ハイキングでダイエット

趣味の山登りで楽しく続けるダイエット。毎日運動する時間が取れなくても大丈夫。「平日は維持。減らすのは週末」の新しいダイエットスタイルの提案。

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


芦生櫃倉谷から上谷、下谷一週

歩いた山の紹介 ] 2006/07/11(火)

IMG_6615_top.jpg
▲緑がきれいな櫃倉谷

休日出勤の代休で火曜日の平日に芦生を歩いてきました。前回大雨のため、途中で帰ってきた櫃倉谷。今回は時々雨がぱらつく曇り空、このくらいの天気が芦生には似合います。みずみずしい緑色、水と樹木と苔の匂いがいつもより強い感じ。「ああ、芦生に来たなあ」って実感。

ちょっとくらいの雨はへっちゃら。もちろん、予定通り歩くことができました。沢靴で流れの中を歩くのが気持ちいい季節、今日もバシャバシャと歩いてきました。

櫃倉谷から上谷を歩き、下谷も。贅沢な芦生フルコースの1日。休日はガイドツアーで渋滞も出るのに、さすが平日のこの天気、誰にも会いませんでした。たった一人で原生林を徘徊しとってもリフレッシュできました。


【DATA】
標高:今回は山頂を踏まず
歩いた日:2006年7月11日
天候:曇り/雨
メンバー:単独
山中徘徊時間:7時間

05:40 自宅出発
07:00 須後駐車場着
07:25    出発
07:50 内杉林道と櫃倉谷林道の分岐
08:20 櫃倉谷林道の終点
08:50 中ノツボ
09:00 坂谷
09:30 権蔵坂の分れ
10:05 谷と分かれてすごい急登
10:20 林道に合流
10:40 杉尾峠(雨が強くなり雨具の上着だけ装着)
11:10 上谷の大トチの木で昼食(雨のため、おにぎりだけ)
11:20    出発
11:35 野田畑湿原
11:50 長治谷小屋(休憩、沢靴からトレッキングシューズに履き替え)
12:15    出発
12:05 けやき峠
14:05 内杉林道と櫃倉谷林道の分岐
14:25 須後駐車場着


山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング


> > 追加の記事を読む

スポンサーサイト


車で10分のリゾート地へ

アウトドア(おでかけ) ] 2006/07/10(月)

IMG_6571.jpg

4歳と小学6年の2人の子どもを連れて家から車で10分の八瀬の河原に遊びに行きました。下の子がまだ小さいのでアウトドアも制限されています。ここは、京都市内から交通の便もよく、きれいな川がながれており、河原ではバーベキューもでき、トイレは駅で借りられるという環境で、我が家のお気に入りです。今日も子どもは水着持参です。

IMG_6558.jpg

川には魚がいっぱい泳いでいます。上の子は慣れているので網と水中ガラスを使って上手に小魚を獲ります。今日も20匹くらい獲りました。

IMG_6559.jpg

結構深いところや流れの速いところもあり、大きな子どもでも歓声をあげて遊んでいます。背が立たないほどのところはありません。写真のところは立っているのが精一杯の早い流れのところ。獲った魚を運んでお姉ちゃんががんばって川を渡っています。

IMG_6566.jpg

妹は浅瀬で浮き輪付きで万全。これで十分泳いだのだそうです。

IMG_6578.jpg

前回はダッチオーブンまで持ち込んで昼ごはんをつくりましたが、今日は思いつきできたので、コンビニおにぎりが昼食。まわりはみんな炭火でバーベキュー。今度はうちもバーベキューにしようねと言いながらデザートのすいか。今年初。

駐車場へも電車の駅へも徒歩1分。帰りの撤収もあっという間でした。



ウォーキングで夏山まつりへ

ダイエット日記 ] 2006/07/08(土)

CA310002_1.jpg

金曜日に2時半まで会社の後輩と飲みに行っていたので、土曜日は朝起きられず、山に行けませんでした。用事をすまして午後から登山用品店で夏山まつりセールをやっていたのを思い出し、三条河原町まで片道1時間のウォーキングで往復してきました。いつもの鴨川の河原も草が伸びていろんな花が咲いています。梅雨空ですが雨は降りそうにありません。

CA310003_2.jpg

今、山関係で欲しいものは、沢登りしたあとの林道歩き用のアプローチシューズ(登山靴を背負っていくのはさすがに重い)、長袖の化繊のカッターシャツ、日帰り用の手軽なアタックザック。あと興味のある新製品いろいろ。

