ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生/オクノタン

歩いた山の紹介 ] 2011/09/25(日)

 s_IMG_9399.jpg 
今日はひとりにのんびりいつもの芦生に。行き先は決めていない。駐車場でTさんにお会いして行き先を聞かれたので、とりあえず「櫃倉谷」と答えておいた。でもまあ、その周辺の尾根も気の向くまま歩いてみたいなと思っていました。

s_IMG_9410_20111030175740.jpg 
森は秋の色づきにはまだ少し早くグリーンがきれいです。

s_IMG_9415.jpg s_IMG_9427.jpg 
坂谷出合付近から歩きやすそうな尾根を選んで谷から離れた。道はなくとも地図があれば快適で不安は全くない。
この先は必ず知っている尾根に合流するのですから。

s_IMG_9430.jpg  s_IMG_9433.jpg 
若丹国境尾根に出て、中山谷山、オクノタンと2つのピークを踏んで須後に下山する事にする。昨年、こはるさんと歩いて、須後に下山する直前にシカ除けネットに阻まれて難儀したルートです。しかし後日に芦生をよく知るFさんに話すと「そんなとこにシカ除けネットなんてない」とのこと。今日はそれを確かめます。もっと違うルートがあるのかどうか。

こうして歩いていると杉の巨木やここにも雷杉に出会えます。

s_IMG_9436.jpg 
また来年きれいな花を咲かせてね☆

s_IMG_9446.jpg  s_IMG_9449.jpg 
オクノタンのピークを越えてすばらく歩くと展望のよい広場。なぜここだけこんなに開けているのかわからないけど、かなりの広さがあります。

s_IMG_9451.jpg  s_IMG_9464.jpg 
しばらく踏み跡も怪しくなり、枝尾根も多いのでコンパスでしっかりナビゲーションしながら須後の駐車場をめざします。今回も自分の車が見え始めたところでシカ除けネット。やっぱりダイレクトに駐車場に降りれないようになっています。結局、櫃倉谷方面に尾根を忠実に下り、民家の裏手に出て細い生活用の通路を通らせて頂いて無事下山できました。




スポンサーサイト


北鎌沢のコルから水俣乗越までの撤退時の注意点

歩いた山の紹介 ] 2011/09/10(土)

 2011年9月9日、北鎌沢のコルまで登って悪天候で引き返す羽目になりました。まさか水俣乗越まで引き返すことに
なるなんて想定していませんでした。行くだけで大変な労力がいるし、あのルートを引き返すなんて考えたくありませ
んし、万一そういう事態になっても「来た道を戻るだけだから何とかなる」と思っていました。ところが予想以上にトラッ
プが多く、あろうことか水俣乗越への沢を1本間違ってしまいました。途中から本沢と並行するため、コンパスを当てて
も方向があっているため発見が遅れました。

悪天候時の条件のもとでは、今回の経験を記録しておいた方がいいと感じたので、山行日記と分けて書いておきます。
Webを検索してみても撤退の詳細な記録はほとんどないばかりか「間違って違う沢に入ってしまった」との記録もあり
ます。行きは好天で水が流れていなかった河原が軒並みジャンジャン流れているのだから勘が狂うのです。しかも視
界が悪く目指す稜線の形がみえないのでなおさらです。

1109北鎌尾根撤退_s

ピンクが登山計画ルート
赤字がルート上の目標

撤退時の注意点は、青色と水色と緑色
青字は注意点のメモ
水色は撤退時に迷いやすい沢
緑色のマルは特に気をつけたいターニングポイント


北鎌沢のコルから北鎌沢の出合
  • 登る時は問題なく登れた岩が下が見えないため苦労する
  • 乾いていると問題なかった岩が濡れるだけで急にすべる岩がある(多い)
  • 登る時水流がなかったのに降雨時はじゃんじゃん水が流れてくる
  • 水とともに石が落ちてくる(今回は大きくてもこぶし程度だったがもっとひどい場合もあると予想)
  • 沢登りの経験がないと下降はきびしいかも


北鎌沢の出合付近
  • 今回は問題なかったが、「天上沢の渡渉で苦労した」との日記が散見される
  • テント場も浸水ぎりぎりで脱出されたとの記録もあるので悪天候時の停滞場所も要注意


北鎌沢の出合から間ノ沢分岐
  • 地図のAポイントで間違い、ひとつ手前の沢を左に入った
  • 2000m付近までは地形もよく似ていたので気付くのが遅れた
  • 2000m付近でコンパスをあてたがBポイントとCポイントのとおり沢は平行しており正しい方角を示す
  • 2050mで谷の先に雪渓の壁が見え、分岐のあったD沢に踏みいれるがすぐに方角が違うので戻った
  • この地形から読図し、1本間違えたことを確信し現在地を掌握する
  • 差し迫った危険はなかったので2200mまで偵察してAポイントまで引き返す
  • 戻ってみると正しい間ノ沢分岐まであとたった30mだった。30m先にはケルンもあったのに見えてなかった


