ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひさびさ「歩かない+宴会+お泊り」

アウトドア(おでかけ) ] 2010/06/27(日)

ここ数年6月の最終週は毎年白山に大人数で行っていました。今年も空けていたんだけど、イベントが上がらず。直前に「自分らでイベントやるか?」とTAKAさんとも相談しましたが、直前ではきっと人数も集まらないし、白山自体は毎年登りたい山でもないなあということに。

「じゃあ、時間気にせずとことん飲めるオートキャンプでもしようか」ということになりました。TAKAさんは飲めないので、この発想は、パートナーのさちちりんやのりねえなど酒豪陣の意見が色濃く反映

参加者は、TAKAさん、さちちりん、のりねえさん、hiroさん、まよさん、たっくん(まよさんの子ども)、てくてくの7人。最近、この面子で集まることが多くなってきたなあ お互いに気を使わななくていい関係だし、山の好みも似ているからかなあ。このメンバーでずっとずっとこうやって集まりたいものです。

場所は温泉もボルダリングもある笠置キャンプ場に決めていたけど、数日前から雨予報。当日午前中まで粘ったけど、設営から撤収までずーっと雨というのはさすがに萎えました。「中止かなあ」と思っていると、「これからロッジや屋根のあるところを探します」とTAKAさんからメール。これはやる気やと僕も心当たりのログハウスやロッジのあるキャンプ場に電話。こんな天気だから当日なのにどこでも空いている

結局TAKAさんが見つけてくれた町設の山城森林公園に決定。すでに昼前、15時30分の待ち合わせ目指して、急いで準備。テントもタープもシュラフも要らないので準備は早い。一番大きいクーラーボックスにきんきんに冷やしたビールやワインを詰め込み、ダッジオーブンやおつまみ関係。あとは必要になりそうなものを適当に放り込んで準備完了。

TAKAさんもまよさんも「遅れる」との連絡で、道を全く知らないまま、「受付の締まる17時までに、てくてくさんが先に行って鍵を受け取って」という指令に勘を頼りに車を走らせると、期待通り道案内の看板やのぼりが出ていました。

木造のロッジは8人用で新しくはないけど清潔でいい感じ。真下に車を止められたので荷物運びもわずかですみました。和室は10畳くらいだったかな。それにロフトがあって、ロフトだけでもふとんが4枚余裕でひけました。

雨ふりで、外で豪快な焚火を囲んで飲むことができず残念でしたけど、汗だくになって荷物を運び、ブルーシートで屋根を作り、炭を起こしたり、セッティングや料理の下ごしらえ・・・みんながんばって働きました。

s_IMG_4342.jpg s_IMG_4344.jpg
メインの料理は、炭火で焼肉とダッジオーブン。準備が完了して「さあ乾杯」というタイミング・・・・そのとき

また

まよさんが到着。
いくらなんでも2回もやると、
「そこで待ってたんじゃないの~」とか
疑いたくなりますよねー
本人は偶然だと言ってますけど

まあ、それは置いといて
まよさんの息子のたっくんも今日は一緒。
もう保育園の年長さんでしっかり会話も出来て、いたずらも大好き。登場と同時に一番の人気者に

s_IMG_4348.jpg s_IMG_4350.jpg
丸鶏を買ってきてお腹に冷凍ピラフを詰め込んでダッチオーブンで焼きました。皮がパリパリでいっしょに入れたジャガイモやニンジンもうまうま。たっくんとのりねえはニンジン食べなきゃだめですよ

鶏を焼いた時に出た残り汁でスープを作りラーメンに。これもおいしかった!