まず、河原町御池を上ったところに新しくできた「らくざん」改め「KANDAHAR」へ。クロックスのサンダルはよさげでした。サイズが大きいのと小さいのしかない。(^^;  アプローチシューズはファイブテンのアクアステルスラバーを採用したのがあり、思わず衝動買いしそうになりました。林道歩きではもったいないですよね。山シャツは陳列がよくわからず、ザックも「これだ」というのがなく、結局何も買わずに次へ。

CA310004_1.jpg

三条河原町、朝日会館地下の「好日山荘」へ。普段、ここは全然安くないので見るだけのお店。「おお山シャツ4800円安い」と購入決定。セールのローカットのアウトドアシューズ、ゴアテックスで5800円、25.5cmは1個だけ残っていましたので「買い」決定。ザックは安いのは欲しいのがないし、欲しいのは高いし、すぐに必要でもないのでパス。ぶらぶら見ていると山用のストレッチパンツが4800円、今1本しか持っていないのでサイズを合わせて「買い」決定。他にはEPIのガスボンベ、パワープラス(高いほう)の250g缶が250円(1人5個まで)。「これは安いし消耗品だし」と2個購入。

セールに行くとすぐに衝動買いで不要なものまで買ってしまうので、今日はよくセーブできました。よしよし。帰りも荷物を持って1時間かけて歩いて帰りました。


大芦生杉群落

歩いた山の紹介 ] 2006/07/02(日)

CA310045_top.jpg


旺文社の「山と高原地図」では京都北山の真ん中に「大芦生杉群落」と記された一帯があります。京都府が立ち入り禁止にしている自然保護地区の周囲に大芦生杉が群生しており、見学できるように歩道があるとずいぶん前に人から聞いていました。

今回、芦生櫃倉谷から大雨で途中撤退して帰宅する途中、天気が回復してきたので寄り道をして歩いてみることにしました。といっても歩道がどこについていて、どこから入れば良いのか「山と高原地図」ではわかりません。適当に推測して何本か走っている林道の1本を選んでどんどん山奥へ。大当たり、車を止めて10分ほど歩けば歩道の入り口がありました。

櫃倉谷で濡れた体を温めるため、河鹿荘でお風呂に入り、Gパンに着替えてしまったため、歩きにくかったです。クライミングパンツの優秀さが良くわかりました。デジカメも車の中に忘れてしまったため、写真はすべて携帯電話のカメラです。画質の悪さはご容赦ください。

それにしても、すごい芦生杉の巨樹ばかり、これでもかという勢いで次々と見ることができました。周回コースを歩いて車まで戻って1時間半、お手軽な散策コースです。屋久島の縄文杉もいいけれど、ここの芦生杉も見ておく価値ありますよー!


写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
ブログランキングやってます。ワンクリックお願いします。人気blogランキング

> > 追加の記事を読む



芦生櫃倉谷

歩いた山の紹介 ] 2006/07/02(日)

IMG_6531_top.jpg


「芦生で一番美しい谷は櫃倉谷」と何人かの方から聞いていたのでこの日を楽しみにしていました。梅雨の真ん中なので雨になることは覚悟していました。雨の山歩き、ぼくは嫌いではありません。みずみずしい緑色、いきいきと開いた葉っぱ、そんな森を歩くのは好きです。

今日もそんな小雨の中の谷歩きを期待していました。それに渓流シューズを買ったので、水の中をじゃぶじゃぶ歩くのも楽しみでした。須後から櫃倉谷を登って杉尾峠から上谷へ、その後、下谷を経て林道歩きで須後までという予定でした。

まさか、あんなに大雨になるなんて。撤退してから晴れるなんて!


標高:今回は山頂を踏まず
歩いた日:2006年7月2日
天候:雨
メンバー:単独
山中徘徊時間:2時間30分

05:45 自宅出発
07:15 須後駐車場出発
07:35    出発
08:00 櫃倉谷林道との分岐
     櫃倉谷で集中豪雨・待機・撤退
09:40 櫃倉林道との分岐に戻る
10:05 須後駐車場着


山行記録と写真は続きをご覧下さい
---------------------------------
「がんばって歩いたね」と思っていただけたらワンクリックお願いします。人気blogランキング

> > 追加の記事を読む



沢歩き用の靴

私の山歩き用品 ] 2006/07/01(土)

AQUA.jpg

長靴で沢を歩くのも楽しいけど、よく滑るし、完璧防水の長靴もうっかり深いところへ入ってしまうと、たちまち水槽化してしまう。林道の長い下りを歩くのもつま先が痛い・・・ということで、そろそろ本格的な渓流シューズが欲しくなりました。

