ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


武奈ヶ岳

歩いた山の紹介 ] 2006/03/11(土)

IMG_5433_top.jpg
▲武奈ヶ岳の展望を存分に楽しんで西南稜を下る我が子。背にしているのが武奈ヶ岳

暖かい日が続いて山の雪もだいぶ減ってきました。天気予報でこの土曜日は気温も上がりよく晴れるとのことでしたので、今年の雪山の締めくくりとして比良山最高峰の武奈ヶ岳に親子で登りました。ジェラート状の残雪で先月までのふかふかの雪とは全然違っていますが、それでも稜線ではまだ1m程度の一面の雪景色。すばらしい展望と重なって、前回の雪山では途中で断念した経験を持つ娘(小5)は大喜びの得意満面でした。

子連れの雪山はプランニングも山での状況判断も細心の注意が必要です。今年の2月5日の蛇谷ヶ峰でも悪天候でしたが「山頂まで行って行けないことはない」状況の中、子どもの安全第一で途中で引き返しました。積雪期の武奈ヶ岳はどのコースから登っても楽に山頂に立てるものではありませんが、今回のように天候や山の状況などうまく条件が合えば小学生でも安全に登ることができます。

歩くペースも子どもに合わせて、終始楽しく歩けるように持っていくようにしました。山頂までの登りは、結構大人の登山者と変わらないペースで登れますが、下山はがくんとペースが落ちます。疲れが出てくるのと、やはり怖いのでしょう。絶対にあせらさず、何時間余計にかかっても子どものペースで歩く覚悟が必要です。今回は下山時、子どもにトップを歩かせてやりました。いつもは私の後について歩くのですが、トップを歩けると聞いてはりきり、楽しそうでした。トップは安全に歩ける道を選びながら進まないといけないということを知り、ゆっくりですが、一所懸命歩いてくれました。途中で一ヶ所、道を外れた時がありましたが、危険ではなかったので黙っていました。自分で気づき、周りを見て考えて、正しい道を見つけてくれました。予定では14:30頃に下山できると思っていましたが、そんなことで16時前になってしまいました。

【DATA】
標高:1214.4m
歩いた日:2006年3月11日
天候:晴れ
メンバー:娘(小5)と2人
山中徘徊時間:7時間00分(昼食・休憩含む)

08:30 坊村登山口着、駐車(マイカー)
08:30 身支度をして出発(今日はスノーシューはなし)
11:20 御殿山
11:35 ワサビ峠
12:20 武奈ヶ岳山頂1214.4m(昼食)
10:30 知井坂(峠)
13:05    出発
13:40 御殿山
15:50 坊村へ下山

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング



 
 
IMG_5436.jpg
▲坊村登山口の様子です。ここで登山届けが出せます。今日は武奈ヶ岳の裏コース、御殿山-西南稜-武奈ヶ岳のコースを歩きます。西南稜の稜線は稜線自体の美しさや展望のよさで比良山系の登山コースの中でも特に人気があります。


IMG_5398.jpg
▲坊村からの登山道はいきなり急登でまだエンジンのかかりきっていない体からは滝のように汗が出てきます。杉木立を過ぎ自然林に景色が変わってくると視界も開け、登りの勾配もいくらかゆるくなります。


IMG_5408.jpg
▲途中から雪の上を歩くのですが、根雪もやわらかくなっており、何歩かに一度はズボッとはまります。雪の中が融けて空洞になってきているようです。そんなわけで、他の登山者の方もコースタイムより相当時間がかかっています。それでも良いお天気の下を気持ちよく歩いて御殿山山頂です。


IMG_5412.jpg
▲ここはワサビ峠。標識もまだ雪の下です。


IMG_5426.jpg
▲武奈ヶ岳山頂です。三角点をさわって子どもも大喜び。天気が良いので見晴らしも最高です。気温も高く、長袖シャツ2枚で十分でした。お昼時でしたので山頂は大賑わいです。


IMG_5418.jpg
▲武奈ヶ岳山頂から見た西南稜と蓬莱山です。



IMG_5430.jpg
▲子どもをトップに立たせて西南稜を歩きます。「雪屁に乗ったらあかんよ」「走ってこけたら怪我だけではすまんよ」という注意を聞きながらも先頭を歩かせてもらえるのがうれしそうでした。


IMG_5439.jpg
▲遭難の絶えない比良山。積雪期は一旦天候が崩れると危険な山域になります。先月は、同じコース上で2件も遭難事故が発生しているようでした。安全には十分注意して山に入るようにしようと改めて思いました。




060311bunagatake.jpg





この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/245-00d0290f

トラックバック


コメント

by うずみん : URL

はじめまして!
武奈の山頂で子供さん連れてらしたのでよーく覚えてますよ~!
私は2人連れで水色の上着着て、ミスター0さんの前でカップラーメンすすってました(^^ゞ
比良にはよく行きます。またお会いするかもしれませんね~!
私の方もリンクいたしました。どうぞよろしく!

>うずみんさん

by ミスターO : URL

やっぱりお会いしていたんですね。
子どもは、昨日、山であったたくさんの
方から声をかけられて上機嫌でした。
子どもは他に登ってませんでしたからね。
ブログを拝見していると確かによく
比良に行かれているのですね。
私も昨年秋にテント泊で全山縦走を一人で
歩いて比良の良さを再確認しました。
またお会いしましょうね!