そして、なかなか完成形を見られなかったさちちりんの「アボガド+めんたいマヨの特製サラダ」 いつもどっちか片方が足りなくて、今回やっと食べることができました。おいしい~ バーベキューなどで野菜サラダが出てくるとうれしいですね。

ビールにワイン、それから発砲系の日本酒もおいしかった。シャンパンかスパーリングワインかと思うような味。でも日本酒だって。

s_IMG_4390.jpg
そして、TAKAさんが間もなく誕生日とのことでのりねえさんからサプライズのケーキ登場。かざりつけでたっくん大活躍。あまった生クリームとチョコレートは全部たっくんがチュッチュ

s_IMG_4415.jpg
こんなふうに仲間に祝ってもらえるのはいいなあ
きっとダシにしてるだけなんだろうけど
この日、僕の妻も誕生日。
なのに泊りで僕だけ遊び。ちょっと胸が痛んだような気がします
(翌日、ちゃんとケーキを買って帰り、1日遅れの誕生日をやりました)

屋外での一時会が終わると、全員参加でロッジの中で二次会。まだまだ飲み物も食べ物もたくさん。2時過ぎまで飲んでいろんなこと話していました。はじめて聞いておどろき、ショックを受ける話もありましたけど、きっとまたこうやって集まれる機会は何度もつくれるでしょう。
山の上とかで。

翌朝、チェックアウトまでに片づけしないといけないので7時半ころに置きました。ロッジを出てびっくり。あたり一面ゴミだらけ。動物の仕業なんだけど、山の中で食料や生ゴミは絶対に外に出しといたらあかんよ。テント泊登山で食糧を動物に荒らされたら下山するしかなくなるよ。でも寝ぼけていたので最初、誰か来たのかと思いました。

s_IMG_4428_20100728225240.jpg s_IMG_4429.jpg s_IMG_4434.jpg
朝は天気予報に反して日が差すほど天気が回復。チェックアウトしてから、スラックライン大会。バランスのいい人は何回か歩いただけで形になるからすごいなあ。

たっくんとのりねえはずっと川の中で水遊び。上着もズボンもビッチャビチャ

山仲間とこういうスタイルでのお泊り宴会も想像以上に楽しかったです。来週はビバークで芦生の難路由良川一周、そして大文字ビア、2週続けての南アルプス、お盆に北アルプス・・・

今回雨が当たったのであとは晴れますように!(爆)
スポンサーサイト


アジサイとモリアオガエルの芦生原生林

歩いた山の紹介 ] 2010/06/19(土)

s_IMG_6718.jpg s_IMG_6728.jpg

mixiの「山に登ろう【関西版】」のコミュイベントで「芦生櫃倉谷ハイキング」を実施しました。
今まで芦生原生林の山行イベントを春や秋、冬のスノーシューハイクなど何度も日帰りやテント泊で企画してきました。でも、梅雨の時期にイベントやったのは今回が初めてでした。梅雨の雨の中の森は、元気いっぱいで、木々の葉っぱや苔の緑色もすごくきれいです。これをみんなで見たくて雨覚悟のイベントです。

「降水確率が高かろうと、雨が降っていようと、渡渉できる程度なら実施します」と募集時に明記して、それでも参加表明された12人。前日、やはり雨、当日の予報も雨。ザーザー降りの前日の昼、「予定通り決行します」との書き込むとともに「キャンセルは自由、参加するかどうかは自分の責任で決めてください」と書きました。これで「半分以上キャンセルされるだろうなあ」と予想していました。

ところがキャンセルが一人も出ない!
みんなどんだけもの好きなんや~
そもそもこんな天気で山行くなんて家族は止めへんのやろか~

参加者には、1日中雨の中で行動でき、昼食も雨の中立ったままで食べられる準備をしていただくようにお願いしました。

全員が「行く」と意思表示されたあとの前夜、23時から24時にかけて現地では、それまで毎時1mm~2mmの降水だったのが一気に20mm以上の集中豪雨になりました。その結果、当日早朝5時の時点で由良川上流の水位が50cmも上がりました。自動水深監視地点で70cmを超えると櫃倉谷の長靴での渡渉が困難になります。前日は余裕で大丈夫だったのに、5時時点では103cm! すでに雨は上がっている様子なので水位は時間とともにどんどん下がっていますが、長靴の参加者には泣いてもらいましょう。僕は沢靴(笑)

今回のメンバーは、いつもの芦生イベントと違い、12人中8人は僕と山を歩くのは初めて。しかも5人くらいは初心者。須後で現地集合のサクママさん以外は出町柳に集合。ザックを持ってない女の子や、綿のシャツやパンツの女の子がいる、ピッケル持ってきたおじさんがいる・・・車の中での会話を聞いてると、「必ず必要な持ち物」に書いておいたヘッドランプを持ってきてないとか、足のサイズが24なのに27の長靴をもってきたとか、出発前の確認では地図を持ってきてない人が5人・・・「おいおいあなたもか」と言いたくなる人まで持ってきてないし。(汗)