いろいろ調べてみて買ったのは、キャラバン製の「奥利根AQUA」。一番の特徴はソール。この手のシューズのソールはフェルトが多く、確かに苔むした岩などでグリップはいいそうですが、林道を歩くとすぐにダメになる(フェルトですしね)、高巻きなどで土や泥になるとズルズルでグリップできない(フェルトですしね)。

この「奥利根AQUA」のソールは、最近流行の「ファイブテン・アクアステルスラバー」。ゴムの吸盤のようなソールです。渓流でのグリップ力も高く、林道でも大丈夫、張替えもOKという優れもの。

この靴で川の中をジャブジャブと歩くのが楽しみです。沢登りは、大人の水遊びって感じですね。(その程度のトコしか行けません)



カレンダー

06 | 2006/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

サイト内検索

自己紹介

profile_image

名前 : てくてく
京都市在住の46歳、二人の子持ち。残業の多い普通の会社員です。
 「残業で平日に時間が取れないなら休日にやればいい」とハイキングを週末に楽しみながらダイエットも成功させてみようという「週末ダイエット」を2005年8月から開始。
 歩いた山の日記もこのブログで。京都市内から日帰りで行ける「北山」「比良」などが中心。テント泊や沢歩きにも手を広げ、特に芦生原生林の魅力にはまっています。アルプスの岩山に登るため、体力アップと減量のトレーニングで、ゆっくりですが走ることも始めました。
 ダイエットをがんばっている方、山歩きが趣味の方との相互リンク歓迎です。

Twitter → @tekuteku_o フォローしてね☆
Facebook → http://www.facebook.com/tekutekuo
mixi → ハンドルネーム「てくてく」


