ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三国峠から芦生原生林

歩いた山の紹介 ] 2005/10/30(日)

雑木林でなく本物の原生林が今の日本にどれだけ残っているでしょうか。福井県境に接した京都府北桑田郡美山町の芦生には本物の原生林が京都大学の芦生研究林として保存されています。部分的に伐採され植林されている所もありますが、ブナ、トチ、ミズナラ、カツラ、スギなどの樹齢何百年を数える巨木が存在しています。

私の父も芦生の自然に見入られ、私が子どもの頃、家族旅行といえば芦生の須後にある芦生山の家でした。山の家を起点に家族で灰野のトロッコ軌跡(当時はトロッコがまだ走っており、私も好意で乗せてもらった事を覚えています)をハイキングしたり、櫃倉林道を歩いたりしていました。

中学2年生のとき、同級生の友達3人で芦生キャンプを計画し、バスの終点の広河原から佐々里峠を超えてトロッコ軌跡の小ヨモギ作業所跡あたりでテントを張ったことがありました。川で泳いでいる間にテントの中にマムシが入っており大騒ぎしたことを覚えています。

子どもの頃の芦生の思い出をいっぱい持っている私は、いつか芦生の原生林の奥深く歩いてみたいとずっと思っていました。今回、久しぶりに芦生に足を踏み入れ、よく知っている須後ではなく、生杉を起点に秋色に染まった芦生を一般道からはずれて人のあまり入っていない原生林をたっぷり歩いてきました。

IMG_4403_top.jpg
▲秋色に輝く芦生の森


【DATA】
標高:775.9m 三国峠(三国岳)、811.4m シンコボ
歩いた日:2005年10月30日(日)
天候:曇り/晴れ
メンバー:単独
山中徘徊時間:7時間00分(休憩・昼食含む)

06:30 自宅出発(マイカー)
08:00 生杉ゲート前到着(20台の駐車スペースにすでに15台)
08:15 準備をして山歩き開始
08:45 地蔵峠(仮入山届け記入)
09:25 三国峠 775.9m、この先地図では難路を表す点線の道
10:15 小さなピーク、右折(しっかりした道標あり)
10:35 小さなピーク、また右折(手のひら大の小さな道標「第二迷地点」)
10:45 野田畑峠
11:30 杉尾峠(左)とシンコボ(直進)の分岐
11:40 シンコボ 811.4m(三角点あり)、広い素敵な山頂、昼食
12:10   出発(先の分岐に戻り杉尾峠方面へ)、地図に道はない
12:35 小さなピーク、右折(手のひら大の小さな道標「第四迷地点」)
13:10 杉尾峠 765m、左へ(ここから一般道、有名な「上谷」人もいっぱい)
13:40 ミズナラの巨木
14:15 サワ谷との分れ(直進)
14:25 長治谷作業所方面との分れ(左折して橋を渡る)
14:40 地蔵峠
15:15 生杉ゲート前

予定では三国峠へ登るルートは、生杉ゲート前から直登し、枕谷を下って上谷から杉尾峠往復の一般登山道コースを考えていました。しかし、生杉からの登り口がわからず、地蔵峠まで歩いて枕谷から三国峠に登りました。

ちょうど峠で芦生を何十年も歩いているという方に出会い、地図では難路表示になっている野田畑峠へのルートは「少し迷いやすい所があるが道標もついて歩きやすくなっている」と教えてもらう事ができ、福井県との県境尾根を歩くコースを取りました。

野田畑峠から先、特に地図では道の表示すらないシンコボから杉尾峠への尾根はさらに難路であることが予想されましたが、「ダメなら早めに引き返す」方針でさらに県境尾根を歩くことにしました。人気のない稜線をかすかな踏み跡を探しながら歩くコースでしたが、その分、原生林の魅力たっぷりでした。

途中で反対側から歩いてこられた方とすれ違いました。この方は20年前から毎年このコースを歩いておられるそうで、不安を持っていた杉尾峠までの稜線の状態や迷いやすいポイントを教えてもらいました。「最近は歩く人も増えたので、迷いやすいところにはリボンやテープの目印があるので大丈夫。ただ、アップダウンが多いので体力は必要」との事でした。この方と会えてコースの情報を得られたことで元気百倍、心に余裕を持って景色を満喫しながら歩くことができました。

この方は、私に地図と磁石を持っているかどうかをまず尋ね、さらに地図を読む力があるかどうかを会話の中で確認されていました。その上で情報を教えていただくことができました。山歩きの経験のない地図も持っていない相手だったら「引き返したほうがいい」と言うつもりだったそうです。やはり、難路には違いありません。


山行記録と写真は続きをご覧下さい。今回は写真をいっぱい掲載しましたので秋色の芦生原生林をお楽しみください。

-----------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング



IMG_4404.jpg
▲生杉ゲートから地蔵峠までのルートはこんな林道です。ここからの景色もきれいです。


IMG_4406.jpg
▲杉の木と色づいた広葉樹との対比が鮮やかです。毎年来られている方の話ではもう1週間あとのほうがよかったとのことでした。


IMG_4415.jpg
▲地蔵峠には仮入山届けを出せるようになっています。遭難や事故の多い山域なので必ず提出し、書かれている注意事項にも目を通してから入山しましょう。


IMG_4421.jpg
▲かえで類の紅葉にはまだちょっと早いようでしたが、中にはきれいに色づいている木もありました。


IMG_4422.jpg
枕谷から三国峠への登山道はこんな感じです。


IMG_4427.jpg
▲三国峠です。峠と言いながら立派に山頂です。展望もよく周囲の山並みが見渡せます。


IMG_4435.jpg
▲きのこは知識がないので採って食べたりしませんが、しめじかなめこだと思います。おいしそう。


IMG_4444.jpg
▲踏み跡もほとんどない上に落ち葉が敷き詰められているので道に迷いやすい季節です。でも落ち葉のじゅうたんはとってもきれい。クローズアップしてみました。


IMG_4449.jpg
▲野田畑峠はこんな感じです。


IMG_4453.jpg
▲群生するきのこ。タモギタケやナラタケかな?


