ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1.5mの大雪! 蛇谷ヶ峰でスノーシュー

歩いた山の紹介 ] 2008/12/28(日)

s_IMG_3931.jpg s_IMG_3940.jpg
予想通り大雪が降りました!

僕の「行く人いる?日記」に手を挙げたのは、まよちゃん、助ちゃん、尚加さん、chicoさん、メグさん。金曜日から降りだした雪はどんどん積もり、出発前のチェックではマキノ下界で20センチ、朽木スキー場で60センチ!。

武奈ヶ岳も考えたけど、雪山もスノーシューも初めてな女性が3人参加されるので歩行時間の短い蛇谷ヶ峰に向かいました。スノーシュー初体験の3人の方には僕と助ちゃんで手配したレンタルスノーシュー。スキーと違って初めてでもちゃんと歩けるのがスノーシューのイイトコですね。

鯖街道を車でどんどん走ると、北山も比良もまっ白。朽木いきものふれあいの里に駐車。他には誰の車もない一番乗り。これでバージンスノーゲット!ラッセル決定!(笑)

【DATA】
標高:901.7m 蛇谷ヶ峰
歩いた日:2008年12月28日
天候:雪
メンバー:mixiの山友 6名
山中徘徊時間:6時間05分(昼食・休憩含む)

08:50 朽木いきものふれあいの里駐車場出発
10:23 くつき温泉ルートが合流する557mポイント
11:33 カツラ谷ルートが合流する813mポイント
12:15 蛇谷ヶ峰山頂 901.7m(休憩・少し下って昼食)
13:30    出発
14:55 駐車場へ下山

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


> > 追加の記事を読む

スポンサーサイト


武奈ヶ岳からコヤマノ岳・小川新道へ

歩いた山の紹介 ] 2008/12/23(火)

s_IMG_3795.jpg
芦生の予定でしたが、北のほうは悪天候確実で、夕方から家族の用事も入ってしまったので、今月2回目の武奈ヶ岳に単独で行ってきました。いつもの坊村から御殿山経由のピストンでは早く帰ってきすぎるので、今日は山頂からコヤマノ岳を経て小川新道を歩いてきました。武奈ヶ岳は僕のトレーニングコースになってきました。

大きな雨雲は昨日も一昨日も武奈ヶ岳にはかかっていなかったので、今日は軽アイゼンもスノーシューも車でお留守番。それでも上のほうは、きれいに雪化粧した比良山。数センチ積もった雪の感触を楽しむことができました。キュッキュッ!(笑)

坊村を7時20分発。駐車場で少ししゃべってしまい出発が遅れました。300名山まであと50山という方が、長野から来られ、昨日は皆子山、今日は武奈ヶ岳、明日は愛宕山、しあさっては長老ヶ岳だそうです。なんでも2週間の予定で関西の山を登られるそうです。その方の本をつい買ってしまいましたよ。『岩と雪の狭間で』小林三男 著 \1,800

【DATA】
標高:1214.4m 武奈ヶ岳
歩いた日:2008年12月23日
天候:晴れ/曇り
メンバー:単独
山中行動時間:07時間30分(休憩含む)

 07:20 坊村出発
 07:50 第一レスキューポイント
 08:52 夏道との合流点
 09:05 御殿山
 09:15 ワサビ峠(中峠方面へ寄り道)
 09:45 ワサビ峠に戻る
 10:15 武奈ヶ岳山頂
 10:25    出発
 10:37 八雲分岐(1)
 10:41 八雲分岐(2)
 10:45 コヤマノ岳
 11:04 中峠
 11:16 シャクシのコバの頭
 11:45 P931
 12:14 大橋出合(昼食)
 13:00    出発
 13:57 牛コバ
 14:11 伊藤新道出合
 14:40 坊村へ下山

山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。 人気blogランキング


> > 追加の記事を読む



芦生/初冬の尾根歩き・落ち葉の布団でお昼寝したい!

歩いた山の紹介 ] 2008/12/13(土)

s_IMG_3562.jpg s_IMG_3566.jpg s_IMG_3591.jpg
黄葉の季節を過ぎると芦生まで足を延ばして森を歩く人はほとんどいなくなります。でもね、長い雪の季節に備えて落葉した原生林は、太陽の光と熱が地面に届き、暖かくて、とっても明るくて、見上げれば空が大きく、木々のかっこいい形を見ることができる、そんな素敵な季節なんです。

今日は快晴で12月中旬なのにとってもあたたか。のんびり尾根歩きと、落ち葉のお布団に寝っ転がって光合成、太陽と森のエネルギーを充電してきました。chicoさん、メグさん、イズさん、尚加さん、ひよこさんと僕の6人の元気でにぎやかでよく笑うメンバー構成でした。

【DATA】
標高:今回はピークなし
歩いた日:2008年12月13日
天候:晴れ
メンバー:mixiの山友6人
山中行動時間:07時間20分(休憩含む)