RSSフィード : RSS

人気ブログランキング


ランキングを励みにしています

ランキングバナー

にほんブログ村 アウトドアブログへ

山行レポートの目次
京都北山、比良山系が中心


◆尾瀬/至仏山~燧ケ岳(テント泊) 13.05.03-05
◆芦生/外周尾根 13.04.27-28
◆比良/アルファルンゼ 13.01.20
◆大峰/厳冬期の釈迦ヶ岳 13.01.05
◆比良/正月恒例の武奈ヶ岳 13.01.02
◆比良/細川尾根~武奈ヶ岳 12.12.23
◆芦生/小野村割岳 12.12.09
◆芦生/ニホンジカ個体数調査 12.12.1-2
◆芦生/七瀬~岩谷(テント泊) 12.11.10-11
◆芦生/野田畑峠~シンコボ 12.11.04
◆北ア/島々~霞沢岳(クラシックルート) 12.10.06-07
◆六甲/最高峰から有馬 12.08.29
◆芦生/櫃倉谷~桝上谷 12.08.26
◆北ア/猫又山 12.08.18
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(後半) 12.08.01-04
◆北ア/北鎌尾根~西穂高(前半) 12.08.01-04
◆南ア/白峰三山 12.07.14-16
◆芦生/永谷~野田畑峠 12.06.30
◆芦生/テント泊で小野子西谷~ホウ谷 12.06.02-03
◆芦生/由良川一周2(植物) 12.05.12-13
◆芦生/由良川一周 12.05.12-13
◆北ア/白馬岳主稜 12.05.04-05
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 12.04.30-05.01
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.15
◆北山/金毘羅山(アイトレ) 12.04.08
◆東山/大文字親子トレラン 12.04.01
◆東山/大文字山 12.03.11
◆比良/堂満ルンゼ 12.03.04
◆大峰/大普賢岳 12.02.26
◆比良/蛇谷ヶ峰(雪洞泊) 12.02.18-19
◆芦生/スケン谷(雪洞泊) 12.02.11~12
◆大峰/稲村ヶ岳 12.02.
◆芦生/枕谷 12.01.
◆マキノ/赤坂山~寒風山 12.01.
◆比良/武奈ヶ岳 12.01.02
◆芦生/三国岳周辺(テント泊) 11.12.23-24
◆芦生/雷杉~大杉ルート 11.12.17
◆芦生/ニホンジカ頭数調査 11.12.04
◆芦生/カヅラ谷~天狗岳(テント泊) 11.11.12-13
◆芦生/紅葉の佐々里峠東尾根 11.11.05
◆北山/魚谷山~二ノ瀬ユリ 11.10.30
◆東山/伏見稲荷山 11.10.23
◆北ア/まったり涸沢・がっつり穂高 11.10.08-09
◆芦生/オクノタン 11.09.25
◆北ア/北鎌沢のコルで撤退 11.09.08-09
◆富士山/ふたたび親子で 11.08.12
◆南ア/甲斐駒ヶ岳~鋸岳 11.07.16-17
◆芦生/櫃倉谷~池ノ谷 11.06.26
◆北ア/鹿島槍ヶ岳 11.06.18-19
◆八ヶ岳/親子縦走 11.05.03-05
◆芦生/テント泊で5つの沢へ 11.04.29-30
◆八ヶ岳/しらびそ小屋 11.04.23
◆芦生/ナメ谷~中ノツボ谷源流 11.04.17
◆奥美嚢/土蔵岳・猫ヶ洞 11.03.06
◆芦生/小野村割岳 11.02.26
◆芦生/三国岳~経ヶ岳 11.02.19-20
◆芦生/三ボケ源流~三国岳 11.02.12
◆芦生/天狗岳~大谷源流 11.02.05-06
◆中ア/御嶽山雪洞泊 11.01.30
◆比良/蛇谷ヶ峰スノーシュー 11.01.10
◆芦生/アシウ杉群落尾根 10.12.12
◆芦生/シカ調査 10.12.04-05
◆芦生/読図山行2 10.11.28
◆芦生/黄葉と読図講習会 10.11.13
◆大峰/双門ルート 10.10.23-24
◆北ア/紅葉がピークの涸沢 10.10.09-11
◆北ア/北鎌尾根から南岳 10.09.18-20
◆北ア/ワンディ早月尾根 10.08.21
◆北ア/剱岳早月尾根(撤退)10.08.14-15
◆南ア/北岳~間ノ岳 10.07.24-25
◆南ア/悪沢岳~赤石岳 10.07.17-19
◆芦生/由良川一周 10.07.10-11
◆芦生/櫃倉谷 10.06.19
◆東山/大文字ビア 10.06.12
◆芦生/七瀬テント泊 10.05.30-31
◆芦生/櫃倉谷 10.05.16
◆比良/全山1day縦走 10.05.09
◆北ア/涸沢岳 10.05.01-03
◆芦生/テント泊 10.04.24-25
◆芦生/櫃倉谷~オクノタン 10.04.11
◆八ヶ岳/天狗岳 10.03.27-28
◆芦生/テント泊 10.02.20-21
◆台高/明神平 10.01.31
◆芦生/百里ヶ岳 10.01.24
◆比良/摺鉢山~烏谷山 10.01.17
◆マキノ/栗柄峠~寒風峠 10.01.10
◆比良/武奈ヶ岳 10.01.02
◆北ア/西穂高岳 09.12.26-27
◆八ヶ岳/硫黄岳・赤岳・阿弥陀岳 09.12.12-13
◆台高/明神平・曽爾高原 09.11.23
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.11.08
◆芦生/自然観察会 09.10.25
◆芦生/テント泊(天狗~傘峠) 09.10.11-12
◆芦生/赤崎谷対岸尾根から一周 09.10.04
◆北ア/北鎌尾根 09.09.19-21
◆北ア/ジャンダルム 09.09.05-06
◆芦生/小野子西谷 09.08.23
◆北ア/剱岳・立山 09.08.13-16
◆東山/比叡山縦走 09.08.02
◆紀泉/ダイヤモンドトレール 09.07.18
◆比良/八淵の滝 09.07.12
◆白山/避難小屋泊 09.06.27-28
◆大峰/双門ルート 09.06.21