IMG_4459.jpg
▲私の手より大きいきのこ。ムキタケかな?


IMG_4461.jpg
▲下のほうのきのこは、何かの動物に食べられているようでした。ということは人間が食べても大丈夫なんじゃない?って思いました。


IMG_4463.jpg
▲苔むした木の根の横にあるのは、県境境界の杭です。道などなく踏み跡を探して稜線を歩くコースなので、点在する県境境界の杭は良い目印です。杉尾峠までずっと県境の稜線を歩くのですから。


IMG_4465.jpg
▲稜線上の倒木によって進路がふさがれています。迂回路なんてもちろんありません。

IMG_4484.jpg
▲シンコボの山頂811.4mです。変な山の名前ですがちゃんと三角点があります。山頂は広い気持ちのよい広場になっており、人もほとんど来られないのでゆっくりお弁当を食べるのに最適の場所です。


IMG_4487.jpg
▲シンコボから杉尾峠までのルートは、地図では道の表示もありません。ほとんどはリボンやテープの目印のおかげで迷わず歩けますが、時々全く踏み跡もなく、目印もないところで迷います。地図から地形を読んで歩くのですが、稜線をはずさずに歩けばいいだけとわかっていても、稜線がなだらかで広いところは迷います。落ち葉の下には踏み跡があるのでしょうが、今の季節は一番迷いやすいんじゃないでしょうか。この写真のところには踏み跡は全くありませんが、こっちの方向なのです。


IMG_4493.jpg
▲無事に杉尾峠に到着です。上谷からここまで登ってきて往復される方がほとんどです。ここからの上谷コースは、一般道っていうか芦生のメインストリート。今日も50人とか30人のガイド付きの団体さんとのすれ違いに長時間待ちでした。


IMG_4502-2.jpg
▲原生林の樹木にはいろんな生命が共生しています。地面に生えるはずのシダがなぜか地上2mの高さで樹木の幹に根を張っています。


IMG_4508-2.jpg
▲倒木にもいろんな生命に床を提供し、やがて土に返ろうとしています。


IMG_4512.jpg
▲ミズナラの巨木を下から見上げたところです。太いなにかのツルが巻きつき、同化しています。色づき始めた葉の透明感には、まだまだ生きているという生命感を感じられます。いったい何百年ここに根を張っているのでしょうか。植林された山では、こんなスケールで色んな木が混ざり合って生態系を維持している姿は見ることができません。現実離れした景色に見入ってしまいました。


IMG_4513.jpg
▲同じミズナラの巨木です。ちょうど人が横を歩いているので大きさがわかると思います。


IMG_4517.jpg
▲木の実の季節、色づきの季節。


IMG_4529-2.jpg
▲上谷の景色の1コマ


IMG_4531.jpg
▲曇っていた天気もよく晴れてきたので、紅葉もいっそう引き立ちます。
観光地の赤一色の紅葉でなく、色々な色が重なり合って森の表情がつくられています。



IMG_4534.jpg
▲風説に耐えた芦生杉は植林の北山杉とは対照的で異形を表すものが多いのが特徴です。芦生杉の異形が見せる世界は、何度倒れても新しい根を張り、再び起き上がる不屈の生命力です。

IMG_4538.jpg
▲わかりにくいですが、相当古くに朽ち果てた木の幹にカエデが宿っています。


IMG_4540.jpg
▲野田畑湿原越しに見る杉の木と色づいた原生林の対比です。


IMG_4543.jpg
▲上谷の道と景色の1コマ。


IMG_4547.jpg
▲同じ木の葉の色が赤や黄色や緑もあって何だかわからないけど感動。


IMG_4554.jpg
▲上谷から分れ地蔵峠に向かうところに中山神社があります。


IMG_4559.jpg
▲生杉のゲートまで戻ってきました。この手前に乗用車20台くらい駐車できるスペースや公衆トイレ、休憩所があります。私が今朝到着したのは、8時でしたがすでに15台がとまっていました。秋の芦生は人気なので早く到着するようにしないといけないようです。


IMG_4561.jpg
▲15時過ぎに戻ってきたときには、観光バス3台も入って、駐車スペースにとめられなかった車が1~2キロ先まで路上に駐車してありました。

芦生原生林、このコースを歩いたのは初めてでしたが、近いうちにぜひまた歩きたいという思いを強く持ちました。できれば上の子どもにもこの本物の自然を見せてやりたいと思いました。私の父がそうしたように。




芦生




この山行記録は参考になりましたでしょうか?よかったらワンクリックお願いします。人気blogランキング
スポンサーサイト




トラックバックURLは
http://kitayama.blog23.fc2.com/tb.php/101-5626ecc5

トラックバック


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。