷沿いに下ります。このあたり、先の野田畑谷の源流部と比べて「開けた原生林」というイメージ。明るいがすごくスケールが大きい森です。写真のようなミズナラの巨木にも出会えます。


IMG_5858.jpg
▲上谷と合流するあたりには広い湿原が出てきます。芦生では独特の風景です。


IMG_5866.jpg
▲今度は上谷を上流に向かって歩きます。時間があれば杉尾峠までと思っていましたが、先ほどの昼寝で時間を取ったので、写真のトチの巨木までで引き返しました。この木もすごく風格があり、巻きついているツルアジサイの太さも半端ではありません。本当はこの先の由良川の最初の1滴を見せたかったのですが。


IMG_5905.jpg
▲テント場に戻って夕食です。メニューは「うどんすき」。このあとの2日間はフリーズドライ食品になるので、夕食には野菜や肉などの生ものをふんだんに使いました。


IMG_6013.jpg
▲再び充電中。いい夢見ているのかなあ。明日もいっぱい歩こうね。




この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/274-2151e4ee

トラックバック


コメント

いい思い出が

by ひめちょろ : URL

出来ましたね。
子供さんにとっても人ごみの中で遊ぶより、とても良かったのでは♪
うちはもう子供も大きくなり別で暮らしているので、なかなか一緒に山に行くことが出来なくなりました。
今のうちに親子で楽しんでくださいね。

たくさんのお花に出会ったようですね。
イワウチワはこちらでは見ることが出来ないようです。
イワカガミに似ていて可愛い花ですね。

by モモ : URL

こんにちは~^^
楽しく山登りされていますね。
やっぱりお父さんと一緒と言うのは、お子さんにとってとても楽しい事ですよね。
忙しい生活の中でもダイエットを継続されているのは、
本当にすごいですね。

モモの心も少しは浮上してきました。
ご心配していただき、ありがとうございます。

>いい思い出が

by ミスターO : URL

ひめちょろさん、こんにちは
子どもは大喜びです。
今日、家庭訪問がありましたが、
連休明けからずっとその話ばかり先生に
していると言われていました。
先生も山に登られる方で山の話で
家庭訪問が終わりました。汗;

>モモさんへ

by ミスターO : URL

少しずつ元気になられているようで
安心しました。
気晴らしに山はいいですよ。
僕はストレスがたまったら山を歩いて
発散しています。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。