ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蛇谷ヶ峰(途中まで)

歩いた山の紹介 ] 2006/02/05(日)

IMG_5195_top.jpg
▲吹雪の中、父のつけた急登のトレースをがんばって登る娘

晴天に恵まれた先週の蛇谷ヶ峰からの展望写真を見た娘(小5)が絶対に連れて行けというので、今日、再び蛇谷ヶ峰に親子で挑戦することにした。冬型の気圧配置であり、前日の土曜日も相当降雪があった様子でラッセル覚悟の親子山行でした。ずっと吹雪の悪天候の中、娘も相当がんばりましたが、状況がますます過酷になってきましたので、約半分の557mポイントまでとし、下山しました。「ちょっと無理をすれば登れていたかも」と思えるくらいまだ余裕がありました。それだけに、山頂に立たせることができなくて残念でしたが途中撤退も良い経験です。雪の季節の間にまた親子で再挑戦をすると思います。

【DATA】
標高:557m(山頂まで行けずに途中撤退)
歩いた日:2006年2月5日
天候:吹雪
メンバー:娘(小5)と2人
山中徘徊時間:4時間00分(昼食・休憩含む)

07:20 自宅出発(マイカー)
08:55 朽木いきものふれあいの里駐車場到着、準備
09:20 登山届けを提出して出発
11:15 くつき温泉ルートが合流する557mポイント
12:15 自然観察道付近の東屋で昼食
13:20 駐車場着(一気くだりで山頂から50分!)
13:50 くつき温泉「てんくう」
14:50   出発
16:30 帰宅

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。 人気blogランキング

 
 
IMG_5178.jpg
▲京都市内では雪は降っていませんでしたが、大原を過ぎたあたりから大雪。道路も積雪状態でいつもなら1時間で着く朽木が今日は時間がかかりました。山に登り始められたのが9時20分でしたので、いきものふれあいセンター前には雪遊びの家族連れなどが来られていました。登山届けを出して出発です。この時だけ晴れ間が見えていました。


IMG_5183.jpg
▲ここはまだ登山道ではありません。自然観察用の散策道です。しかし、吹雪で前も見えないくらいで立派に「雪山」でした。


IMG_5191.jpg
▲山道に入って最初に急登を登りきると尾根道に出ます。昨日から雪が降り続いているようで人の踏み後は全くありません。私達が今日一番の登山者のようです。予想通り全行程ラッセル覚悟です(楽しみ!)。私がスノーシューで踏み後をつけて後から娘が登ってきます。積もりたての雪なので、踏み後をたどっても娘のヒザまで沈みながら前進です。


IMG_5197.jpg
▲急登になるともう大変です。娘は胸まで沈むこともたびたび。その度に吹雪の冬山に「うぎゃー」と叫び声がひびきわたります。幸い、私達のほかには誰もいません。結構楽しんでいるようなので、私は追いついてくるまで辛抱強く待っているだけです。


IMG_5199.jpg
▲私の進路方向の写真です。誰の足跡もありません。どこにルートをつくるかも全く自由です。バージンスノーのラッセル、気持ちがいいものです。先週に同じルートで一人で登っているのでルートに不安はありませんでした。


IMG_5207.jpg
▲ここが557m地点です。くつき温泉からの登山道と合流するポイントでもあります。距離的には半分強。先週はここまで一人で55分でした。今日は1時間55分かかっています。このペースで歩いて頂上につくのは13時30分頃、昼食を途中でとってもまだ大丈夫そうです。子どもも「大丈夫」と言っています。でもよく観察すると手袋は中まで濡らしているし、靴の中にもたくさん雪を入れて濡らしている様子。「鼻が凍って息ができない」などととんでもないことも言っています。くつき温泉からの登山者も今日はまだのようでこの先にもトレースはありません。この先、頂上までの稜線は風も雪もずっと強くなります。「行ってしまえば何とかなるだろうな」とは思いましたが、子ども連れの山歩きはわずかでも不安があれば安全なほうを選択すべきだと常々考えているので、今日はここまでで引き返すことにしました。


IMG_5212.jpg
▲下りでは、私がスノーシューで駆けるように下るのを娘はうらやましそうに見ていました。が、突然背後から歓声があがり、だんだん近づいてきます。見ると教えていないのに尻セードで滑っているではありませんか。ふかふかの雪なのに上手に滑っています。


IMG_5218.jpg
▲登りでは急登で苦労したルートが下りではみんな尻セードゲレンデ。この頃、すれ違った何組かの登山者は、悪天候の雪山の上から小学生が歓声を上げて滑り降りてくるのに目を丸くされていました。


IMG_5220.jpg
▲自然観察道の付近にある東屋を借りてお昼ご飯にしました。先日の愛宕山以来、雪を溶かしてお湯を沸かすのは娘の役割になってしまいました。「おいおいいっぺんに雪、入れすぎだって」。


IMG_5223.jpg
▲お昼ごはんは、カップラーメンとおにぎりとぜんざい。あったまりました。この後、くつき温泉「てんくう」へ寄り道し、温泉タイム。娘はこれも楽しみにしていました。昨年の家族旅行では、平気で私と一緒に男湯に入っていた娘ですが、今日は「女湯に入る」と一人で入って行きました。小学校5年生ってそろそろお年頃なんでしょうね。