武奈ヶ岳

by おっちゃん : URL

武奈ヶ岳も以前と比べるとロケーションが悪くなりましたね。
やはり自家用車ですかねー。
武奈は、まだまだ雪が多いですねー。
気持ちよさとうにお嬢さん、歩いていますねー。こんな天気のいいときに歩いてみたいです。

by じゅん : URL

こんばんは。
今回は娘さんと武奈ヶ岳だったんですね。
もうトップをできるなんてスゴイじゃないですか!
子供のペースに合わせて無理をしないって大事ですね。
僕も頭ではわかっていても、山中ではつい「もっとサクサク歩け!日が暮れちゃうよ!」などと言ってしまいます。反省です。

by NAO : URL

こんばんは。
最近、自分の家を放火する子供がいる中、娘さんの楽しそうな笑顔が、親子の仲のよさを映し出してますね。微笑ましいです。

こんにちは。

by ヌプリネット : URL

百里ヶ岳から武奈ヶ岳がバッチリ見えていましたよ。
雪解けが進んでいますね。
百里も穏やかでのんびりとした日和でした。

by さくら : URL

足元の雪面を見ても、春の山を感じさせますね。ふきのとう、フクジュソウもそろそろ咲くころでしょうか。

武奈ヶ岳

by もんが : URL

はじめまして 
ブロブ拝見しました。綺麗な雪景色が楽しめたようですね。

今週末 坊村から武奈ヶ岳に行こうと思っていますが、
装備は軽アイゼンで良いでしょうか。

自分が持っている装備は12本アイゼン、4本アイゼン、ワカン、スノーシューです。

by ヤッホー : URL

こんばんわ
子どもとの山登りは、私の夢でしたが、もう不可能です。
ものすごく羨ましいです。
くれぐれも、考え事して車に食事など忘れぬよう・・・。

>おっちゃん

by ミスターO : URL

こんにちは
比良の鯖街道からのアクセスは京都バス
だのみですね。行きに使う分には始発に
乗ればいいので気になりません。でも、
琵琶湖側から登って鯖街道に抜けるルート
の時はバスの時間が気になってせわしない
です。午後は1本しかありませんからね。
朝早くから歩きたいときや往復ルートの
時ならやっぱり自家用車が便利です。
帰りに温泉に寄ったりできますし。

>じゅんさん

by ミスターO : URL

親の後ろをついてくるだけじゃあ面白く
ないでしょうからね。
じゅんさんもブログで書かれていましたが、
子どもってしょっちゅう立ち止まるんです
ね。木を見たり雲を見たり。先頭を歩かせ
てみてわかりました。自然から色んな刺激
を受けているようですから、立ち止まって
眺めるのもいいことだと僕も思います。

>NAOさん

by ミスターO : URL

決して良くできた子どもではないのですが、
のびのび育てたいと思っています。女の子
なのに生傷がたえません。(^^)

>ヌプリさん

by ミスターO : URL

天気も見晴らしも良かったですからねー。
雪解け新緑の山も今から楽しみです。

>さくらさん

by ミスターO : URL

今回のコースでは見つけられませんでしたが
もう地面からはふきのとうが出ているんじゃ
ないかな。これからが楽しみですね。

>武奈ヶ岳

by ミスターO : URL

もんがさん、こんにちは
僕たちが登った11日の状態ならアイゼンなし
で大丈夫でした。念のため僕は6本爪、子どもは4本爪の軽アイゼンを付けていましたが
アイゼンが効くような雪ではありませんで
した。

ただ、昨日、今日あたりまた雪が降ってい
るので、装着するかどうかは別にしてこの
時期の比良山は軽アイゼン程度は必ず持っ
て行ったほうがいいと思います。

>ヤッホーさん

by ミスターO : URL

もう無理ですか?
僕も子どもが生まれたとき、大きく
なったらキャンプやハイキングに
いっしょに行ける日を心待ちにして
いました。

「車に弁当」事件はさぞショックだった
でしょう。非常食をお持ちでよかったで
すね。

re:>武奈ヶ岳

by もんが : URL

アドバイスありがとうございました。
昨日武奈ヶ岳に行ってきました。
URLにアルバムをはりつけましたので、よろしければ見てください。
いい天気で山の展望は最高でした。

>武奈ヶ岳

by ミスターO : URL

もんがさん、こんにちは
さっそくフォトアルバムを見せていただきました。
さすがに雪は少なくなっていますね。
それにしても絶好のお天気。
山頂からの展望の写真も最高ですね。
私もまた行きたいと思います。

by ikajyu : URL

お子さんと積雪期に武奈ヶ岳に行かれるなんてすごいですね。
この時期は積雪がまだあると思われますので
驚いています。
展望もよく雪の景色が全体に広がってパノラマになりますね。

ikajyu さん

by てくてく : URL

コメントありがとうございました。年にもよりますが武奈ヶ岳は3月上旬はまだ上の方はしっかり雪があります。夏道を使うか冬道を使うか微妙な時もあるので子連れで行きましたが注意が必要な山です。とはいえ、天候次第では展望もよく、雪も踏めて子ども大喜びです。
ブログ拝見しました。今年の夏は白馬挑戦なんですね。大雪渓は以前はアルプス入門ルートでしたが、実は落石事故がすごく多く、回避が困難な事から中級ルート扱いになっています。行かれるなら十分気をつけて下さいね。稜線の展望と高山植物はとっても素敵です☆

承認待ちコメント

by :

このコメントは管理者の承認待ちです


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。