◆東山/大文字ビア 09.05.30
◆比良/全山縦走 09.05.10
◆芦生/テント泊 09.05.02-03
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.18
◆芦生/岩谷・スケン谷 09.04.11
◆比良/武奈ヶ岳 09.04.05
◆芦生/岩谷源頭 09.03.20
◆鈴鹿/雨乞岳 09.03.15
◆奥美嚢/虎子山 09.02.22
◆芦生/八ヶ峰 09.02.11
◆北ア/西穂高独標 09.02.07-08
◆比良/北比良・釈迦岳 09.01.25
◆大峰/大普賢岳(撤退) 09.01.11-12
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 09.01.02
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.12.28
◆比良/武奈・コヤマノ岳 08.12.23
◆芦生/赤崎中尾根 08.12.13
◆比良/武奈ヶ岳 08.12.07
◆芦生/永谷より 08.11.09
◆芦生/テント泊 08.11.02-03
◆北山/鎌倉山 08.10.13
◆北山/桑谷山・大悲山へ 08.10.12
◆芦生/野田畑谷・上谷 08.10.04
◆芦生/ヨモギ谷中尾根 08.09.28
◆北山/愛宕山・地蔵山・竜ヶ岳 08.09.23
◆北ア/白出沢~奥穂高岳 08.08.13-14
◆東山/醍醐~大文字山 08.09.06
◆芦生/三国岳・経ヶ岳・イチゴ谷山 08.08.24
◆芦生/大ヨモギ谷 08.08.10
◆芦生/カヅラ谷・赤崎中尾根 08.08.02
◆芦生/小野小西谷 08.07.27
◆白山/白山禅定道 08.07.12-13
◆芦生/権蔵坂・櫃倉谷 08.07.07
◆比良/蛇谷ヶ峰 08.06.01
◆芦生/櫃倉谷 08.05.06
◆芦生/テント泊 08.0503-04
◆比良/八淵の滝から武奈ヶ岳 08.04.26
◆芦生/尾根ルート縦走 08.04.20
◆芦生/赤崎谷 08.03.18
◆芦生/八ヶ峰 08.03.09
◆マキノ/赤坂山~寒風峠縦走 08.01.06
◆比良/武奈ヶ岳(撤退) 08.01.02
◆北山/向山~芹生峠縦走 07.12.24
◆北山/大芦生杉群落 07.12.02
◆北山/桟敷ヶ岳 07.11.23
◆芦生/櫃倉谷 07.11.10
◆芦生/七瀬~シンコボ 07.11.03-04
◆芦生/天狗峠~大谷 07.10.21
◆北山/愛宕山 07.10.14
◆御嶽/御嶽山 0710.07
◆芦生/森案内 07.0924
◆南ア/北岳登山 07.08.24-25
◆富士山/親子登山 07.08.13
◆芦生/櫃倉谷~権蔵谷 07.08.04
◆東山/大文字山夜間ハイク 07.07.29
◆芦生/坂谷左俣~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.22
◆芦生/坂谷~権蔵坂~櫃倉谷 07.07.16
◆白山/前夜泊日帰り 07.07.01
◆芦生/櫃倉谷から上谷 07.06.16
◆芦生/櫃倉谷からシンコボ 07.06.02
◆東山/比叡山 07.05.13
◆芦生/由良川本流 07.04.30
◆芦生/中山谷山 07.04.28
◆芦生/テント泊 07.04.21-22
◆東山/醍醐山 07.03.21
◆マキノ/大谷山 07.02.25
◆芦生/百里ヶ岳 07.02.11
◆東山/伏見稲荷山 07.02.10
◆北山/祖父谷峠周辺 07.02.03
◆比良/武奈ヶ岳 07.01.20
◆比良/蛇谷ヶ峰 07.01.08
◆芦生/スノーハイク 07.01.02
◆伊吹/伊吹山 06.12.23
◆比良/権現山から蓬莱山 06.12.10
◆芦生/根来坂から三国峠 06.12.03
◆芦生/七瀬から上谷 06.11.05
◆鈴鹿/雨乞岳 06.10.22
◆北山/祖父谷峠~魚谷峠 06.09.30
◆東山/醍醐山~音羽山 06.09.09
◆芦生/百里ヶ岳 06.08.27
◆芦生/小野村割岳 06.08.17
◆白山/テント泊 06.08.14-15
◆白山/テント泊・お花編 06.08.14-15
◆芦生/小野村割岳の隣P951 06.08.02
◆芦生/櫃倉谷から上谷 06.07.11
◆北山/大芦生杉群落 06.07.02
◆芦生/櫃倉谷(大雨で撤退) 06.07.02
◆芦生/梅雨の原生林 06.06.25
◆芦生/由良川本流テント泊 06.06.03-04
◆芦生/テント泊(1) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(2) 06.05.03-05
◆芦生/テント泊(3) 06.05.03-05
◆東山/大文字山から醍醐山のロングハイク 06.04.16
◆比良/武奈ヶ岳 06.03.11
◆芦生/八ヶ峰 06.03.04
◆比良/南部縦走 06.02.12
◆比良/蛇谷ヶ峰(途中まで) 06.02.05
◆比良/蛇谷ヶ峰 06.01.29
◆北山/愛宕山 06.01.08
◆北山/滝谷山 06.01.03
◆東山/比叡山(途中まで) 05.12.23
◆北山/貴船山 05.12.17
◆芦生/三国岳 05.12.11
◆北山/魚谷山 05.11.19
◆芦生/野田畑周辺 05.11.10
◆芦生/シンコボ 05.10.30
◆東山/醍醐山 05.10.23
◆北山/廃村八丁 05.10.16
◆比良/全山縦走 05.10.09-10
◆東山/比叡山縦走 05.10.01
◆東山/大文字山 05.09.24
◆北山/皆子山 05.09.24
◆北山/峰床山 05.09.17
◆北山/愛宕山 05.09.11
◆北山/雲取山 05.09.03
◆北山/桟敷岳 05.08.28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。