近いうちにもう一度親子で同じルートに挑戦すると思います。



この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。

スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/215-2d433dda

トラックバック


コメント

by じゅん : URL

そちらはまだまだ雪が多いのですね。
東京近郊の山では2週間前の雪はすっかり消えてました。

しかし親子でラッセルとは恐れ入ります。
我が家も5年後には子連れでラッセルしてみたいものです。
たぶんこんな経験があると親子の絆も深まるのでしょうね。

by モモ : URL

娘さんと雪山に挑戦したのですね。
一生懸命頑張っている様子が伝わってきます。
一緒に登って、お父さんの株がぐ~んとあがりそうですね。

>じゅんさん

by ミスターO : URL

>しかし親子でラッセルとは恐れ入ります。

コース自体は難しいところではありませんので
引き際さえ間違えなければ小学生でも十分
雪山を楽しめるところなんです。
滋賀県の北部はまだまだ雪はたっぷり。
先週よりも増えていましたよ。

>モモさん

by ミスターO : URL

>娘さんと雪山に挑戦したのですね。

はい、娘は今年雪山3回目で、今日が一番
ハードだったと思います。
今から「次はいつ行くのか」と行ってます
ので、面白かったようです。
思春期で口を聞いてくれなくなる前に
株をあげておかないと!

by けんちゃん : URL

ミスターOさんの娘さんとの話を日記で拝見していると、早く結婚したーいw、って思っちゃうけんちゃんです。
お嬢さんの方から、連れて行ってと言ってくるってうれしいですよね。たまには、うちの親父の登山につきあってあげようかなと、少し反省いたしました(爆)。

by NAO : URL

こんにちは!
僕も以前、山登りをしたことが
あるのですが、山で食べると
なんでも、美味しく感じるんですよね~

いや~楽しそう!

by ヌプリネット : URL

こんにちは。
娘さん楽しんでいる様子なので良かったですね!
何も条件の悪い時に無理して山頂に行くことはないです。
それより、楽しむことです!
私は昨日、美山の茅葺の里の知見から八ヶ峰へスノーシューに行きました。
満喫しました。

雪の中・・・

by おっちゃん : URL

雪の中の親子、うらやましいですね。
もっぱら単独行が多いおっちゃんです。
お嬢さん本当に山が好きでよかったですね。
カップラーメンとぜんざいで心から温まったことで章。お疲れ様でした。

>けんちゃん

by ミスターO : URL

>早く結婚したーいw

子どもと山を歩くっていいですよ。
行く度に子どものいいところを発見できたり
成長を感じられたりします。平日に接する
時間がすくないですから。
最近では、山を歩きながらお母さんに
言えないような話もしてくれるように
なりました。歩きながらの話は、顔を
見ながら話さなくてもいいので、話し
やすいようです。もう少ししたらもっと
コミュニケーションは難しくなって
いくのでしょうけど。

>NAOさん

by ミスターO : URL

>山で食べるとなんでも、
>美味しく感じるんですよね~

そのとおり!
カップラーメンだって
インスタントのぜんざいだって
おいしいよ~。
だから、ついつい・・・・・・・・

>いや~楽しそう!

by ミスターO : URL

ヌプリさん、こんにちは。

>娘さん楽しんでいる様子なので良かったですね!

はい、よかったです。
山は楽しいところ、無理をするところじゃない。
子どもがいれば、本当に安全で楽しい山登り
をしています。
むしろ一人のときのほうが、あとから反省すること
が多いです。行けるまで行ってしまうというか。

>雪の中・・・

by ミスターO : URL

>雪の中の親子、うらやましいですね。

嫁さんからは日曜日に家の掃除がいやで
逃げていると言われています。(^^;;
最近、山歩きで上の娘とのコミュニケーション
のバランスがうまく取れていると感じています。
一人もいいけど子どもとゆっくり歩くのも
いいもんです。

親子で山登り

by se1955 : URL

親子で山登り良いですね。
私も時々、子供と山に登ります。道中でいろいろと話をして子供のことが良くわかりますね。
次回は素晴らしい景色を見せてあげてください。

by さくら : URL

こんばんわ。
いいもんですね。お父さんの踏み跡を懸命に追いかける子供。
なかなか、山に誘っても着いてきてくれないと嘆く親が多い中、なにか羨ましいというか、ミスターOさんの家族が見えてきますね。ちびっ子がんばれ!

>親子で山登り

by ミスターO : URL

se1955さん、こんにちは

>私も時々、子供と山に登ります。
>道中でいろいろと話をして子供のことが
>良くわかりますね。

いつも参考にさせていただいています。
家の中にいるよりも話しやすいみたいですね。
また再挑戦で登りに行きます。

>さくらさん

by ミスターO : URL

>いいもんですね。お父さんの踏み跡を
>懸命に追いかける子供。

大人と同じことができるのがうれしいみたい。
すれ違う大人たちに声をかけてもらえて得意顔。

バレーボール命のような子どもなので
いつまで一緒に行ってくれるかなあ。
今のうちやなあって思ってます。(笑)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。