間の沢分岐から水俣乗越
  • 間違おうと思えば間違えられる沢が6本ほどあった(水色)
  • 沢の分岐にはほとんど目印となるケルンが積んであったが、本当の悪天候時にケルンがあるとは限らない
  • 水は流れていなかったはずなのにじゃんじゃん流れてる
  • 2250mのFポイントで尾根に乗るのを見逃さないように注意
  • Fポイントの手前は左岸(進行右手)の斜面に踏み跡があり、そのまま右俣の沢を辿りそうになる
  • Fポイントの尾根の取り付きはザレザレで手掛かり足がかりも不十分で怖い思いをする
  • 樹林帯までよじ登ればまずは安心


(番外)水俣乗越から大曲
  • 一般登山道がこんなに歩きやすかったのかと感じる快適さ、30分で大曲に下れた \(^◇^)/



FC2ブログの仕様で高解像度の画像(地図)がアップできません。手元にはリサイズ前のデータがありますので
必要な方には送らせていただくことは可能です。









人生最大の葛藤 北鎌沢のコルで撤退

歩いた山の紹介 ] 2011/09/09(金)

s_IMG_9217.jpg

3泊4日の予定で8日に上高地入り。予定のルートは北鎌尾根、槍ヶ岳、北穂、奥穂、前穂まで。単独でテント泊縦走。
北鎌尾根は2年前に初めて挑戦し、ベテランの仲間に守られて成功。さらに昨年も3人の山仲間と挑戦し、僕はトップ
でルーファンしながら歩いた。あの時から、このルートを一人で歩くことを目標にしていました。

台風が通過し、日本は高気圧の勢力下に入り、週明けまで晴れが続く予報のなか、木曜日、金曜日と会社を休む手
続きをして4日間を確保できました。さらに、アクシデントで下山できなかった時のために月曜日の休みも含みを持た
せて予備日も確保。

「このルートを無事に歩けたらもう満足。今後は危険な山には挑戦せず、技術を維持しながらのんびり低山ハイキン
グを楽しもう」とまで思っていました。夕日に暮れる北鎌尾根の稜線を見ながら眠りに着いたあの時まで成功を信じて
いました。

現実は非情なものでした。

結局、翌日、悪天候で途中撤退の苦渋の決断を迫られ帰ってきてしまいました。
時間をかけて計画を練り上げ、モチベーションを上げてきた挑戦があっけなく終わりました。

【DATA】 
標高:北鎌沢のコル2,470m 
歩いた日:2011年9月08日(木)~09日(金) 
天候:快晴/雨 
メンバー:単独 
山中行動時間: 
 1日目:06時間50分(休憩含む)  
 2日目:13時間00分(休憩含む) 

コースタイム  
9/08 
07:05 上高地出発
07:40 明神
08:15 徳沢
09:00 横尾
10:08 槍沢ロッヂ(昼食・カレー)
10:35    出発
11:38 大曲
13:08 水俣乗越
15:08 北鎌沢出合(テント泊)

9/09 
03:00 北鎌沢出合出発
     中間点で雨になる
     北鎌沢のコルで待機・撤退決定
     間ノ沢分岐を間違えとなりの沢を往復
07:35 間ノ沢分岐に復帰
09:55 水俣乗越(休憩)
10:10    出発
10:40 大曲
11:25 槍沢ロッヂ(休憩)
11:55    出発
12:55 横尾
15:35 上高地

山行記録と写真は続きをご覧下さい 
--------------------------------- 
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング 

> > 追加の記事を読む



ゴーヤ収穫して料理

身の回の出来事 ] 2011/09/04(日)

IMG_9151.jpg

プランターで植えたゴーヤが育ち今日、子どもと一緒に収穫しました。植えた時期が遅かったからか、それとも
条件が悪かったからかスーパーで売ってるゴーヤよりも少し小さいです。これ以上植えとくとオレンジ色に変色
するので大きいのだけ収穫しました。

今日の夕食は、これでゴーヤチャンプルをつくりました。手抜きのゴーヤチャンプルの素は、近所のお店ではみ
んな売り切れ。世間もうちと一緒で <節電 → グリーンカーテン → ゴーヤ> の流れで「チャンプルの素」だけ
がよく売れているのではないでしょうか?

でも簡単なのね。ゴーヤチャンプル。すぐにできました。来年はもっと早くに植えてみましょう。まだベランダには
小さなゴーヤがたくさん育っている最中です。



カレンダー

08 | 2011/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。