 08:45 須後駐車場出発
 09:15 灰野
 10:30 芦生古道への分岐
 10:50 大段山への分岐
 11:30 佐々里峠への分岐
 12:10 雷杉(昼食・昼寝)
 13:40    出発
 15:15 トロッコ道
 16:05 須後へ下山
  
山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

> > 追加の記事を読む



芦生でまた遭難騒ぎ

身の回の出来事 ] 2008/12/09(火)

いつも行く芦生の森で遭難騒ぎがありました。
すぐにヘリで無事見つかったそうです。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008120800077&genre=C1&area=K00

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2008120800196&genre=C1&area=K00

同じ左京区の方なので他人事とは思えずニュースを読みました。芦生では今年3回目の遭難で、前の2回は各1名、計2名が亡くなっています。昨年も2回か3回遭難がありました。

生杉から入って傘峠付近で見つかっていますので、歩かれたルートはわかりませんが、ブナノキ峠、傘峠、八宙山の尾根を歩くつもりだったのではないかと思います。迷いやすいポイントはあるものの登山道のあるルートです。地図さえ読めれば迷ってもすぐにリカバリーできるところです。

先日、テント泊でみなさんと歩いたルートですね。あの時も危なかしいおじさん2人が道が分からなくなって後からついて来られてました。女性ばかりのパーティーもルートからはずれて変なところを歩いていたので「こっちだよ」って教えてあげました。

いろんな本やブログに芦生の山行記が出てるので、「自分たちも行けるだろう」と突っ込んで来る道迷い予備軍の方が毎週たくさんおられるんだと思います。僕も単独の時は同じです。たまたま今回の方が運が悪かったというか帰れなくなっただけの気がします。

「あんな低い山でなんで・・・」「生杉から入ってなんで・・・」と思う方は、ぜひ一人で歩いてみてください。結構、簡単に迷ってしまいます。芦生研究林事務所は、先日から単独入山に対して強い警告を発していました。以前から単独禁止のアナウンスはありましたが、こう遭難が多いと仕方がありませんね。中のツボの滝(よくみなさんを案内した)も今は立ち入り禁止のロープが張られています。

ところで、今回のニュースで気になったのは、当日の夜に家族が救助要請されていることです。地元では大騒ぎになるし、翌朝早朝から捜索隊が出ているようです。

寒い時期ですが、山慣れた方なら一晩くらいは大ケガさえしてなければ大丈夫だと思うんです。捜索隊が出て、ヘリが出て、新聞やテレビで騒がれて・・・

命にかかわるかどうか、家族は知る由がないのですから、山に行く方は万一に備えて家族に「予定通り帰ってこなくても待ってくれ。○日経っても何の連絡もなかったら▲▲へ連絡して」としっかり伝えておくべきだと思います。

さて、この「○日」と「▲▲」です。日帰り登山の場合、みなさんどうされていますか?

僕の場合、「翌日の昼」「警察へ」になっているのですが、これで妥当なのかどうか迷うところです。実際、無傷で道迷いだけなら2日でも大丈夫な装備はもっています。転落など大ケガした場合は、どっちにしろ翌日捜索でも助かるか怪しいですね。

もし山岳会などに入っていれば、警察より前に相談に乗ってもらえます。本人の力量と山域を検討して「ご心配でしょうが、今回の場合、もう1日待ちましょう」なんて判断もしてくれると思います。

考えればキリがないのですが、単独で山を歩かれているみなさんは、実際、どのようにされているのでしょうか。「実は何も決めてない」「私はこうしている」なんて教えてください。どれが正解ということはないと思いますが、みなさん関心あるのではないでしょうか。


初冬の武奈ヶ岳

歩いた山の紹介 ] 2008/12/07(日)

s_IMG_3467.jpg

単独で武奈ヶ岳に登ってきました。
耐寒トレにもってこいの冷え込み。
6時半通過の大原でマイナス6度!それでも朝市は盛況。この時間、山頂にいたらマイナス10度より低いかも。

前々日くらいまでの天気予報では土日に雪が積もるのではと思ってたけど、日本海の雲は南に下りて来なかった様子。青空が広がりいい天気の予感。7時ジャストに登山開始。


【DATA】
標高:1214.4m 武奈ヶ岳
歩いた日:2008年12月07日
天候:晴れ
メンバー:単独
山中徘徊時間:4時間15分(昼食・休憩含む)

07:00 坊村駐車場出発
07:35 レスキュー第一ポイント
08:30 冬道との合流点
08:45 御殿山 1097m
08:52 ワサビ平
09:20 武奈ヶ岳山頂 1214.4m
09:40    出発
10:05 御殿山(昼食)
11:15 坊村へ下山
 
山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

> > 追加の記事を読む



カレンダー

11 | 2008/12 | 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。