「強い雨が降ってきたら綿の服を着ている子は一気に冷えるなあ」
「サイズの合わない長靴では長い距離歩けないだろなあ」
「ナップザックは背負いにくくてバテるだろうなあ」
「地図を持たず、読めずが多数だからバラけて歩くとヤバイなあ」

などとリスクを予想しておき、「途中で引き帰す」ことを決断するポイントと時間を想定しておきました。

結果的には、「街の女の子やなあ」という第一印象とは違って、誰も弱音をはかないし、最初こそフラフラ歩いていたのが、コツがわかってきたのか、渡渉もしっかりした足取りで、イベントの計画通りのルートを歩き切ることができました。聞いてみると、ジムでトレーニングされていたり、毎週プールに通って2000m泳がれていたり、単に若いというだけではありませんでした。

逆に装備バッチリの中高年グループのほうが急登では息絶え絶えになってるような場面も(汗)

計画通り歩けたのは、天気予報に反して、雨は最初から最後まで降らず、薄日が差す時間もあるほど天気に恵まれた事が大きかったです。

【DATA】
標高:今回山頂は踏まず
歩いた日:2010年06月19日
天候:曇り
メンバー:12人
山中行動時間:7時間20分(昼食・休憩含む)

09:05 須後出発
09:05 林道終点、長靴にはき替え
10:50 坂谷出合
11:30 権蔵谷出合、昼食
12:20    出発
12:47 急登開始地点、登山靴にはき替え
13:10 杉尾峠下の林道
14:35 ケヤキ坂
16:25 須後下山(途中湧水ポイントでコーヒータイム)

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


> > 追加の記事を読む



大文字ビア(下見?)

歩いた山の紹介 ] 2010/06/12(土)

IMG_4305b.jpg

今日も暑かったですねー。
京都で一番の天然ビアガーデンに行ってきました。
急な呼びかけで集まったのは4人。
まだ明るいうちに火床に到着。
結構な人数が火床におられました。
カップルも多かった。
好きな人と二人っきりで大文字の夜景って盛り上がるでしょうね。

s_IMG_4277.jpg s_IMG_4285.jpg
酒飲みはさちっちりんと僕だけ。
それでも、ビールにワインにベリーのリキュールに、結構空きました。
チーズフォンディユ、炭火焼肉、野菜焼き、エイヒレもあぶって、トリカラ、トリの炭火焼き、白和え、その他おつまみ、お腹もいっぱいになりました。

s_IMG_4297.jpg
盛大なたき火はご法度なので下界からは見えないところに小さなキャンドルの灯りで宴会。山の計画、初公開の初恋の想い出話、最近TAKAさんが逆ナンされた話・・・話題はいつまでもつきず。広い火床の数か所から笑い声が聞こえてきます。3~4グループ同じように遊んでいるようです。

s_IMG_4310.jpg
それにしてもここの夜景は美しい。街から20分も歩けばこの景色が見られ、満席・順番待ちもないのだから最高のビアガーデンです。昼間はあんなに暑かったのに、大文字の夜は風が心地よく、暑くもなく寒くもなく、いつまでも話しこんでいたい素敵な時間でした。

気がつけばみなさんの最終電車がギリギリ。ダッシュで撤収して下山しました。

s_IMG_4311.jpg
「ホタルの穴場に案内するね」とみんなに言っていたのですが、そんな時間は全くなく、急いで出町柳までタクシーに押し込みお別れしました。そのあと一人でホタルの乱舞を見に行きました。ホタルの写真って難しいですね。

今度は大人数で大文字ビアをまたやりたいもんです。


子どもと遊ぶ日曜日

アウトドア(おでかけ) ] 2010/06/06(日)

金曜日に深夜ジョグして足を痛めてしまいました。捻挫ではなく攣ったのでもなく、急に左の足首より上、ふくらはぎのちょっと下あたりに痛みが出て走れなくなりました。鴨川の車の通れる一番北の橋、志久呂橋付近で午前1時半頃。びっこ引いて歩いて北山通りにたどりついてタクシーで帰りました。いや実は同じ痛みは2回目。もう治ったと思ってたのに。またしばらく様子見です。

そんなんで週末は山に行かず、のんびり子どもと過ごしました。午前中はお客さんのイベントがあったので仕事。昼から宝が池の「桜の森」の奥の方で遊んできました。

s_IMG_4233.jpg s_IMG_4246.jpg

今日は高校1年の娘もスラックラインに興味を持ってついてきました。初挑戦です。小3の下の子は今日で3回目。お姉ちゃんはバレーボールやハンドボールのクラブをやってるだけあって、何回か乗ると少し歩けるようになりました。

僕は足が痛いはずなのに、今日は調子よく、7m程度のラインを行って帰ってくることができるようになりました。人のいないところでやってたのに、落ちずに渡れると知らない人が何人も拍手してくれました。

s_IMG_4249.jpg s_IMG_4260.jpg
子どもにスラックラインで遊ばしてお父さんはハンモックで昼寝と思っていたのに、これも取られてしまいました。

ボルドバーナーでコーヒーを沸かして子どもが遊んでいるのを眺めていました。持ってきたコカリナの練習をしだすと、また人が寄ってきて・・・ 自然の中とはいえ、宝が池公園は人もいっぱいでした。



ブッシュバディストーブ

私の山歩き用品 ] 2010/06/06(日)

s_IMG_4183トリミング
アルプスのような高山でなく、森の中をテント泊で歩く時、そこらじゅうに落ちている枯れ枝を燃料にできるネイチャー系の軽いストーブが一つほしいと思うようになりました。小さなたき火もできて調理もでき、何よりも軽くて負担にならない、そんなストーブを探してみました。そして購入したのが、上の写真のブッシュバディストーブです。

ステンレス製にもかかわらず重さは驚異的な140gの軽さ、収納も900ccのコッフェルにぴったり収まります。二次燃焼で煙まで燃やして燃料を有効に使い完全燃焼させるしくみになっています。カナダ製で月産20~30台の手作りだそうです。

s_IMG_4184.jpg s_IMG_4186.jpg

組み立て3秒、着火も簡単、小枝を燃やして中に備長炭を1カケラ放り込んでおくと火種になって燃料が少なくなっても消えてしまう心配がありません。ごはんもおいしく炊けました。

ブッシュバディストーブを購入するまでに、比較検討したものがいくつかあります。

UNIFLAME ネイチャーストーブ
メーカー製の市販品でよく見かけていたのは、上の写真のユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブです。ペッタンコに折りたためるので携帯には便利です。重さが320gでブッシュバディストーブの倍以上あります。

http://www.takibidai.com/
最強候補だったのは、「プチかまど」チタンで285g、他にアルミとステンがあり少し重くなります。いわゆるガレージメーカー製ってやつですが作りもしっかりしてそうで、超軽量、ペッタンコ収納ですので、正直ほしかった(笑)。結局二次燃焼のしくみが面白かったのでブッシュにしました。機会があれば使ってみたい(笑)


http://cart05.lolipop.jp/LA12741274/?mode=ITEM2&p_id=PR00101722557

もうひとつ、「笑's BPウッドストーブ120」ステン製で240g、これもシンプルな三角形型で精巧な作りのようです。しかも安い。ちょっとユニフレームのチャコスタに似ていますね。日本のガレージメーカーはすごい!。でもチャコスタもっているので(笑)今回は購入を見送りました。

この手のストーブものめりこむと奥が深そうでヤバイことになりそうです。(笑)



2010年5月のラン

ランニング ] 2010/06/01(火)


08日 20キロ
12日 10キロ
24日 05キロ
27日 05キロ

合計 40キロ

なかなか月80キロの目標には届きません。しかも今月の08日は比良全山縦走のトレランで半分以上は歩いていました。27日は稲荷山の周回コースを走りました。今までなかったのに、走るとふくらはぎが痛くなることがあります。


カレンダー

05 | 2010/06 | 07
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。